金曜の夜に巨乳マットヘルスでフリーで入った結果 - 官能な体験談・短編、フェチ話


金曜の夜に巨乳マットヘルスでフリーで入った結果

オリジナル官能小説を無料で公開しています!

■目次
 1.記事・アクセスランキング
 2.カテゴリ一覧
 3.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円で販売させて頂いています。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ますので是非!ご覧ください


① 話題の女性専用風俗に〜シリーズ、更新(9/15にその12を追加)しました。マッサージの域を超えて絡み合う2人...
" 初めての女性向け性風俗サービス_その12 シャワーを浴びた彼』はこちら

②仕事に困り、美熟女への奉仕の道を選んだ彼は〜性感モノ長編を大幅リニューアルしました
『スケコマ師 太一 美熟女へのマッサージと奉仕編』はこちら

③女性向け、エステものをリニューアル中。川崎駅前で声を掛けられたOL悠美は…
『花よりだんごエステはいかがですか その1』はこちら

④女性用性感マッサージ師、今西に依頼してきたのは人気女優の宮野ひとみ。 過去長編をリメイク中です
" セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1はこちら">『セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1』はこちら

⑤『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”最新話10話を公開しました。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

⑥歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら



カラダにイイ男1 10/7まで期間限定無料

誘惑1 10/1まで期間限定無料

彼女のヒールを脱がせたら(フルカラー) 1巻 9/23まで期間限定無料
FC2ブログ

金曜の夜に巨乳マットヘルスでフリーで入った結果

友人の結婚式で名古屋に前乗りした時の話。


栄近くのホテルにチェックインした俺は、プリンセス大通りから西方向へぶらぶらと歩いていた。


街を行き交うのは美女、美女、美女。


名古屋は顎が尖った不美人が多いと言うがなかなか。

ムラムラと込み上げるものがあった俺は、スマホでぬきナビを見始めた。


時間は既に22:00近い。

金曜日、25日と世間一般の給料日、風俗に行くには最悪のタイミングだ。

それでも俺は決意した。


行きたい、イキたい!


名古屋風俗、しかも名古屋と言えばマットヘルス。



俺の行くところは決まった。

いくつか歩いていける店を選び、候補を出す。

そして選んだのは巨乳マット。


巨乳マット....


いかにもな感じで、危険臭はしたが、基本フリーな俺はまあ大丈夫かな?という安易な自信があった。



そこで突撃する。



「こんばんわ!!」


威勢の良い店員の声に少し安心する。


(ああ....この店なら、大丈夫..)


気を落ち着かせた。


「予約してないんだけど...大丈夫かな?」


おずおずと尋ねると、そこは店員。


「いやー。おかげさまで混み合ってましてー。30分程お待ちいただければ。」


と手を揉みながら頭を下げる。


「30分? うーーーーーーーーーん。」


「待つわ。お願いする。」



俺は待合室のソファに座り、茶を飲んだ。


(30分....長い......)


近くのエロ本を手に取り、イメージを膨らませる。


(巨乳....巨乳......巨乳......)


グラビアアイドルの悩ましい姿をイメージし、彼女の乳でパイズリされる自分を想像した。


(ああ...早く......)


息子がズボンの中でムクムクと起き出した。


(ああ.......)



じれったいと感じる事にすら飽き始めた時、


「山中さまー。お待たせいたしました」

「りんちゃんの準備が出来ましたので...」


声に気付いて顔を上げると、さっきの店員が膝をついて、目の前にいた。


「あっ.....? そう?」


希望の光が差す。


(よおしっ...)


俄然、やる気とエネルギーが湧いてきた。


(早く...早く.....)


案内されて店の奥に歩いて行き、カーテンを見る。


(あの向こうに........)


スラリとした巨乳美女を思い浮かべた。


「はいっ...りんちゃんです」


店員が開けたカーテンの先、そこには体重が120キロはあろうかと言う、豚、いやトドのような嬢が立っていた。


「あ...?」


一瞬、違うな、と思って店員を見る。


店員はやはりプロ。

さあ、良い娘でしょ? といった感じで俺を見る。


「ああ......これね...」


さっきまでのやる気は消失し、これからの自分の行く末を占う。


(ああ......)



俺は力なく、そのりんちゃんについて行った。


「混んでたでしょー。」


思ったより、りんちゃんは気さくだった。

あれやこれやと話題を振り、俺のダークな意識を奮い立たせようとする。


(ああ....)



俺は彼女の話題にそれとなく答え、しずしずと服を脱いだ。


こんな時、俺は女には優しい。


ブスだからとか、太っているから、とかで差別する事は無い。



俺は愛想笑いを振りまきながら、彼女に導かれシャワーを浴びた。


「はい...」


ぼおっとしていた時、りんちゃんが声を出した。


(!!!)


服を脱いでも太っているものは太っている。

俺の太ももほどはありそうな二の腕が目に焼きつく。


(あわわ....)


彼女が形ばかりのシースルー下着を脱いだ。


(ああ....)


このりんちゃん、太っているくせに、胸はあんまり大きくなかった...


良くてDカップ。


(そんなー....)


唯一の楽しみが...とうなだれる俺。


自然とマットの上、倒れこむようにうつ伏せの姿勢になった。


「はい...いい?」


りんちゃんの身体が俺の身体に覆いかぶさる。


むにゅ.....


ザ、肉の感触。


(うう...........なんで....)


ぽちゃ好きなら嬉しいのかもしれないが、スレンダー好きの俺にははっきりいって罰ゲーム。


(でも....)


人の良さがここでは悪い方向に出た。


「...ああ...気持ち..いい...」


俺は圧迫されていることが気持ちいいことだと、自分に言い聞かせた。


背中や尻のあたりがむにゅむにゅと刺激されていたが、ほぼ記憶に残らないほど、意識が薄れていた。


「はい、ひっくり返して」


彼女が言う。


俺はあまり積極的ではなく、仰向けになった。


上を見ると、りんちゃんが、りんちゃんそのままで俺に迫る。


(ああ.....)


嘆息していると、彼女の顔が迫る。


「んっ......」


唇が重ねられ、舌を吸われた。


(もう....どうにでも....して..)



俺は全てを諦めた。


彼女のする愛撫をままに受けいれ、快感だけを追求する。


(目をつぶれば.....)


気付くと目をつぶっていた。


(これは失礼かな....)


そう思うも、仕方が無い。


俺はりんちゃんがフェラをし始めると、目をつぶり、上戸彩を想像した。


(ああ....彩ちゃん...)


上戸彩が俺を責める。


りんちゃんは結構フェラがうまかった。


じゅるるっ.....


唾液を存分に使い、俺の亀頭を責める。


「ああ........っっっっっぁぁっ.....」


電気的な痺れと感覚が脳に伝わる。


(もう......)


いきそうだった。


(ああ....)


その時ばかりは、どんな女でも、気持ち良いことをしてくれる女はいい女。


そんな風に考えた。


twitterはこちら! 是非フォロー&「いいね」お願い....
(C)2020 体験談 :あたたら 無断転載禁止

<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント