バイブで果てたあと、駅弁スタイルで_(勃たなかったので〜彼女にバイブを その3) - 官能な体験談・短編、フェチ話


バイブで果てたあと、駅弁スタイルで_(勃たなかったので〜彼女にバイブを その3)


■目次
 1.記事・アクセスランキング
 2.カテゴリ一覧
 3.最新記事一覧
筆者より
①保険契約の見返りとしてギャル生保レディと会う事になった....過去長編をリメイク中です
『保険契約と引き換えのキス、枕の誘い_ギャルっぽい生保レディとお食事その1』はこちら
②女性用性感マッサージ師、今西に依頼してきたのは人気女優の宮野ひとみ。 過去長編をリメイク中です
『セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1』はこちら
③「Sex」させてくれない彼女と温泉旅行に行ったら... 過去長編をリメイクしました
『「結婚するまでSexしない」という彼女 』はこちら
④『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”最新話10話を公開しました。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら
⑤過去にご好評頂いた作品をリメイク。声掛けした超絶美女は....
『通りがかりの超絶美女をナンパしたらデリヘル嬢だった件』はこちら
⑥歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら


FC2ブログ

バイブで果てたあと、駅弁スタイルで_(勃たなかったので〜彼女にバイブを その3)

前回のお話、その2はこちら

最初から読む場合、その1お話はこちら

■虐める


強、のスイッチを入れたままでバイブを押し付けると、櫻子は余程その刺激が強かったのか、絶叫した後でぐったりしていた。



「ああ...」



「ああ...ぁぁぁっ..ああ..」




櫻子の小さな口元から喘ぎが漏れ続ける。


顔の方を見ると、口を少し開け、ふうふうっと息をしていた。




櫻子の足は左右に大きく開いていた。


普段はそんな格好は嫌がって、すぐに足を閉じようとするのに、この時はこれ以上開かないって程に大きく、左右に開いている。




上から見ると、細い太ももの内側はべっとりと愛液がついている。




そして薄目の陰毛もその液に濡れていた。




ヴィヴィ.........


ヴィヴィヴィヴィーーー




小さな割れ目には相変わらずバイブ突き刺さり、卑猥な音を発しながら左右に揺れている。





「ああああ...」


「いや...」



「ああっ...ああっ.....」




「あ...あ...あ...あああっ..」





「.あああ...」





と櫻子はいやらしい声を出している。




そして、膣の割れ目からぐしょぐしょと溢れる液。





(何て光景だ....)





まだ酔いが覚めず、ぼおっとする中で目の前の卑猥な光景に思わず生唾を飲み込んだ。




O原櫻子似の健康的な美少女。



明るく、可愛らしく、素直な彼女はきっと、学校でも異性に人気があるのだろう。





きっと彼らはこんな櫻子の様子を知らない。



大股を開いて、バイブを膣に咥える。


口元からは、いやらしい喘ぎをひぃひぃとあげる。



少女のような身体つきなのに、愛液にまみれ、小さな膣に目一杯バイブを受ける。



俺だけが知っている櫻子の姿。



普段はあんなにあどけなくって可愛らしい感じなのに、今はバイブにヨガらされて、イク寸前になっている。



(ぁぁ…)




そう思うと、俺の中のS部分に火がついた。



「櫻子....」




徐に呼びかけた。




「あ...あっな....なに...?」




喘ぎながら少しこちらを見る。


半目で、苦しそうだった。





「写真、撮って...いいかな?」




俺は冗談のつもりでそう言い、スマホを手にとって、櫻子に向けた。



「だ...ダメェ...やめてぇ...」




そういって、とっさに身体を起こそうとする。


思った以上の反応。



少し愉快だった。



すかさず、バイブの先を持ち、奥へぐりぐりと押しやった。




櫻子に上体が再びベッドに沈む。


「はぁぁ…」




「あっ!だ...めぇ...」



「だめ...あっ!ああああっ!」




股間に手をやりながら叫ぶ。



「ほら...こっちむいて。」




そう言って無理やり顔をむけさせる。





櫻子イヤイヤしていたが、やがて抵抗が止む。



「だめ...」




「ああっ..ダメ...撮らないで...」



「こんな…姿…ぁぁ」




そう懇願するも俺はシャッター音を出す。


あられもない姿が画面に写っていた。





パックリと大人のおもちゃを咥え込んで、足をM字に開いている櫻子。




「な...だめぇっ...」



「あくっ...だ...っめぇ...」




ブンブンと唸るバイブの動きに身体の自由がきかないようだ。




ただ、言葉とは裏腹に、結合部から溢れ出る液。




バイブの周囲にいやらしい液がはみ出していた。



「な…なぁ…」



「櫻子...感じてんだろっ」



「こんな姿を撮られてさ…いやらしい姿を撮られてさ…」




面白くなり、次々とシャッターを切る。




「そ...そんな...ああっ!」




「いやぁ...だめ....」




顔や乳房の入った写真、そして次に動画を撮った。


「ぁぁ…だめっ…」



「いやぁ…やめっ…て…」





櫻子はイヤイヤ言いながらも感じているのは確実だった。




「よし...」



「じゃあ、今からお前の友達に送ってやるからな」




そう言い、バイブを掴んで掻き回す。



ぐっちゅ…っぷ…


ちゅっ…ぷ…




櫻子の反応が強くなる。



液の溢れ方が半端なくなり、ひだひだの締め付けが強くなった。



「ああっーーーー。」




「だめぇっ....だめぇ...」




「やめて...あ..」



「あ..淳...お願...い..あーーー。」




「い.....い...」


「ぃく....」




「いく...いくいく...いくっー!」






「はぁぁっーー.....」




櫻子の小柄な身体がバウンドし、ガクガクとなった。





そして、果てた。




バイブは彼女の激しい動きで抜け、ういういんと、独り唸っている。





バイブが抜けた後の櫻子の膣を見ると、ぱっくりと開き、充血したピンクの内壁の奥が暗く見えた。



「も...もう...だ...め...」




櫻子は肩で息をしながらそう言った。


そして疲れた感じで目をつぶっていた。




■彼女が果てたあとで


カチッ…


唸るバイブのスイッチを切り、櫻子の横に寝転んだ。



そして、彼女を抱き寄せ、キスしてやった。



「ん…ぁ…」


「ぁぁ…」





櫻子は力なく舌先で応える。



「ん.....」



ちゅっ...

ちゅ...っ…



とゆっくり、ゆっくりと口付けされる。



櫻子の肌が触れ、乳房の柔らかさが感じられた。



「櫻子...お前、可愛いよな。」



「本当に…そう思うよ…」



ぼそっと呟くと、櫻子が身体をさらに寄せた。




「....なに言ってんの。」




そうは言うが嬉しそうだった。




櫻子は乳を俺の顔に押し当てた。


小さいが、きめ細やかな肌感のその乳房は俺のほっぺたをむにゅっと押した。



「ん……」




俺は唇で乳首を探す。



そして、見つけると唇で挟み、やがて口に含んで味わった。



「はぁ…ん…」





落ち着いた感じで櫻子が呻いた。




乳輪が小さい。

乳首と一緒に舌先で左右にねぶる。




やがてそれは固さを増し、つんつんと尖った。




「や....淳....だめ...」




「だめ…」





櫻子はそう言って身をよじる。


だが、それに構わず、彼女の身体を貪った。



ちゅうちゅうと、ワザと音を出して吸い、尖り切ったそれを口から出して、指先で摘んだ。





「ん...っく..」




櫻子の可愛らしい顔が歪む。



目の前の乳首と唇。





少し迷って、再び唇を合わせた。




「淳...さっき...」



「とってもすごかった...」




「初めてだった..あんなの。」




目をパチクリとさせて、顔を近づけてそう言う。




「やっぱり?」




そう聞くとコクンと頷いた。




「すごかったもん…櫻子…」



「……」





「クセになりそう?」




そう聞くと、またコクンと頷いた。





少しバイブに嫉妬した。



そこで聞いてみる。





我ながら意地悪な質問だと思ったが、嫉妬心に負けたんだ。




「櫻子ってさー。」



「俺の事好きなの?」





そう尋ねると、すぐに櫻子は心外だ、という顔をした。



そして、身体全身を使って反応する。



「ひどい。」




「ばかっ…」




「好きよ...好き。大好き。」






「っ…とっても…」




そう言うと、俺の唇から、首筋、胸元にキスをし、そのまま顔を下の方へ移動させていく。




かぷっ…




ペニスに噛み付いた。




「んっ…ぁぁ…」




「ぁぁぁ…」



呻く櫻子。



先ほどのバイブの責めの仕返しか、激しく、強く舐める。




じゅぷっ…



ちゅっ…っぷ…



櫻子は小柄で口も小さいため、口いっぱいに舐める。



唇の感触が亀頭に伝わった。



「ぁぁ…順…」



「っっぁぁ…淳…」




勃たない俺のペニスを一生懸命に愛撫してくれる。



櫻子は俺の上に乗っかった。



自然とシックスナインの姿勢になり、互いに責め合う、愛撫し合う格好になった。





目の前に櫻子の小さな尻とぐしょぐしょになった膣。



足を持ち、顔の前で左右に開かせる。



櫻子が照れた。




「やぁ....」





今、この状況でも、股をじっくりと見られるのが恥ずかしいのか、足を閉じようとする。




俺は足を押さえつけた。



櫻子の尻は小さいが、肉付きはいい。



太ももから腰にかけて、ぷっくりと盛り上がり、垂れてなどいない。



目の前の尻も丸く、綺麗な形を保っていた。



その尻をもみ、さすった。


そして、濡れた陰部に唇をつける。



っっぷ…ちゅ…




濡れた感じがした。




そして若い匂い。




櫻子が一瞬、腰を浮かせて反応、ペニスを口に含んだまま喘ぐ。



「ぁーーー…」




「んん…っ…」



ぺろぺろと舐めてやった。



「んん....」



「ん....んん...」



曇った喘ぎ。


そして俺の顔に体重を、自らの股間をくっつける。





ピンク色のひだはわずかに紫色を増した。


そして、膣の中に舌先を入れ、内側を突く。




ちゅっっ…


っぷ…ちゅる…




少し腰をあげさせ、クリを舐めやすくさせた。



最初はじっとりと、やがてベロベロと舐め、皮をむいて、丸ごと口に含んだ。




大量の唾液を送りこんでやり、あとはべしょべしょと舐める。




クリトリスが僅かに大きさを増した感じがした。


だが止まる事なく夢中で舐める。

舐める。

舐める。



夢中で舐めていた。

フェラされていることも忘れて、一心不乱に。




そして、クリトリスの大きさが確かに感じられるようになった頃、我に返った。



「………」



「やぁぁっ!…」


「はぁっぁぁ…!」




足元の櫻子はいつに間にか口からペニスを離し、狂ったように喘いでいた。




そしていつの間にか、俺のペニスもいきり立っている。



(ぁぁぁ…)



ホッとした。

そして同時に衝動が湧き起こった。




■駅弁スタイルで




「櫻子、おいで。」




喘いでいる櫻子を呼ぶ。


櫻子は素直にこちらに来た。




四つん這いの姿勢で、無防備に乳房を垂らしているのがとてもエロかった。



櫻子の乳房に手を伸ばし、しばらく揉みしだいた。



そして彼女の身体を抱き上げたんだ。



「んっ…」



ぐっにゅっ…


にゅっ…にゅ………



最初は櫻子を抱きしめた延長で、そのまま身体を合わせた。


対面座位の姿勢で挿入。




「あ...あ...ぁぁ…」



「淳…淳っ…淳....大好きよ...」




顔を擦り付け、唇を求める。




「ぁぁ…櫻子…」




「俺も…好きだよ…」




そう言うが、ワザと顔を逸らせて、顎を上に向けていると、櫻子は必死でそれを求めた。



「淳、淳...お願い...」



「キス...キスしたい..」



「しながら…キス…したいの…」





腰を動かしながら悶える櫻子。


股間が艶かしい快感に包まれた。



「ぁぁ…櫻子…」


「俺も、俺も、キスしたい…」



しばらく焦らして唇を寄せる。




櫻子は夢中でそれを求めた。



ちゅ…っ…




「ぁぁ…淳っ…」



「いい…いい…すごく…」




彼女の舌先が唇を舐め、口の中を探った。




腕が首と背中に周り、信じられない強さで抱きしめられる。




「櫻子...好きだよ。」




そう言ってやると、本当に嬉しそうな顔をした。



そして、首筋に腕を絡ませてきたんだ。



俺はその姿勢のままで突き動かした。




ぐっにゅ…ちゅっぷ…




ぐっ…ぐっ……




ちゅっ…にゅっ…




櫻子の足を持ち、大きく広がせて奥まで突く。



そして、足を抱えて櫻子を押し倒し、正常位のように上から押し付けた。




「ああ....ああっ...」



「す...すご...ああっ...ああ..」




櫻子の足首を掴み、さらに大きく開く。




ペニスがさらに奥まで挿入される。




奥の壁に亀頭の先がガツガツとあたるのを感じた。




「いやぁ...だめ....。あああああっ...」



「だめ...ああっ...」




「ひぃ....ひ..」



「ひ..あ...あっ..あ...あーっ」





櫻子の喘ぎが激しくなった。




「よっ…しょ…」




俺はそのまま、櫻子の身体を抱えた。


そして、持ち上げて、挿入したまま抱き上げる。



ペニスはずっぽりと、さらに奥へと差し込まれた。


俗に言う駅弁ファック。


互いの性器が、これ以上無いってくらいに絡み合った。



■2人、ラブホテルの廊下で



「んんっーーーー…!」



「んんっーーーー!」





櫻子の声は絶叫に近い。



そして、櫻子を抱えたままで身体を揺らしたんだ。




「だ....だめっっー!」



「ああっーんん.....」




「そ...そん...」



「あっ…あっあっ……あっあっあっ」



「だっだっだっだっ.....あっー!」




過呼吸のように喘ぐ。



「櫻子..またいきそう?」



ただならぬ櫻子の様子に一応聞いてみた。



「あ...う...うん...」



「そ..そろ..」



「そろ...い....また..ああっ!」



もう何だか訳が分からなくなっている様子。



(………)



少し考えた。



そして、俺はそのままドアに近づくと、少し開けて外を伺い、そのまま廊下に出たんだ。



ひんやり冷たい風を感じた。




「!!!!」



激しく喘いでいた櫻子の声が止まった。




「淳…?」



「ぃ...いや...だめ....ああ!!」




そう言うも、櫻子に身体の自由はない。



イヤイヤと顔を振り、恥ずかしさに顔を歪めるも、駅弁の姿勢で抱かれ、挿入されたまま。



幸い廊下には誰もいない。




だが、エレベーターの音は絶え間なく聞こえる。




「櫻子...」




「早くイカないと…」




「早くしないと誰かくるかもよ。」




「なぁ…っ…ぁぁ…」





「はぁぁぁ…」





突き上げの速度を速める。




「や....ああっ...」



「やあ...だめ...いや..いや..」




「だめ...あっ..」




「だめ..もど..って.....お願い..」





「んんんっ…」





声を抑えようとしているのはよく分かった。


ただ、その声もだんだん大きくなっていく。




そして、声の大きさとともに、膣の締めつけも強くなる。




ぎゅっ…っちゅ…



っぷ…ちゅ…




卑猥な音、そして激しい櫻子の呼吸。




(そろそろだな...)





彼女を絶頂させてやるべく、抱えたまま、向かいの壁におしつけ、さらに強く挿入した。



両手の自由を得て、乳房をまさぐり、乳首をひねる。



「んぐっ..」




「あああああっーー」





「いやっ!...あっあっあっあっあっー」





締めつけが強烈だった。




こちらも射精が近いのを自覚する。




ぱんっ…



ぱっ…ん…


ぱんっ…っ…ぱんっ…





打ち付ける音が響いた。




「ああっ..ああ...」



「あああああーーー。いいーーっ」




「ん....んっ..」




「んんっ……」





「んんっ……んっんんっ」




「い....い...っっ 」



「 イクっ!!!!」




背筋がぴーんと伸びた。



少し痙攣した感じ。



そして俺も限界を感じた。




「ぁぁ…俺もっ…ぁぁ…」




「い…いくっ…」





俺自身もペニスを抜いた。




櫻子を床に下ろして、そのまま彼女に目掛けて放出する。




びゅっっる…



びゅっ…っっる…っる…っる…





ドク....ドク....ドク....





後は精子が脈々と流れ出した。



「ぁぁ…」


「ぁぁぁ…」




櫻子は俺の精子を顔や肩に受けて、苦しそうに呻いていた。




「ぁぁ…淳…」





そして俺のペニスに手を差し伸べ、そのままフェラしてくれる。




「ぁぁ…櫻子…」





俺たちは汚れたままで、ラブホの廊下で裸のままでいたんだ。




近くの部屋からは、俺たちがしていたのと同じように、激しい女性の声が聞こえてきた。



櫻子の細い身体の、少し日焼けした健康的な肌は、快感と羞恥と興奮のせいか赤く火照っていた。


終わり

2015/10/15 新規掲載
2020/1/11 内容更新

twitterはこちら! 是非フォロー&「いいね」お願い....
(C)2020 体験談 :あたたら 無断転載禁止

<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント