こっそりオナってたら嫁にばれた - 官能な体験談・短編、フェチ話


こっそりオナってたら嫁にばれた


本文は少し↓です
筆者より
①舐め犬(クンニ犬)なるモノを余儀無くされて...
『罰ゲームでなめ犬になった俺』はこちら
②童貞男子が兄貴の部屋に居た女性を..
『僕はワンピの女性を撫で回した』はこちら
③歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
⑤『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

こっそりオナってたら嫁にばれた

昨日の話




嫁がなかなか寝ないので、ベッドで横になってエロ動画を見ながらオナってたら、嫁にばれた。




経緯は、嫁が物を取りに急に部屋に入ってきたこと。



俺は動画がに夢中になっていそれに気付かず、下半身モロ出しビン立ちの姿をバッチリ見られた。





「何....してんの?」





茫然と立ち尽くす嫁。





「いや.......え....と....」





咄嗟に思いついたのは、次の言葉だった





「栞が....TV見てて...構ってくれないから...」




そう言って、モロ立ちのアレを手で隠す。





「............ふふ..」





嫁の栞は少し笑った。





そしてこう言う。




「そうなの....?」



「ごめんね.…、気づかなかった…」




そう言って、下半身丸出しの俺の足に跨る。



「いいわよ....」




そう言ってゆっくりと身体を動かし、俺のモノを咥えた。




じゅっ....ぷ....


っるっぷ.......




「あっ!」




艶かしい、柔らかな快感。




「ぁぁぁ.....気持ちいい...」





そう言うと、嫁のストローク段々と早くなる。


じゅっる......


るっぷ......っるぷっ.....るっぷ......




(あああ....最高...!)



俺は嫁に愛撫を受けながらも、さっきまで見ていた、跡美しゅりの映像を脳内再生していた。



(ぁぁぁ....)



しゅりちゃんの華奢で白い身体が俺をまさぐる...


(最高....!)




そう思っていたら嫁が言った。

「んっ.........」


「................」



「私も....」



「したくなった」




そう言って、下着を脱ぎ去ると身体を動かして跨った。



にゅる....っ......




唾液だか、我慢汁だかでヌメリは十分だった。




嫁自身も濡れていたのかもしれない。


「ぁぁぁっ.....」



「ああ....」




奥まで突き刺さると、嫁が騎乗位の姿勢でグラインドを始めた。


にゅっ........ちゅっ.....


にゅちゅっ......


じゅちゅっ......にゅちゅっ.......





しばらくして、膝を立てる。



「ぁぁ....やっぱり...いい...」




嫁が俺にそう語りかけた。




「ああ...栞....俺...もう....」




嫁には申し訳無いが、もうイキそう。




「え...?もう?」



「いいよ.....このままで」




嫁のグラインドが激しくなる。




「でも...もう一回、してよね」





その言葉を聞きながら、1回目の射精をした。




その後、長い時間をかけて2回戦をした...

2016/4/16 新規掲載
2019/10/16 内容更新
なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント