女性向け・体験談等、様々な短編・長編のオリジナル官能小説・ポルノ小説を無料公開しています。 新婚生活、ブラがはらりとなった状態で - 官能な体験談・短編、フェチ話

FC2ブログ

新婚生活、ブラがはらりとなった状態で

新婚生活の話になったので、自分の話を書きます



当時、俺は服を着たままするのがブームというか、そういうものと考えていた。




以下こんな感じ。



家に帰ってくると、妻のミナミがキッチンに向かって料理をしている。





「ただいま。」



「ただいまー。早いね。」




俺は靴を脱ぎ、カバンを置いてミナミの後ろへ。



「ただいま。ミナミ。」




腰を抱き、身体をくっつける。



ここまでは定番。




さすがに裸にエプロン、と言うわけではないが、俺たちの日常はこうだ。




「やっ....」



「やめて、危ないよ。」






ミナミは少し笑いながら身体をよじった。




「いいじゃん...」


「ちょっと、においても嗅ぎたくなっただけ」




彼女の首元にキスをし、そのままうなじ、耳へと唇を這わせた。



そして、ミナミの弱いところ、耳たぶとその周り舐めた。


「ぁっ.....ちょ.....んっ.....」




「んん.....」




ミナミが包丁を置いた。



俺の手は彼女の胸元へ。




シャツの裾を捲り上げ、ブラの上から強めに揉んだ。


「やっ..」


「料理.....中....んんっ...」




ミナミ振り向いたところをキス。




さっきまで、甘いものでも食べていたのか、舌の先、口の中にミナミ味が広がる。




「ん.......ん....」




彼女が舌先を差し出した。



それは力無く俺の唇で挟み込まれ、吸われる。




っちゅ.....っちゅ.....


っぅ...





唾液の練り合う音が響く中、俺は無言でミナミのズボンをずり下ろし、下着を脱がせた。



紫の下着がはらりと下に落ち、ミナミの大き目の
尻が見える。




「いい....?」




俺自身も下を脱ぎながら一旦、キスを止め確認する。


「んっ....」




ミナミは短く言葉を発し、尻を向けた。



白い尻の肉と、主張する陰毛。




「いく..よ..」



ぱんっ、と軽く尻をはたいた。



そしていきり立ったモノをミナミの尻に押し付ける。


にゅ...っ..



「あっ」


モノがふれあった感触。


にっ...にゅ...っ..

にゅ...



最初はねちねちと。


粘膜が触れ合い、それを繰り返した。



っ...る..にゅ...

にゅっ...



亀頭を擦り合わせていると、いつのまにかミナミの割れ目から滲み出てきた。



る...っるっ...



亀頭の先っぽが悩ましかった。



まるで嫁のあそこを使ってオナニーしているみたいな感じ。


「ぁぁ...っ..」


「はぁ...っ....」


にゅ....っる...



何かのタイミングでぬるりっと入る。



「あっ....」





ミナミの驚いたような、痛いかのような声が出て、そのまま亀頭が吸い込まれた。





ぬっ.....ちゅ.....


っぷ....ちゅっ......



疑似自慰行為よりも温かくて、ヌメらかな快感が溢れた。



「ぁぁ...」


「いい......っ...よ...」




そのまま、奥までねじ込んでいく。


「あ......っ」




「あっ..........あ..あ...あ......」




ミナミが口を半開きにして喘ぐ。




俺はそんな彼女も口の中に手を入れて、最後の一突きをする。



「はぁっ...」




「ああ.....ああっ...!」




ミナミの一際高い声を合図に、全てがずっぽりと入った。


「ミナミ....」


「はぁぁぁ..」




声をかけると振り向き、キスを求めてくる。




「ね...ねぇ....」



それはミナミがいつもやる事。


そして、俺がやる事。


それはバックの姿勢のままでブラのホックを外し、肩紐がかかった状態ですること。



「んっ...んっ....」



抜き差しの都度、ミナミが呻く。




そして、俺はブラのホックを外し、Eカップの彼女の胸に手を添える。



「やぁっ.....いやっ...」




乳房の下端、乳首の位置に手を置き、上下左右に揺れる乳の揺さぶりを待つ。




むにっ...むに.....




乳首が指先に触れ、優しく当たった。



「いや....いやっ.....」




ミナミがその度にいやいやをする。



だが、突かれる度に揺れ動く乳。



乳首は次第に刺激され、さらに敏感になる。



「いや....やだ.....やっ....」




彼女の大きく浮いたブラのカップの中で俺はそういう風にしていたーーーー







という話。

心当たりある方、いませんか?

2016/3/1 新規掲載
2019/7/22 内容更新

twitterはこちら!
(C)2020 体験談 :あたたら 無断転載禁止
<関連記事>


筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円で販売させて頂いています。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ますので是非!ご覧ください


★歴代No.1アクセス数頂いている作品、最新話5話を追加しました!
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら

① 話題の女性専用風俗に〜シリーズ、更新(10/1にその13を追加)しました。マッサージの域を超えて絡み合う2人...
" 初めての女性向け性風俗サービス_その13』はこちら

②仕事に困り、美熟女への奉仕の道を選んだ彼は〜性感モノ長編を大幅リニューアルしました
『スケコマ師 太一 美熟女へのマッサージと奉仕編』はこちら

③女性向け、エステものをリニューアル中。川崎駅前で声を掛けられたOL悠美は…
『花よりだんごエステはいかがですか その1』はこちら

④女性用性感マッサージ師、今西に依頼してきたのは人気女優の宮野ひとみ。 過去長編をリメイク中です
" セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1はこちら">『セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1』はこちら

⑤『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”最新話10話を公開しました。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント