バイトで入っているレジの主婦の胸元 - 官能な体験談・短編、フェチ話


バイトで入っているレジの主婦の胸元

本文は少し↓です
筆者より
①『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”最新話10話を公開しました。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら
②過去にご好評頂いた作品をリメイク。声掛けした超絶美女は....
『通りがかりの超絶美女をナンパしたらデリヘル嬢だった件』はこちら
③舐め犬(クンニ犬)なるモノを余儀無くされて...
『罰ゲームでなめ犬になった俺』はこちら
④歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
⑤付き合い立ての彼女との性愛
『酔って勃たなかったのでO原櫻子似の彼女に初めてバイブを その1』はこちら


なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク2位→3位→8位..)
官能小説ランキング

FC2ブログ

バイトで入っているレジの主婦の胸元

バイトで入っているレジの主婦の胸元


短いですが..主婦の脇が甘かった、と言う話。




格安車検車検の会社で働いているんだが、バイトで入っているレジの主婦の胸元が緩かった。


年齢は噂だと34歳。



むちむちとしていて、色白。

子供がいるかどうかは知らない。


とにかく大人しいだがなんだか色気があってモロタイプ。



「おはようございまーす。」



そんな彼女、いつものように事務室に入ってきた。



そして、カバンを置き、ゴソゴソと何か探している。

上半身をかがめて、下を向いて。



(何、探してるんだろう…?)



あまりにも一生懸命に探してるもんだから、チラッと彼女の方を見た。




その時、胸元の様子が見えた。



(おおうっ..)



灰色のシャツのデコルテゾーンが無防備になっている。


白のブラ、そしてその奥。



白い肌、緩やかな膨らみ。


胸筋が柔らかく縦に盛り上がっていた。


(ぁぁ…大きくはないな…)



スレンダーな方だったから、普段の着衣の様子から、おっぱいは大きい方じゃ無いと意識はしていたが、想像通り。


よくてC、見立てBカップくらいかな、と想像した。


それでも、主婦の生乳は妄想と興奮を呼び起こした。


(ぁぁ…丸見え…)


よく見るとほくろが1つ、作り物のようについていた。


胸の谷間とははっきりと言えない、肉と肉の間の窪みを目に焼き付ける。



「ふぅ…」



その時、彼女は上半身を起こした


(ぁ…)



こちらも慌てて視線を外す。


そして何気ない様にPCのディスプレイを眺めた。



(ふぅ…危なかった…)




その後、仕事中、彼女の胸元が気になって仕方がない。



胸の大きさは本当はどんなんだろうか、旦那とはSexしてるんだろうか、乳首の色は......などと、妄想は止まらない。



チラッと横を見ると、彼女は接客をしていた。


その間もなにやら緩い胸元が目立つ。


彼女がかがむたび、上半身を折り曲げるたびに、その胸元が露わになっているのが想像できた。




「あの...加々見さん、胸元....」




しばらくして、それとなく話しかけた。



胸元が緩く、お客さん覗かれていたと、少し、遠慮して注意した。


どちらかと言うと、そうやって見せるのが良くない、って言う体で。



「やだー。」


「もう.......」





彼女は頬を赤らめて胸元を隠した。


今年一番のドキドキだった。



twitterはこちら! 是非フォロー&「いいね」お願い....



官能小説ランキング
(C)2020 体験談 :あたたら 無断転載禁止

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント