女性向け・体験談等、様々な短編・長編のオリジナル官能小説・ポルノ小説を無料公開しています。 twitterはこちら! 乳首に分銅をつけたプレイ - ~に関してのお話(体験記・官能小説)

■目次
 1.トップページ
 2.記事・アクセスランキング
 3.カテゴリ一覧
 4.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円~で販売。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ます!

①【更新】話題の女性専用風俗に〜シリーズ最終話、2/6に更新しました。
 初めての女性向け性風俗サービス_その16』はこちら
②スワッピング=夫婦交換を題材にした新作です
 『スワッピングしま専科 その1』はこちら
③歴代No.1アクセス数作品、最新話5話を追加しました!
 『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④女性用性感マッサージ師、今西と女優の宮野ひとみ。
 セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感>
★ブログランキングで上位目指して頑張り始めました。 以下のバナーを1クリックお願いします!
小説(官能小説)ランキング
FC2ブログ

乳首に分銅をつけたプレイ

短いですが、先日、彼氏にされたことを書きます。




午後から出かけたと思ったら、何やら紙袋を持ってかえって来た彼氏。



その顔はニヤつき、薄ら笑い風。




「ねえねえ...」




私の身体をべたべたと触る。



「何よ」 と聞くと、アダルトグッズのお店で面白いものを見つけて買ってきたと言う。


早速紙袋を開ける彼氏。


中身は、昔、理科の実験で使ったことのある銀色の分銅。出っ張ったところに紐が付き、その先はクリップだった。


「何に使うの?」


と聞くと、乳首に付けるのだという。



「誰が?」


と聞くと彼氏がこっちを見て身体を触る。


「...............」



彼氏の企みが何となくわかった私。




「いやっ。絶対いやっ」






拒否するも、良いように言いくるめられ、いつもの流れでイタしてしまった....






まず、最初の方は普通のいちゃいちゃ。


あとは全てを脱がされて、彼氏が私をいじる。



やがてくちゃくちゃと音が聞こえ出し、良い感じになる。



「やぁっ.......だめ....」



「感じてんじゃん。濡れてきたよ?」


指先の動きが徐々に速くなる。



そして、最後にはアダルトビデオばりにくちゃくちゃと出し入れ。



「あーーーっ.....」





といつもながらにヨガっていると、彼氏が言った。



「さっきの....つけていい?」




傍らの分銅を持ってニヤつく。


乳首をまだ触られていなかった私は、それを見てなぜかドキン、とした。



(どんな感じに.....)




彼氏が私の胸を一度舐め上げると、そのクリップを先端に付けた。


クリップ自体はそれほどの締め付けの力は無く、痛みは感じない。



だが、微妙な圧迫感が続き、声が出る。



「ぁぁぁっ.......ぁぁ...」


「っぁぁ......」



「ふっ......ふぅっ........ふっ......」



自然と興奮し、息が荒くなる。


「よし.....」




そう言うと、彼氏がその分銅を離した。



「や..............」




寝そべった状態で平たくなった私の乳房の上に冷たい分銅の感触。




それはコロコロと転がる。


びんっ.....



「やっ! ぁぁぁ.....」




左右ほとんど同時に、張り詰めた感じで乳首を引っ張られる。


「やっ............」



「いやぁ.......いやぁっ........ぁぁ...」





私はそれを見て視覚的に、そして乳首のあらぬ方向への引っ張りに声を上げた。



さらに、彼氏がその分銅を指で弾く。


びん......びん......




「やぁっ.......だめ....」


「だめ......ぁっ......ぁっ.......ぁぁっ......」





クリップの中、乳首はこれ以上無いくらいに硬く、尖っているに違いなかった。



今までに感じた事が無いくらいの乳首が敏感に反応する。



「やぁ.........だめ....はやく....」


「ねぇ......」




私はすっかり反応に浸り、彼の股間に手を伸ばし、求めていた。



この分銅をつけたままでシたら...どうなるだろうかと思いながら。



彼氏がズボンを脱いだ。



そして私の身体を回転させ、バックの体勢で後ろから腰を持つ。



「さやか...いい?、身体持ち上げるよ..」



そう言うと、腰をぐいっと持ち上げた。



「あっ!!!」




乳房が下に垂れ、分銅の重さで乳首が刺激される。


ちりちりとして、常に噛まれている感じ。



「いやっ....いやっ........っぁぁー!」


「はっぁぁぁ.........」



私は思わず身体を倒した。


だが、彼が許さない。




再び身体を起こすと、あとは激しく突き始めた。




...というのが先日の話でした。


皆さま、検討されてはいかがでしょうか。

2016/9/5  新規掲載
2019/10/6 内容更新 

アマゾン/KINDLEで新作公開しています!
俺は某大手百貨店の外商なんだが、顧客の人妻に電マを持っていったところ (あたたら文庫)

(C)2021 体験談 :あたたら 無断転載禁止


<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント