服の上からなら触ってもいいよ - 官能な体験談・短編、フェチ話


服の上からなら触ってもいいよ


本文は少し↓です
筆者より
①過去にご好評頂いた作品をリメイク。声掛けした超絶美女は....
『通りがかりの超絶美女をナンパしたらデリヘル嬢だった件』はこちら
②舐め犬(クンニ犬)なるモノを余儀無くされて...
『罰ゲームでなめ犬になった俺』はこちら
③歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
⑤『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

服の上からなら触ってもいいよ

新歓コンパで仲良くなった愛美。


少し離れたベンチで2人座り、必死で口説き落とすこと30分。




「ね、ね...」




彼女の二の腕をさすり、身体を密着させる。





愛美はまんざらでも無い様子。




そこで、



「いい...?」



と服の中に手を侵入させようとすると、



「だめ。それは..」




と手首を掴んで止められた。




「えーーーっ...」




「お願い! お願い!」


とここ数年で見せたこともないような必死のお願いに、愛美が折れた。




「服の上からだったらいいよ」




ぼそりと言った。




「愛美...」




俺にとってその言葉は全てをOKと言ったも同然。



「ん...」




彼女の唇に吸い付く。



にと...




リップの甘い匂いとねたつき。



この前までJKだった愛美の下唇を吸い、少し舌を入れる。



「ぁ....」




愛美が短く喘いだのが可愛いかった。





(ここで...)




おもむろに左手を伸ばす。




「や.....」


膨らみに触れた瞬間、愛美が声を出した。




(ここで...)




彼女の唇を少し開けさせて舌を吸いだす。




「んんっ.....」


「っぁ.....はっ.....」



「ぁぁ.....」




小さな、少し先が尖った舌を吸い出した。


「ん......ぁぁ.....」



「ん.........」



愛美が喘ぐ。


まだキスはぎこちなくて、恐る恐るこちら側に付き合ってくれている、と言う感じ。



に......む......


に......




俺の左手が、彼女の左胸の膨らみを捉えていた。




(A...かBカップ...)


大きくは無い。





ただ、今日出会ったばかりの女の胸を揉む、ということに異常な興奮と喜びを感じる。



しかも相手はこの前までJK。




(あああ....)





揉めなく...は無いが、ほぼカップの感触。




指を立てて、真ん中の、乳首があるらしき場所を探る。




ぐりり....




ぐりり..


何度かの試みの後で、




「やっ.....」




愛美が舌を抜いた。




「やだぁ......そこ...」



「ん.....っ......」



俺の指を見てそう言った。



終わり
なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント