女性向け・体験談等、様々な短編・長編のオリジナル官能小説・ポルノ小説を無料公開しています。 twitterはこちら! 寝ている間に勝手に咥えさせられた - ~に関してのお話(体験記・官能小説)

■目次
 1.トップページ
 2.記事・アクセスランキング
 3.カテゴリ一覧
 4.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円~で販売。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ます!

①【更新】話題の女性専用風俗に〜シリーズ最終話、2/6に更新しました。
 初めての女性向け性風俗サービス_その16』はこちら
②スワッピング=夫婦交換を題材にした新作です
 『スワッピングしま専科 その1』はこちら
③歴代No.1アクセス数作品、最新話5話を追加しました!
 『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④女性用性感マッサージ師、今西と女優の宮野ひとみ。
 セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感>
★ブログランキングで上位目指して頑張り始めました。 以下のバナーを1クリックお願いします!
小説(官能小説)ランキング
FC2ブログ

寝ている間に勝手に咥えさせられた

嫌な思い出。



社会人2年目の夏、同僚達と皆で泊まりでスキーに行った。



夜はもちろん宴会。




私は朝4:00起きだった事もあり、飲み始めてから1時間程で恐ろしい眠気に襲われて、いつに間にか眠ってしまっていた。


それが迂闊で無用心だと言われればそれまでなのだがーーー






気づいたのは多分夜中あたり。



目をあけると、部屋の電気が落とされて真っ暗だった。



(ん?)


最初のうちは自分が一体どこにいて、どう言う状況なのかを思い出せない。


確か…飲み会で…酔っ払って…


と思考を働かせてようと頑張った。


だがーー



妙な違和感に気付いた。




(.....これ..)




口元に、何か柔らかい、親指大くらいの塊。




私はそれを唇で挟み、咥えていた。




(えっ? えっ?....何...これ...?)




驚いて口からぺっと吐き出す。


そして思わず手を前に伸ばし、暗がりの中で探ると、人の身体の感じがした。



(いやだ...なに....)



(これ…)



慌てて自らの身体を触り、確かめた。




(あ....あ......)




ほぼ全裸と言って良い状態だった。


ブラがはだけ、下着を脱がされている。




(いや...私...一体....)



狼狽するも、何も思い出せない。



(でも......)



何かあったには違いなかった。



(いやだ...)


(ぁぁぁ…)



私は、口の中の唾を全てその場に吐き出した。


なんだか、気持ち悪さを感じた。



昔、元彼にフェラをしてあげて、そのまま口の中に出された時のことを思い出した。



(いや…きっと…私 …)



そして、そそくさと衣類を直し、その部屋を出た。


(あれは.....)


何があったのか、したのか分からないまま、自分の部屋に戻った。



そして、シャワーを浴びて寝た。


次の日、皆とは朝食を食べるためにレストランで落ち合った。


誰も、昨日の夜のことは話さない。


変な素振りも無い。



今にしても不思議だ。


きっと、誰かが私が寝ているのを良いことに、身体を弄り、フェラをさせたのだろう。



ただ、挿入された形跡や、中に出されたという痕跡は無かった。



なんだったんだろう。


恐ろしさを感じて私はそれ以来、恋人以外とは出かけることをやめた。




アマゾン/KINDLEで新作公開しています!
俺は某大手百貨店の外商なんだが、顧客の人妻に電マを持っていったところ (あたたら文庫)

(C)2021 体験談 :あたたら 無断転載禁止


<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント