AVでよくやっている、挿入を中断しての潮吹かせに挑戦 - 官能な体験談・短編、フェチ話


AVでよくやっている、挿入を中断しての潮吹かせに挑戦


本文は少し↓です
筆者より
①過去にご好評頂いた作品をリメイク。声掛けした超絶美女は....
『通りがかりの超絶美女をナンパしたらデリヘル嬢だった件』はこちら
②舐め犬(クンニ犬)なるモノを余儀無くされて...
『罰ゲームでなめ犬になった俺』はこちら
③歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
⑤『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

AVでよくやっている、挿入を中断しての潮吹かせに挑戦

AVでよく目にする、挿入を途中で中断して、潮を吹かせるってやつ、それに挑戦してみた。

短いがその時の事を話したい。



まず、試したのは付き合って2年になるセフレの裕子。



華奢な身体だが、胸はCカップ。


特別な美人、というわけではないが、愛嬌はある。



互いに付き合うわけでもなく、離れるでもなく、寂しくなったら電話する。



そして会えばセックスをする、と言うよりもセックスしないなら会わない。



俺たちはそんな関係だった。



そんな裕子と久しぶりに連絡をとり、ホテルへ向かった。



裕子は今、付き合って2か月になる彼氏がいる、それでも彼女は2つ返事でOKした。



まず一緒にシャワーを浴びる。



なんと、その時驚いたのが、裕子は今やパイパン。



前にあったときは比較的濃いめの陰毛があったように記憶しているが、きれいさっぱりなくなっていた。




「どうしたの?」




と聞くと、彼氏が外人で剃るのが好きなんだと言う。



「外人...」


外国人は陰毛を剃るのが普通、って聞いては居たが身近にいるんだと改めて関心した。




そして互いに洗いっこする。



途中で裕子が浴槽のヘリに座り、クンニしてくれと言ったのでしてやる。



いつもの通りいい感じになるまで舐めて愛撫してやる。そして軽く指マン。




その後、半分濡れたままでベッドへ。
まずはビールを1缶開けて乾杯する。





少したってから互いに触りあいっこ開始。




俺がクンニ、裕子がフェラをし、おっぱいに俺のあそこを擦り付ける。




「いれて」




あとはねだられて挿入。



もちろん、生。



裕子は生理が正確なので、これで今までに外したことがない。その日は安全日の中日だと言っていた。



彼氏が外人なんで、ちょっと気が引けたのは確かだったがーー



まずはバックで突き崩す。



「ぁぁっ...」


「はぁぁぁぁぁ、はああぁぁぁぁ」




と可愛く鳴いていた。



5分ほどして、裕子のあそこが泡立つ。




陰毛の無い、パイパンは妙になまめかしくて、いつもよりギンギンだった。



「よし」



と竿を抜いて、指マンをする。



挿入の代わりに、指を2本入れる。




仰向けに寝かせて、2本の指で中の上の方を丁寧にこする。



クリトリスの刺激も忘れない。


状況はこんな感じだった。




「あっ....っぁ...ぁぁ..」




「いいいいいっ.....ううううう」




「あっ、ぁっ..」



「なんか、なんか、あああぁぁぁっぁぁぁぁl」


しばらくして、裕子の腰が浮いた。




指マンがしやすくなったのを覚えている。




その勢いで、がしゅがしゅと、こする。




「はぁぁっ...ん.」





「あああああぁ」




と一際高い声で鳴いたかと思うと、


ぴゅーーーっと



潮を吹いた。




裕子はひたすら短くうめいていた。



その後、生挿入を再開。


ぐしょぐしょになったところに挿入すると、裕子は狂ったように喘いだ。


「ああ....もう......」



「だめ。。。。。死ぬっ...」




と言うと、ぎゅううううっとあそこが締まった。





俺はたまらず、中へ放出すると、そのまま身体を合わせて裕子の身体を抱き寄せた。



こんな感じだった。




意外といける。


いかがだろうか。

終わり

2016/4/26 新規掲載
2019/7/15 更新
なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント