壁に耳をつけたら喘ぎ声 - 官能な体験談・短編、フェチ話


壁に耳をつけたら喘ぎ声

オリジナル官能小説を無料で公開しています!

■目次
 1.記事・アクセスランキング
 2.カテゴリ一覧
 3.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円で販売させて頂いています。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ますので是非!ご覧ください


① 話題の女性専用風俗に〜シリーズ、更新(9/15にその12を追加)しました。マッサージの域を超えて絡み合う2人...
" 初めての女性向け性風俗サービス_その12 シャワーを浴びた彼』はこちら

②仕事に困り、美熟女への奉仕の道を選んだ彼は〜性感モノ長編を大幅リニューアルしました
『スケコマ師 太一 美熟女へのマッサージと奉仕編』はこちら

③女性向け、エステものをリニューアル中。川崎駅前で声を掛けられたOL悠美は…
『花よりだんごエステはいかがですか その1』はこちら

④女性用性感マッサージ師、今西に依頼してきたのは人気女優の宮野ひとみ。 過去長編をリメイク中です
" セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1はこちら">『セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1』はこちら

⑤『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”最新話10話を公開しました。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

⑥歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら



カラダにイイ男1 10/7まで期間限定無料

誘惑1 10/1まで期間限定無料

彼女のヒールを脱がせたら(フルカラー) 1巻 9/23まで期間限定無料
FC2ブログ

壁に耳をつけたら喘ぎ声

壁に耳をつけたら喘ぎ声


学生の時の話。短いです。

ちょっと脚色しているけれど、大体は実話だと思って聞いて欲しいです。



大学の裏にあるマンションは、築年数も新しく、住み心地は良かったが、唯一と言っていいほどのダメな点が1つ。


壁が薄いことだった。





普通に飯を食っていて、隣の部屋のテレビの音が聞こえてくるなんて当たり前。


ひどい時には屁の音ですら聞こえてくる有様だった。




そんな部屋にも、一つだけ取り柄があったんだ。



それは隣にすむ住民の夜の様子が聞こえてくる、ということ。


それはどう言うことかと言うと…




右隣が1つ上の女子学生の部屋だったが、その部屋に彼氏がよく泊まっていった。




壁を通して聞こえる話し声。


男女の楽しそうな会話が聞こえて来る。



(ああ、今日は来てるな)




と気づいたら、その日はオナニーを止めた。




何故なら、その日の夜に隣家の痴態が漏れ聞こえてくるからだ。


それからしばらくして、時間にして23‘30くらいだろうか。





どんっ...


どんっ.....どんっ...どん...



壁に手を突かせてバックでついてでもいるのだろうか、反復的な壁に伝わる音。


そしてそれに合わせるかのような喘ぎ声。



「んんっ....んんっ....」


「んっはぁ..」



とか、



「ぁぁぁ......」


「やっ…やっ…や…ぁぁ…」



とか聞こえてくる。


でも大体は


「あっ...」


「あっ...あっ...あっ.....」



と、活字で表すのは難しいが、まさしくこんな感じ。



喘いでいるというよりは悲鳴のような、少し機械的擦れる音のようなものだった。


それでも時々は、


「ぁーーーーーっ...」


「いい...っ...」


「そこ...」


とか



「いやっ.....いやっ.....」


「それ以上やだ、くりい、くりい…」




とか今責められて、いじられている部位が想像出来るような生々しい言ったものまで聞こえる。



大概最後には


「ああっ.....ああああ.....」


「くるみ...ぃ..」



とか言う、男の声。

女の方の名前はくるみ、そして男の状況を推し量る。


そして静かになる。


(ああ..イッたんだな...)と思う。


気持ちよかったんだろうか。


生でシテるんだろうか、コンドーム をきちんと着けて、避妊は心がけているんだろうか、なんて思ってしまう。




そんな時俺もイク。



隣の男女の営みを想像し、くるみさんのあられもない姿を想像して。



「ふぅ…」



一杯出た。

こちとらはくるんだティッシュの中に大量放出。


沢山昼寝したから、一杯出た。





「…………」



少しすると、ぼそぼそとした話し声が聞こえてくる。



多分、



「良かったよ..」


とか


「気持ち良かった」


「お前のおっぱい…最高」



とか話しているに違いないと思った。




そして、その後はトイレを流す音。


どちらかが用を足したか、ティッシュでも流しているのかもしれない。




2回戦に行くことはまずない。


しばらくして、物音が止むと耳を離す。



そんな思い出。


2015/10/15 新規掲載
2019/8/28 内容更新

twitterはこちら! 是非フォロー&「いいね」お願い....
(C)2020 体験談 :あたたら 無断転載禁止

<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント