女性向け・体験談等、様々な短編・長編のオリジナル官能小説・ポルノ小説を無料公開しています。 twitterはこちら! セックスレス夫婦 妻が風呂場に - ~に関してのお話(体験記・官能小説)

■目次
 1.トップページ
 2.記事・アクセスランキング
 3.カテゴリ一覧
 4.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円~で販売。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ます!

①【更新】話題の女性専用風俗に〜シリーズ最終話、2/6に更新しました。
 初めての女性向け性風俗サービス_その16』はこちら
②スワッピング=夫婦交換を題材にした新作です
 『スワッピングしま専科 その1』はこちら
③歴代No.1アクセス数作品、最新話5話を追加しました!
 『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④女性用性感マッサージ師、今西と女優の宮野ひとみ。
 セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感>
★ブログランキングで上位目指して頑張り始めました。 以下のバナーを1クリックお願いします!
小説(官能小説)ランキング
FC2ブログ

セックスレス夫婦 妻が風呂場に

昨日の話。



長い事夫婦生活をいたしていない、つまりSexレスの奥さん(32歳 子あり 2歳)が、俺が風呂に入っている時に突然「一緒に」と入ってきたんだ。




経緯はこうだ。




会社から帰ってきて、飯を食った後で風呂に入った。




いつものように、手早く頭を洗い、身体を気持ち程度に洗っていた時、背後に気配を感じた。




(歯でも磨くのかな)




と振り返り、奥さんの姿の影を見てそう思っていた。


俺はシャワーの向こうに映る影を見ながら、流し残した泡が無いかを確認していたのが…




ガラッ



浴室の引き戸が開く音。



そして突然「いい?」と言って浴室の扉が開く。



そこにはマッパの奥さんがいた。




髪の毛をアップにして、乳房とアソコを全開にして、恥ずかしげも無く俺の前に現れる。




「おい...」

「………」





あっけにとられてその姿をぼおっと眺めていた。





肉付きの良い腰周りとはち切れんばかりの乳が見えた。



「なに?」




「いいでしょ。たまには」



何でも無い風な感じでそう返して、奥さんが横に立った。






そして俺からシャワーヘッドを受け取ると、そのまま全身にシャワーをかけ始めた。




「.…………」




思い返せば3年近くいたしていない。




久しぶりに見た奥さんの身体は、セックスレスになる前のことなどとうに忘れて、逆に新鮮な感じで俺の欲情を想起させた。




身体は正直に反応した。


まるで、ネット上でドストライクな容姿のエロ動画を発見したのと同じように、気持ちがはやり、そして身体が反応する。



大興奮し、息子はすぐにフル勃起状態になった。




「ぁぁぁ…」




3年も身体を合わせていない夫婦関係。



今更、勃起しているのを見られるのが恥ずかしかった。



「なんか....」




どうにもならない想いを言いかけてやめる。



そして、本能丸出しの勃起状態を隠すために背中を向けた。




すると…



「ねえ........」



奥さんが俺の背中越しに声をかけた。



「恥ずかしいの?」



「ねえ?」




俺の勃起した息子の事を知ってか知らずか、身体を近づける。



「興奮…してる?」



「へぇ…するんだ....」




「興奮...」




奥さんは笑いながら俺の前の部分を覗き込んだ。



「いやぁね…」



「ふふふ…」




俺は奥さんの笑い声を聞きながら、正直どうして良いかわからなかった。



セックスレスの夫婦関係、長い年月は俺と奥さんの関係を少し複雑なものにしていた。




だが……



俺たちの場合は、奥さんの方が一枚上手だった。



急な展開にどうしてよいか分からず、戸惑うばかりの俺をよそに、彼女は前に進む。




「ねぇ…」




俺の背中に身体を寄せ、乳房をくっつける。



「なんか……興奮するね。」


「私も....」




そう、俺の耳元で囁いた。




「…!」




そこに至って、恥ずかしさが飛んで行った。




俺は後ろを向き、奥さんを抱きしめると、そのまま乳に顔をうずめ、乳首を吸う。




「やだ.....そんなんじゃ.......」


と奥さんは言ったが、実際にきっかけを作ったのは彼女。




拒否はしない。




(いける.....)



そう思った俺は、奥さんの股間をまさぐる。



「や....」



「やぁ.......だっ......ぁぁぁぁ...」




浴室の中に、奥さんの普段聞いた事がないような声が響いた。




「聞こえるよ...」


というと、



「だって...」


と口に手をやって抑えたが、完全には抑えられない。




クリトリスを縦に擦り、グジュグジュといじると、ものの数分で


「い....いく.....ぅぅ.....」



と果てた。



ぐったりと、艶かしくなった奥さんに浴槽のヘリに手をつかせる。



「入れるよ...」


と挿入。



3年振りの挿入はぎこちなく、奥さんも痛がった。



それは(ああ...浮気してなかったんだ...)と妙な安心感を与えさせ、快感につながる。





結局、その日は風呂で1回、寝る前に1回した。




何故、奥さんが急にヤル気になったのかは不明だが、夫婦関係は改善したように思う。




親ホルモンでも分泌されたかな....


2015/11/15 新規掲載
2019/8/21 内容更新

アマゾン/KINDLEで新作公開しています!
俺は某大手百貨店の外商なんだが、顧客の人妻に電マを持っていったところ (あたたら文庫)

(C)2021 体験談 :あたたら 無断転載禁止


<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント