女性向け・体験談等、様々な短編・長編のオリジナル官能小説・ポルノ小説を無料公開しています。 花火大会、浴衣の背中に虫が入り... - 官能な体験談・短編、フェチ話

FC2ブログ

花火大会、浴衣の背中に虫が入り...

少しエッチな内容です。



昨日、花火大会があり、お祭りに行ってきた時の話です。




私=普通のOL、25歳、の職場で仲の良い人達と花火を見に行こう、という話に。



皆で示し合わせて浴衣を着用。




私達、女性グループは食べ物、飲み物を用意し、男性達は場所を確保しました。




花火が始まる前からアウトドアでのバーベキューのような感じ。



お酒も入り、みんな超ハイテンションで、大いに盛り上がっていました。




やがて花火の時間になります。


飲んだり、食べたりしたものの、片付けをしてよく見える場所に行こう、となり、固まって移動。



けれども凄い人混みで、私は皆からはぐれ、1人で探し歩いていました。



「ああー…」



付いていない事に、皆、貴重品は車にまとめて保管。



花火だけを眺める予定だったので、携帯電話も持ち合わせていません。




(どうしよう...)



人混みも凄いし、誰だか分からないしで、諦めて車のところに戻ろうとした時の事です。


(戻ろう…)




そう思っていたら、知った顔が前に。





同じようにはぐれて探し歩いていたAさんでした。




ほっと、はしましたが、皆と会うまでは安心できません。



2人で探しますが結局、見つからず。



「いないねぇ…」



Aさんは必死で探していましたが、やがて諦めて戻ってきました。


そのうち、打ち上げの時間になります。


花火の音と光に合わせて、周りが足を止めた事で、探し回るのはさらに困難に。

「もう…いいか…」




結局、2人で花火を見る事にしました。





しばらく黙って空を見上げていました。


でもーー

独身の男女が一虬にいると、不思議な空気になるもの。



そんな感じじゃなかったのに、手を繋ぐ事になります。



まあ雰囲気に流されただけ....



それだけで終わるハズ...でした。







ところが、1回目の仕掛けが終わった時、




突然、首筋に異物がします。



(落ち葉?)



と思ってたら、ガサゴソと動いていて、とっさに声が



「きゃーーーーっつ」



思わず凄い声が出て、隣のAさんも、周りも皆振り向く大きさでした。


「ああっ…なんか…」


「なんか…いるっ」



得体の知れない虫みたいなのが首筋にいて、あろう事にそのまま浴衣の中に。




背中の方でガサゴソと動くソレに、もう卒倒しそうでした。




まだソレが何かすらも分からない状態。



悲惨なコトに、人混み身動き難しい中です、



浴衣の帯を解かないと取り出せない状況でした。



「やあっっ…」


「いやぁぁ…」



怯え、混乱する私にAさんから提案。



「取ろうか?」



「背中からでよければ。」




少し恐縮した様子で、心配そうな顔をしていました。



少し考えます。



(中にシャツ着てくれば...)



だが、その時の私に選択肢は無く、お願いする事に。


(まあ…いいか…)



彼と事前に手を繋いでいたことが、大きな後押しになったのは事実でした。



私は彼に浴衣の中に手を入れることを許し、背を向けます。



「じゃあ…ね…?」


Aさんおずおずと浴衣の首筋から手を入れます。




そして、背中に掴まっている?虫を掴もうとしました。




でも、モノが見えず、首筋は狭く、さらに私に遠慮して恐る恐るの動き。



しばらく時間がかかったものの、最後には無事虫を外に。


正体はかなぶんでした。




ただ、続きがあります..



Aさんが虫を掴み、外に出したとき、なんと弾みでブラのホックが外れる事に。



Aさんもそれに気づき、


「ご..ごめん」



と言うも、人混みの中、直す事もデキズ...




胸元がゆるゆるのままで花火鑑賞。



そして終わったらAさんと帰ります。



帰り凄い人混み。


Aさんは私を支えて、かばってくれましたが、それでも2人、密着する事に。



ブラが外れた状態で密着....


私はAさん体を預け、互い抱き合うように。




すると、Aさんがするする...と、.浴衣の中手を差し入れます。



ホックが外れて浮いた状態のブラは、容易に突破され、


おっぱいを揉まれ、乳首をまさぐられます。



私は必死で声が出ないようにしますが、Aさんのイタズラはとまりません。



そのうち、私の後ろに回り抱きすくめて一虬に歩くふりをして、おっぱいを触り放題。



胸だけでなく、お尻も辺り構わず触られました。




少し歩いて、元の場所に到着。


仲間は既に帰って来ていて、2人いる事を冷やかされました。




皆と別れた後は...ご想像の通りです。


ブラのホックが外れたまま、ホテル直行でした。

2015/10/1 新規掲載
2020/1/20 内容更新

twitterはこちら!
(C)2020 体験談 :あたたら 無断転載禁止
<関連記事>


筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円で販売させて頂いています。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ますので是非!ご覧ください


★歴代No.1アクセス数頂いている作品、最新話5話を追加しました!
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら

① 話題の女性専用風俗に〜シリーズ、更新(10/1にその13を追加)しました。マッサージの域を超えて絡み合う2人...
" 初めての女性向け性風俗サービス_その13』はこちら

②仕事に困り、美熟女への奉仕の道を選んだ彼は〜性感モノ長編を大幅リニューアルしました
『スケコマ師 太一 美熟女へのマッサージと奉仕編』はこちら

③女性向け、エステものをリニューアル中。川崎駅前で声を掛けられたOL悠美は…
『花よりだんごエステはいかがですか その1』はこちら

④女性用性感マッサージ師、今西に依頼してきたのは人気女優の宮野ひとみ。 過去長編をリメイク中です
" セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1はこちら">『セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1』はこちら

⑤『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”最新話10話を公開しました。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント