宅配便の受付センターで彼氏とシテたら見られてた - 官能な体験談・短編、フェチ話


宅配便の受付センターで彼氏とシテたら見られてた


本文は少し↓です
筆者より
①過去にご好評頂いた作品をリメイク。声掛けした超絶美女は....
『通りがかりの超絶美女をナンパしたらデリヘル嬢だった件』はこちら
②舐め犬(クンニ犬)なるモノを余儀無くされて...
『罰ゲームでなめ犬になった俺』はこちら
③歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
⑤『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

宅配便の受付センターで彼氏とシテたら見られてた

宅配便の受付センターで彼氏とシテたら見られてた


先週、職場の某宅配会社の受付センターで店番中に彼氏が来た。


夜遅くだったので、誰も来ないと思って盛り上がってシテたら、たまたま顔を出したドライバーに見られてた。



という話をします。





その時のことーー



ざっくり書くと、私の仕事は某電気街の外れあたりにある街中の集配センター。



分かる人は分かりますよネ?


大手から中小まで様々な宅配業者が出張所を抱えていて、沢山の電気街宛の荷物を捌いているんです。




そして、私が働くその出張所は夜の23:00まで開けていて、周りの店の持ち込み荷物を受付しています。





そんな中、私のシフトは23:30まで。

最終列車に遅れない程度、23:10まで待機していて、鍵付きの倉庫へ荷物を入れるのが役割だった。





ただ、夜遅くに、出張所に来る客なんてほとんどいない。




そもそも、周りの店自体が閉まっているのだから、当然といえば当然なんだけど、一応大手だから、と言うことでギリギリまで営業を続けている。



そこで、私はする事もなく、彼氏とLINEをしていた。



すると、彼氏が差し入れを持って来るという。喜んだ私は、いつでも来て良いと言った。




それがコトの始まりだった...





20分程して、彼氏が来た。


当然に、客は誰もいない。




彼氏は飲み物を持参してきてくれたのだったが、私は彼を事務所に招いた。




誰もいない事務室。



当然ながら、彼氏が仕事中の私にちょっかいを出した。




「ねえっ....」



「はやくーー帰ろうよ」




脇のあたりから胸を触る。


彼は実家暮らし。私はマンションに一人で住んでいる。



シフトから言って明日休みの私の家にこのまま泊まるつもりだ、と言うことは明らかだった。




「ねぇ…」




彼氏のちょっかいは続く。


最初は、やめてよ..、と拒否していた私だったが、慣れてくると、がっつりプレイを楽しんでしまった。




仕事を続け、伝票を整理したり、業務日誌をつける私。



彼はそんな私にキスをし、太ももに触れた。



「ちょっと....」



「やだ…」




初めての経験。


普段仕事をしている場所で彼氏とイチャイチャする事は、結構な興奮を呼んだ。




「ね…?XXXX」



彼氏の手の動きがいやらしさを増した。


そして猫撫で声で私を誘惑する。




「んーー。」




普段からふしだらな私の気持ちは揺らいでしまった。



仕事中なのに、事務所なのに、感じてしまい、彼氏とシタくなった。




「うーー…」



「ん…っ…」




さすがに事務室でHする程の勇気はないので、彼氏をトイレに招く。



「入って...」



「ね…」




私は彼をトイレに押し込むと、そのままチャックを下ろした。




そしてそれまでのモヤモヤを晴らすかのように、フェラをしてあげた。




じゅっっぷ…



ちゅ…っるっ……




彼のペニスがたちまち大きくなり、私の口の中をゴツゴツと突いた。




「はぁっ…ふっ…っぁぁ」



「んっ …ぁっ…」




私は喘ぎながら、むせながら、一生懸命に彼氏を愛撫する。



「ぁぁ…いいよっ…」




「あー...すげー...XXXX(私の名前)」



と彼氏が異常に喜んだ。






彼氏の手が私のシャツのボタンを外し、無造作に胸を揉みしだく。



「ねえ...XXXXX...したい..」




彼氏がそう言ったが、さすがにそこまでしてしまうのは…と思った私。



じゅっぷ…っるっぷ…



るるっ…



「はぁっ…んっ…」



「だめっ…ぁぁ…っん」



「だめぇっ…はぁぁっ…………ん」




普段ならしないようないやらしさと激しさで彼氏のを舐めた。





棒の部分に噛みつき、先端の部分を隅から隅まで舐めて、キスしてあげた。



「ちょっ…XXXX」



「ぁぁっ…ぁーー…だめだっ…」




彼氏が腰を引いた。


そして、あそこを大きくしながら、私から離れる。




「だめだよ…」



「イッちゃうよ…ぁぁ」




彼氏は情けない表情を私に見せた。




「な…XXXX。おいで…」




そして私においでおいでをした。



「んっ…ぁぁ…XXX、好きだよ…」




ディープキス。




これまでに無い激しさで、私の口元が違いの唾液でぐちょぐちょになった。



「最後までーー…しない…からさ…」



「ね…?」




そう言う彼はキスをしながら私の胸を揉んだ。



作業着として来ていたジャージみたいなのをずり下げ、胸元を露わにする。



ブラをたくし上げ、おっぱいを丸出しにさせて、吸い付き、ちゅうちゅうと吸った。




「やっ…ぁぁ…」



「だめ…ぇ」




私は乳首が弱い。



普段、自宅で彼と二人だけでいる時でさえ、びくびくと身体が震えてしまうほどなのに、この時、トイレの中でされた時は、鳥肌が立つくらいに感じてしまった。




「はぁ…ぁ」



「あっ…ぁん」




異常な状況での異常なほどの興奮が、私をおかしくさせた。




「だ…だめ…」




胸元への愛撫に、ここかどこだかを忘れてしまった私。




「だめ…」


そうは言いながらも自らズボンを下ろし、下着をずり下ろして、彼にお尻を出した。




「だめだから…」


頭の中で彼氏にシテもらうことだけ。




上半身は乳房をさらけ出したままのジャージ姿、下半身は丸裸だった。




「ふふ…XXXX…」




彼氏は嬉しそうに私の名を呼んだ。
そして、



「いいの…ねぇ…?」




指先で私の股間に触れる。




ちゅっ…っぐ…



ちゅっ…




自分でも嫌になるくらい、濡れているのが分かった。



「ねぇ…ここでシテも…」



「いいのかな?」




指先が細かく、激しく動いた。




「やっ…はぁぁっ…」



「いやぁっ…」




激しい指使いに、私はたまらず姿勢を崩した。



足を開き、彼氏にただ気持ちよくしてもらいたくって、大股で愛撫を受け入れる。




ぐっ…ちゅ…



ちゅっぅ…


(い…いきそう…)




早々に、果てを予感する私。


結構な大きさの声で叫び、ただただ気持ち良さを受け入れた。




「あっ…あっ!…あぁぁ……っ…」



「あーーっ…!」




ガクガクと震えながらイッてしまった私。



「ふ…ぅ…」



「ぁぁぁ…」





後はただただ呆然としていたら、いつの間にか彼が後ろから挿れていた。




「XXXXX!」



「ぁぁっ!!」




私の名前を叫びながら、腰を打ち付ける彼氏。




「ああっ...!」



「ああっあーーーー」




興奮のあまり、遠慮なく、そこどこかも忘れて喘ぐ私。




興奮しきった彼氏も、ズカズカと打ち付け続けたた。



「ああっ...」



「ああーー......」




すっかり感じさせられた私。


ここが事務所だと言うことをすっかり忘れていた。






そして、何分かして、彼氏が「もう、イキそうだよ」「もう、ダメだよ」と言い、そろそろかな、と思ったその時、



ガチャ...




私が手を着いていたドアが開いた。



「あっ...」



前を見ると、宅配のドライバー。



東北方面へ行く便を担当している、顔の知った若いコだった。




「あ....」



「あっ...あ......」




3人とも固まる。




「いや....あの......」




そのコは、彼の姿、私の姿見て、そして目線が大きくはだけた胸元に行ったのが分かった。


「いや....」




彼はそう言って、ドアをそっと閉めた。





「ごめんなさい!」


ドアの向こうから声が聞こえた。



「え…ぁぁ…」



「ぁぁぁ…」


彼氏は静かに私の中で果てていた。




びゅ…っる…びゅ…びゅ…





急に静かになった部屋で、彼の射精の脈動だけがやけにリアルに私の身体の中で響いていた。


2016/7/16 新規掲載
2019/6/17 大幅追記
なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント