シャツの隙間、胸チラ - 官能な体験談・短編、フェチ話


シャツの隙間、胸チラ


本文は少し↓です
筆者より
①過去にご好評頂いた作品をリメイク。声掛けした超絶美女は....
『通りがかりの超絶美女をナンパしたらデリヘル嬢だった件』はこちら
②舐め犬(クンニ犬)なるモノを余儀無くされて...
『罰ゲームでなめ犬になった俺』はこちら
③歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
⑤『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

シャツの隙間、胸チラ

昨日、大学の講義が終わったあと、サークルの部室に戻ろうとしていた時のこと。




「高井さーん。」




と俺を呼び止める声。




振り返ると1つ下の後輩、あかり、だった。




彼女は、サークルの中でも1つ下の年代の中でトップクラスの美貌。サークル内外に人気がある。




ただ、あかりには1年生の時から付き合っている彼氏がいて、それ皆が知っている事実だった。





そんなあかりが俺を呼び止める。




「高井さん! 授業終わりですか?」




「一緒にいきましょ!」




にこやかな笑顔。




普段のお高くとまって、何かとつんけんとしている様子とは違う。




(なんか....かわいいな......)


(機嫌.....よさそうだな....)



なんとなくそう感じた。






あかりと講義棟に間の道を歩きながら話す。



そして、会話の中で何度目か、あかりがこちらを向いた時、




(!!)




目ん玉が飛び出るほどの衝撃。


思わず2度見した。



声が出そうになった。




彼女の着ている白いシャツの前が合わさる部分、その隙間がざっくり、5センチほど開いている。




そして、その奥には明らかな胸の膨らみ。


その色は肌色。



まさしく乳房の膨らみの一部分が見えた。




(あああ....ありがたや....)



(ありがたや、ありがたや.......)





俺はその光景を目に焼き付けた。



そして、何かと話題を振ってあかりをこちらに向かせる。




「もう、やだー。」


冗談を言うと、あかりが反応した。




そしてその度にパカパカと開く胸元。




(ああ....あの駆け上がり感......)


(この面積......)




胸の膨らみの角度から大きさを想像する。




(これは...でかい....)


(D、いや.....Eあるかも.......m)




予想以上のモノに興奮した。





その時の俺はもう、頭がおかしくなっていたのだろう。



おそらく視線が丸わかりだったに違いない。


ある時、彼女が言った。




「高井さん、胸ばっかり。」



「いやらしい......ふふ.....」



「もう.....」




と言う。


ただその口調は面白がっているようで、拒否感は無い。





「い....いや...........」




と言いつつも目が離せない。


そうしているうちにサークルの部室に到着した。


俺は周りに挨拶をしながら前を行く彼女の後ろ姿を眺めていた。



終わり



なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント