女性向け・体験談等、様々な短編・長編のオリジナル官能小説・ポルノ小説を無料公開しています。 twitterはこちら! 王様ゲームで着エロ体験 (男2、女2で) - ~に関してのお話(体験記・官能小説)

■目次
 1.トップページ
 2.記事・アクセスランキング
 3.カテゴリ一覧
 4.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円~で販売。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ます!

①【更新】話題の女性専用風俗に〜シリーズ最終話、2/6に更新しました。
 初めての女性向け性風俗サービス_その16』はこちら
②スワッピング=夫婦交換を題材にした新作です
 『スワッピングしま専科 その1』はこちら
③歴代No.1アクセス数作品、最新話5話を追加しました!
 『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④女性用性感マッサージ師、今西と女優の宮野ひとみ。
 セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感>
★ブログランキングで上位目指して頑張り始めました。 以下のバナーを1クリックお願いします!
小説(官能小説)ランキング
FC2ブログ

王様ゲームで着エロ体験 (男2、女2で)

これまで生きてきて、あの時以上にエロい、官能的な瞬間に出くわしたことがない。

いわば、俺の人生のエロのクライマックス。
俺と友人(男)と女の子2人で王様ゲーム。

酒池肉林の様子を思い出しながらどうだったか説明したいと思う。


__________

大学時代の友人3人と久しぶりに会った。


そして忘年会ならぬ望年会と称して田町駅近くの居酒屋で飲み。


その後、2軒目に行こうとしたところで「俺ん家でどう?」との提案があって友人宅に行くことにした。

その時の話だ。



人間関係がこんな感じ

俺 24歳 会社員 普通`
男 たかし 会社員 親友
女 瞳 会社員 実は1回俺と関係あり
女 ユリ 会社員 真面目系

友人宅へは近くのワイズマートで酒やらつまみを買い込んで行った。


部屋に入ると見慣れた光景。



今日、2次会で使う事を予想していいたのかどうか、片付けられていて狭さは感じなかった。




腰を下ろすと早速買ってきたビールを飲む、飲む、飲む。




もともと酔っていたのもあって、30分程ですっかり皆酔いつぶれていた。




そこで、瞳が言った。



「ね、ねね、王様ゲーム。しない?」



嬉々として言う。



ユリは酔っているとはいえ、根が真面目なのか「えーっ」と否定的。男性側は否定する理由が無い。




しばらく交渉の末、「絶対にエッチな事はしない」という約束で、王様ゲームをする事になった。




ちなみに、この王様ゲームを提案した瞳という女。


実は数年前に関係を持った事があった。



彼女に誘われて行った合コン互いに狙った相手にフラれ、帰りに居酒屋に寄ったのがきっかけ。



朝、起きると互いに裸で抱き合っていた。



その後、改めて、という事で1回して別れた。



それからは関係は無いが、気心の知れた友人として長く付き合ってきた。




その瞳が提案した王様ゲーム。ルールは女達が決める事になった。




手元にあった紙にあみだくじを書いて、ジャンケンで選ぶ。最初に王様になったのユリだった。



「やったー。じゃあね、じゃあね...」


「私からーー」



とノリノリで命令する。



最初の命令は3番が4番の尻に鼻をつける、だった。




仕方ないので、俺がたかしの尻に顔をつける。



(くっそ.....)




エロに持って行ってやろうと復讐を誓った。





...そうしてゲームに興じる事、10分あまり。



最初に提案した瞳が「ちょっと...」と言って横になった。


そしてそのまま寝てしまう。



俺たちの標的はユリに絞られた。



「えー。もう、やめようよー」



とユリが言う。




このユリという女。一言で言えば真面目だ。



何かやる時は常に慎重。だが、今は結構酔いが進み、普段の判断力は無いと思った。



そこで、たかしと示し合わせて、くじに細工。


必ず俺かたかしのどちらかが王様になるようにした。



無論、ユリにその事は気づかれていない。




瞳が寝てしまってからの第1回目のくじはたかしが王様だった。




「じゃあ。じゃあ!2番と3番がポッキーを端からー」



序盤の段階で一度やった事のある命令をする。


だが、あの時とは状況が違う。




(やるか………)



心に決めていた。



俺はポッキーーのチョコの部分を咥えて、ユリの方に向ける。



ユリは少し笑いながらそれを咥えた。




「んーーーっ……」



互いに端から食べていく。



そして、さっき止めたポイントでユリが動作を止めた。



「んんっ!! んーーーっ」



俺は動作を止めずに、そのままキス。


ユリと唇を合わせ、そのまま舌をねじ込んだ。




「んんっ!!!いやっ!」



ユリはそう言って抵抗するも、動きは鈍い。


俺はユリの背中に手を回し、力強く抱き寄せる。



「おおおーーーっ…おおおーーっ!」




隣で見ていたたかしが、ついにやったか、という声を出した。



「ん!…んんんっ……」



ユリは最初は抵抗していたものの、次第に力を緩めた。




俺は散々に唇を舐めまわし、味わうと、顔を離した。




「ん…ふぅっ……もう…やだっ…」




ユリが顔を赤くしてこちらを見た。




その顔は、普段知っている真面目な表情とは違い、エロかった。



「じゃあ。気をとりなおして行こー。王様だーれだ」




俺はそんなユリを放っておいて、くじ引きを勧めた。



次の王様はたかしだった。



「えーーっ。またー」



不平を言うユリを尻目にたかしが命令を出した。



「3番がパンツを上に思いっきり引っ張って、王様に見せる!」




今にして思えば無茶苦茶な命令だが、酔っ払った人間の間では、さほど変とは思わなかった。




それに、ユリはさっきのキスの影響か大抵の事ならしてくれそうな雰囲気。



たかしが興奮して言う。



「3番は? お前?ユリ? どっち?」



俺とユリの顔を見比べて言った。




「私………」

ユリが俯いて言った。




「いやだー。そんなの…」




抵抗を見せるが、俺とたかしで王様の命令は絶対だからと早くやるように急かす。




「もう…… 」



そう言って、スカートを捲った。



「少しだけ、だからね。」



白い下着だった。



「おおおーーっ!!」




俺は王様が見る、という命令を無視してたかしと一緒にガン見する。




「早く!早く!上に!上に!」



たかしが急かした。



「はい.....」




ユリが下着の片側を持って上に引っ張る。



くいっ......



「ふっ.....ふーーーーっ....」




ユリは息を荒くして興奮か緊張しているようだった。



俺たちも変なテンションで興奮して一点に注目する。



「ああ.....」




たかしの情けない声が漏れた。



ユリの股間はむっくりと膨らみ 、その左右に僅かな陰毛が見えた。



「やった!!!見えた」



俺が思わず叫ぶと、ユリはとっさにスカートを下ろした。



「いやっ.....!」




その表情を見ると、酔って血走った目が見開き、こちらを見ていた。



「もう、おしまい」




ユリがそう言った。



俺たちはさっきの光景を脳内で反芻しているところだった。


終わり

アマゾン/KINDLEで新作公開しています!
俺は某大手百貨店の外商なんだが、顧客の人妻に電マを持っていったところ (あたたら文庫)

(C)2021 体験談 :あたたら 無断転載禁止


<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント