恐怖!エセ宗教団体体験 - 官能な体験談・短編、フェチ話


恐怖!エセ宗教団体体験


本文は少し↓です
筆者より
①童貞男子が兄貴の部屋に居た女性を..
『僕はワンピの女性を撫で回した』はこちら
②歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。日々更新予定..
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
③アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
④『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

恐怖!エセ宗教団体体験

知人の男性に誘われて行った会合が、エロ宗教団体だった話。




去年の事の7月のこと。


某英会話学校(Gで始まる)に週2で通っていた私は、同じコースに通う男性と知り合った。




彼は私の2つ上の27歳。名前は石井。


大手町の会社に勤める金融マンだった。




ある時、その石井さんから『ある会合に行かないか』、と誘われた。



それは、生パスタ作りを体験するというもの。


LOHAS?的な生活を広めるための団体が主催しているとのことだった。




私は、その団体には興味はなかったが、パスタ作りには興味があった。



少し考えて2つ返事でOK、と回答した。



今にして思えば、丸の内金融マンの石井さんと繋がりになる...くらいの下心はあったのかもしれない。



――――――――――――


「ここだよ。」



金曜日の英会話コースが終わった後、彼が案内した。




場所は恵比寿。

山の手線で行く。




駅から5分程歩いたところにそのビルはあった。


小綺麗なエントランスを入り、エレベーターで上に行く。

何階だったかは、忘れた。





エレベーターを降りたところに受付があり、そこで簡単な記入をする。



「じゃ...僕は、後で」




私を残して彼は別の階へ行った。


受付が終わると、すぐに始まりの時間だった。




パスタ作り自体は、普通。


10人程の参加者とともに説明を受ける。




その内容自体は、面白く私を満足させるものだった。


今にして思えば、ここら辺は外部講師なんかを呼んできていたのかもしれない...




パスタ作り&食事後、場所を移動して皆でお茶を飲む事になった。


そこで私をここに誘った石井さんと再開する。




長方形に並んだソファ、テーブルに並ぶコーヒー、紅茶やシフォンケーキ。


皆、雑談をしながらそれをついばむ。



しばらくして、窓際のソファに座った中年の男性が話し始めた。




「皆さん。いいですか。」



雑談が一瞬静かになる。



「私は、今日のパスタ作り体験を主催させていただいたエルエイチという団体の代表、長野と申します。」


「せっかくこうしてお集まり頂いたので、私たち、エルエイチの理想とする社会のご案内をさせて頂きたいと思います。」




そうして、その長野とかいう男性の理想社会についての話が始まった。


時間にして10分。



なるほど、代表ともなれば話がうまい。


どこかで聞いた事があるような、新聞に載ってそうな話も交えて面白く、為になる話をする。





....が、途中から少しずつ話がおかしな方向になった。



長野は言った。


「....で、昨今の少子化、晩婚化の問題。これは由々しき事態です。」



「自然であるべき、男女の営みが危機に瀕しています。」



「人間として本来持っていた感覚、それが危ういんです。だから...」




「我々、エルエイチもこの問題に積極的に取り組んでいるのです。」



「では....」



男性の合図をきっかけに会場が暗くなった。




そして、プロジェクターから映像が映し出される。




(少子化についての、ドキュメント映画みたいなもんでも流すのかな....)




なんて思っていたら、なんと出演者は代表の長野。



そしてなぜか石井さんもいる。




「我々が目指すものは.....」



から始まった。


会議室での5人くらいのミーティング形式で男女の営みの大切さ、愛情の大切さを説く。



今にして思えば..(が、多いが)、完全な集団催眠だった。




同じような言葉、映像が繰り返し用いられ、私たちは彼らが説く少子化についての危機感、男女の営みのあるべきを刷り込まれていく。


もっと人間は性に対して敏感に、そしておおらかにあるべきだ、なんて事に共感した。




映像は徐々過激になっていった。


最初のうちは影絵で表現されていたSexの様子も、声が入り、状況の説明が入り、最後にはアダルトビデオの映像と変わらない内容。




人間というのは怖いもので、徐々に慣らされていくと、嫌悪感を感じないばかりか、「もっとおおらかであるべき」「自由にセックスをすべき」だ、


そんな気持ちになっていた。



私も、私の横にいた若い女性も食い入るように映像を眺めている。



(!)


ふと、向かいのソファを見ると違和感に気付いた。




同じくパスタ作りに参加していた若いカップル(美男美女)が、熱烈なキスをしている。


薄暗い中で、周りなど見えていない様子。



「んんっ.......ん......」



「ぁぁ............」



髪の長い女性がディープキスをして、必死に相手の舌を吸おうとしている。


男性も女性を抱きしめ、身体を弄る。



(やだっ....)



びっくりするが、目が離せない。


目の前でディープキスをされる、なんてなかなかに無い..


そして、そんな事をしても誰も止めなんてしない。




それどころか、映像を見るフリをして、皆でカップルの様子を観察する。



「んっ....んんんん....」


「はぁ............」




カップルの男性が興奮し、女性の上着を脱がした。



そして、荒々しくブラを取り去る。


Bカップくらいの可愛らしい胸が見えた。




女性の方はその事を恥ずかしがる様子も無い。



されるがままに裸を披露している。



やがて、その女性の横にいた男性が、女性の胸に手を伸ばした。



乳房を引っ張り、荒々しく揉んで、その乳首を求めて吸う。



(いや....)


まずい状況になった...と一瞬思った。



恋人同士のペッティングに、隣の男性が手を出したらさすがにまずいんじゃ.........なんて、思っていたら




ポンっ


と後ろから肩を叩かれた。




振り向くと石井さん。


「ねっ.....」



と声掛け。



そのまま、真面目な顔をして私の顔に唇を寄せ、キスをした。



「んんんっ.....」




唇をねぶられ、舌を吸われる。




(なんか....もう...いいや....)





皆が見ているであろう事も気にならず、石井さんにされるがままにしておく。



何故か、物凄く興奮し、感じた。


石井さんがキスが上手いのか、コーヒーや紅茶に催淫剤でも入っていたのかは、分からない。




頭がぼおっとして、とにかく気持ちいい。



「ん.....んん...」


「はぁっ.....................」



石井さんはキスをしたまま、胸元から手を入れた。



「や...んっ........」




荒々しく乳房がまさぐられ、乳首がつままれると、ビクッと反応し、喘ぎ声が漏れる。




続いて、彼は私の上着を脱がそうとする。



(やだ....それは....)




一瞬冷静になるが、周りを見渡してみるともう、どうでもよくなった。



隣の美女はいつの間にか、複数の男性たかられていた。


キスをされ、肌を吸われている。


特に抵抗するわけでもなく、されるがまま。




ただ、


「いやっ....いやっ.....いやだ....」



形ばかりの呻きを出している。


そして、彼女は着ていたもの全てを脱がされて、何人かの男に手を掴まれ、足を握られて全てをさらけ出した。




「いやぁ.....やぁ....」




「そんなっ.........そんなんじゃ.........」




と叫んでいたが、やがていつの間にか裸になっていた代表の長野が彼女の口元に股間を近づけると、それを口に頬張って、声は止んだ。



後は彼女にたかった男性たちのやりたい放題。



アソコを舐め、いじり、乳房を弄ぶ。





普段だったら、美貌の彼女に話しかけることすら無いであろうレベルの男性達が彼女をいいように扱っている。



美貌の彼女は、口いっぱいペニスを頬張って、必死で長野を愛撫し、自分自身も感じているようだった。






一方...私も、いつの間にか着ていたものを全て脱がされていた。



恥ずかしさはもう無かった。

石井が私の胸を吸いながら、あそこをぐしぐしと愛撫する。


周囲の男性が、それをじいっと眺めて、自らのペニスをしごいていた。



「やっ...............ぁ.........」


「ぁぁぁ...............」



何もかのが初めてだった。

人前で肌を見せるのも、している人をみるのも。


そして、男性がオナニーする様子もそうだった。







前を見ると、さっきキスを始めたカップルはバックの姿勢で始めている。


若い娘が声を抑える事も無く、喘いでいた。


「やぁ.........」



それをじっと見ていると石井さんが後ろから声をかけた。


「いれるよ」




言葉の意味は分かる。

そして、身体も準備が整ってた。


周囲の男女は皆挿入しているか、性器をしごいている人だけだったらか、それは何だか自然なことのように思えた。


「うん....」



私は言われるがままに、ソファの上で仰向けになって彼を迎え入れよう足を開いた。



「綺麗だ....」




彼はそう呟くと、私のあそこをじっと見た。


そして、大きくいきり立ったペニスをぐにゅぐにゅと押し付ける。



ぐっ....ぐぐっぐっ....


にゅっ......



もちろん生。

周りの様子に興奮して相当濡れていたと思うが、それでも彼の大きなモノを受け入れるには、少しの抵抗があった。



にゅっ.........ぐっ......ちゅ......


ちゅ......っ......



少しの痛みとその後に来る快感...



「やぁっ.....んんん.......」



「あっ...あっ...ああーっっ....」




私も声を隠す事無く、出した。




(ああ...なんか普通より、気持ちいい..)




石井さんは上手かった。



優しく、ゆっくりと私の好きなポイントを突いてくれる。



「どう...?」と何度も聞き、反応を確かめた。




「いやぁ....ああっっっ....あああ...」




声が出る。



もう、抑えようなんて考えすら無かった。


おっぱいを揉まれ、乳首をつねられ、クリをいじられる。


そして。ガンガンに腰を打ち付けられ、私は朦朧としていた。



目の前の美貌の女性にたかっていた内の何人かが、私の喘ぎ声に惹かれてこっちに来る。



(やだ...やだ....やだ....)




そう思ったが、為すすべも無い。




口元に迫り来るペニス。


無理やり突っ込まれ、それに抗えず、舐めた。




顔を手で押さえられ、挿入するかのよう腰を振られる。


視界は効かず、おっぱいも何人かに弄られているようだった。



「んんっ...!....んんん.....」





私はペニスを頬張ったまま、感じに感じて呻いた。




何が何だか分から無い分、気持ち良さは半端なものでは無かった。



腰の力が抜け、ただ気持ち良さはだけがあった。



そして、左右の指先には硬いモノ..



おそらく誰かペニスだと思われる形態を触っている。



「あー....」


「祥子ちゃん...いいよ............」


「ぁぁっ..............イク...」



いつの間にか、石井さんは射精していた。



どくっ...


どくっ....どくっ....どくっ...




腰を押さえつけられ、彼の精子を中で受け止めた。



彼氏にですら中で出す事を許した事のない私にとって、初めての経験だった。



「んっ....んん....いやぁ.....」


「ぁぁぁぁ...............」



ただ、何故かそれは不思議と心地良かった。



(温かい.....)



そう感じて、彼の顔を見た。



石井さんは、キスをしてくれる。



(ああ....)


彼と舌を交し合いながら感じていると、2人目の男性。



さっき、向かいのソファでカップルの若い娘の胸を揉んでいた男性が身体を寄せた。




にゅっ....


ぐにゅにゅにゅっ...




「いやぁっ....」



「あああっ....ああああっ...」


今度は抵抗なく、にゅるりっと入った。


そして、ヌルヌルの中を小刻みに刺激する。




「いやっ...」


「あああっ....ああああ....」


それはさっきまでとは違った気持ち良さだった。



それに、彼は私のクリトリスを親指で押し、揉んだ。



「やっ....!....ああああ。いやっ...!!」


「だめっ.........ぁぁ.........だめだめ......」




急激に高まる快感。



ぐーーーーっと来るモノがあった。



「やぁぁぁ......」



じわーっとくる快感に喘いでいると、腰を打ち付けるスピードが速くなった。



ずにゅっ...


ずにゅっ....ずにゅ....ずにゅっ...





「いやっ...いやぁ....ぁぁ。んんっ.....」




「もう...ダメ...イきそ.....」



「ああっ!....ああっ!!...」




「んん....」




誰かが乳首を摘んだ。


ぎゅうっとした刺激。



それがきっかけとなった。




「んんんっっ...!!」




自らのアソコがぎゅうっと縮こまっているのが分かった。



物凄い快感が全身を包む。



「やっ......ぁぁっ.......」



喘いでいると、目の前の男性も呻きを発した。




「んんっ...キツイよ...もう、だめだ....」



「んんっ....」





石井さんと同じように腰を深く入れて、私の中の射精した。


どっくん...


どっくん....どっく.....どっく...


私の快感とともに、それは反復的に続いた。



(ああああ.....)



ちらっと時計を見た。



まだ、時間は21:00を過ぎたところだった。


2016/8/23 新規掲載
2019/10/6 内容更新
なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント