女を教えて、童貞を奪って、と言われた - 官能な体験談・短編、フェチ話


女を教えて、童貞を奪って、と言われた


本文は少し↓です
筆者より
①舐め犬(クンニ犬)なるモノを余儀無くされて...
『罰ゲームでなめ犬になった俺』はこちら
②童貞男子が兄貴の部屋に居た女性を..
『僕はワンピの女性を撫で回した』はこちら
③歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。日々更新予定..
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
④『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

女を教えて、童貞を奪って、と言われた

短いですが投稿します。


当方、結婚2年目の主婦。子供無し。30歳。




ケンタXXXのバイトをしている時に仲良くなった男の子がいた。




その子は大学生に成ったばかりの1年生。




いかにも田舎から出てきたという感じで、三十路を迎えた私にとっては可愛らしい存在に思えた。




そんな彼に、控室で突然告白された。




「好きです。」と短く言われたような気がする。あまり詳しくは覚えていない。




突然だった事と、あまりにも思いがけない事だったんで気が動転していた。





とにかく、告白されたが断った。



まあ、当たり前だが。





だが、彼は私にとんでもないお願いをした。




「お願いします!! 女を...女性を教えてください」





彼は跪くようにして、土下座?ってああ言うのを指すのだろうか。





とにかく彼は、自分は彼女がいた事が無い。童貞だ。近野さん(私のこと。仮名)に童貞を奪って欲しい、と何度も何度も繰り返した。





私は悩んだ。




悪い気分では無かったが旦那の事が気にかかった。




だが、童貞を奪って欲しい、という彼の申し出は可愛らしく、好ましく思えた。




だから、誰にも内緒だという事、一度きりという事を約束させ、「OK」と返事をした。





彼が天に舞いあがらんばかりに喜んだのは言うまでも無い。




彼は早速に私の身体にまとわりついた。





「近野さん....俺...俺....」





ぎこちない感じで身体を寄せてくる。


そしてキスを求めた。




「ちょ...ちょっと..」





さすがに控室でする訳にはいかない。





私は形ばかりのキスだけを許すと、彼の一人暮らしの部屋に行き、そこでする事で納得させた。




彼は私に部屋の位置を教え、一足先に飛んで帰った。





私はそんな彼を見ながら、どうしよう、と考えていた。




さっき、交わしたキスの感覚が唇に残っていて、じんわりとした。




10分程して、彼の部屋を訪れた。





彼はドアを開けるなり、「好きだ」「好きだ」と繰り返し、私の身体を求めた。





私は観念して、彼のしたいようにさせてやろうと思った。




「好きにして.....いいよ」





そう言って、まだ真新しい彼のベッドと布団に横たわった。




彼が横に立ち、息を荒くして私を見下ろしていた。




「あ...あ...........」





短く呻く彼。






手が伸びて胸が荒々しく揉まれ、弄られた。



そして、服を脱がされて私だけが裸にされた。




彼が私の身体のあちこちを調べ、吸い、舌を這わせる。




「や...いや....そこ...」




彼は普段、旦那が嫌がるような事も進んでし、とても長い事、私の敏感な部分を舐め続けた。





「ぁぁ....」


「岩城君....そう....そこ..」





私は彼に足を絡め、自分の気持ちいいところだけを舐めさせ続けた。



ずびっ....ずずっ....


ずっ...



彼は慣れてくると、舌を上手に使い、存分に舐めてくれる。




私自身も高ぶってくる。



「来て...」




私は彼の大きくなったモノを掴み、そのまま受け入れた。



童貞だから病気の心配なんて無かったし、生理が終わったばかりだから何の心配もなかった。


生で挿入を許した。




十分に濡れた私は、彼のモノをすんなりと受け入れた。



「ぁぁ....入ったぁ..」




彼が切なく喘ぐ。





ただ私はそんな彼を放っておいて自分本意で騎乗位で動き続けた。



カッチカチに硬い彼のモノがたまらなく気持ちいい。




「ぁぁ...ぁぁっ...近野さん」



「も........う.....」




彼がイキそうだと、手で私の身体を押しのけようとするのを妨げた。




反対に、深く深く腰を下ろし、彼の射精を受け入れる。




「ああっ........ぁぁーー」


「ぁ..」


「ぁーーーーー」



私のお腹の奥の方で、彼自身が鼓動していた。



じんわりと広がる温かい感じ。




「ぁぁ......岩城君.......」




私は彼の唇に吸い付き、舌を絡めた。





彼が喜んで、繋がったまま私の舌を舐め、吸い付く。




「ぁぁ...近野さん.....俺...また..」




しばらくして、彼が胸を揉みながら私の顔を見た。




「もう....?」




そう聞いた通り、彼のモノが私の中大きくなり始めているのが感じられた。

2016/7/5 新規掲載
2019/7/23 内容更新
なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント