キスリフレ、という風俗 - 官能な体験談・短編、フェチ話


キスリフレ、という風俗


本文は少し↓です
筆者より
①童貞男子が兄貴の部屋に居た女性を..
『僕はワンピの女性を撫で回した』はこちら
②歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。日々更新予定..
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
③アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
④『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

キスリフレ、という風俗

キスをすると何故だか興奮して勃起する。



そして、できればそのまま手コキかなんかで抜きたい。


そんな俺の要望に応える店を見つけたんだ。




先週、早速予約して行ってきた。


その時の話。




ーーーーーーーーー



コンコン....



1人、チェックインしたラブホでシャワーを浴び、TVを見てたらドアがノックされた。




ワクワクしながらドアを開ける。


「こんにちは.....」



小さめの女の子が居て、ペコっと頭を下げた。




「あっ.....! 」


まさにどストライク。


色白華奢、を絵に描いたような美少女。


名前はリホちゃん。





「さあさ、どうぞどうぞ。」




心の中でガッツポーズ。




こんな可愛い娘とキス....




そう考えるだけで胸が高まった。



「今日はちょっと涼しいね。」



なんて世間話から始める。



そしてサービスの話。


簡単に説明を聞いた。




彼女は俺に歯ブラシを渡した。



俺は歯ブラシで丹念に歯を磨き、これまた手渡された緑色の液体(多分リステリン)で口をゆすいだ。



がーーっぺ…



「よし…」




さあ、ここからがお楽しみ。



ベッドで横に座り、彼女に身体を寄せる。




ちなみに、この店はキスはOK。女の子を触るのは服の上からだけ。



後は手コキサービス。




「キス....いいかな」




キスがウリの店で断られる事はないと思ったが、一応聞いてみる。



すると、




「んっ......」




リホが顎を突き出した。




(かわいいーー)




感動して早速そのピンク色の唇に吸い付く。



甘い、若々しい娘の匂いがする。




(ああ....最高.......)



唇を合わせて密着させた。



に……にっ…


ちゅ…



彼女の口が僅かに開いたのを逃さず、舌をねじ込んだ。




「んんっ.......んん..............」




リホが口の中をで喘いだ。




じゅるじゅると口の中を探り、唾液を吸い取る。



ここからは俺のモード。



美少女の唾液だったら、幾ら吸っても飽き足りない。




「ん..............んん!」






苦しそうに顔を歪めた。




そんな様子にたまらず、胸元に手を伸ばし、強引に揉む。



ぶにゅっとした、大きくない柔らかみ感じた。




「ぷ....は......」



「は....はぁ......はぁ........」




唇を離すと、彼女が苦しそうに喘いだ。





「ちょ....ちょっと...休憩。」





息を弾ませて少し離れる。



カバンの中から茶を取り出して飲んだ。





「はい。休憩終わり。」



そう言うと、俺にズボンを脱ぐように言った。




言われるがままに脱ぐと、ローションを手にとってねばねばと練る。





「ちょっと....冷たいかも」




一瞬、ひやっとしたが、すぐにぬるぬるとした快感に変わる。





「ああっ..........」





腰が引け、快感にすくむ。





「ん......」




彼女が再び顎を突き出した。


目をつぶってこちらを誘う。




キスをしろという事だと理解し、遠慮なく頂く。




ちゅ......ちゅ..............





再び合わせあう唇。



今度は向こうから舌を絡めてきた。




「ぁぁ…」


「はぁっ…」




舌が吸い込まれる。




(あああ.....何も考えられない......)




頭が真っ白になったころ、急速に射精感が高まる。




(ああっっ......いきそう)




口には出さなかったが、彼女は前触れを察知して俺をベッドに倒した。



彼女も同じように倒れこむ。




キスしたままで、頭がベッドに押さえつけされた。




そして高速手コキ。


くっちゅ…ちゅ…


ちゅ…



しゅっ…っる…





(ああ.....いく.......)




舌を絡みとられたまま、身体が反応する。




そして萌出。




びゅっ......っる…


びゅ....びゅっ.....びゅっ....





俺の腹に温かい感じ。



大量の精子が飛び、垂れた。



リホはそれをちらっと見ると、ゆっくりと手コキしたまま、舌先をちろちろと舐めた。




その後、キスしたまま、ちんこが萎むまで手コキ。


シャワー浴びて帰る時もキス。


いい店だった。


2016/4/6 新規掲載
2019/10/31 内容更新
なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント