年上の彼女の女子寮で浮気行為に及んでしまったこと - 官能な体験談・短編、フェチ話


年上の彼女の女子寮で浮気行為に及んでしまったこと

オリジナル官能小説を無料で公開しています!

■目次
 1.記事・アクセスランキング
 2.カテゴリ一覧
 3.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円で販売させて頂いています。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ますので是非!ご覧ください


① 話題の女性専用風俗に〜シリーズ、更新(9/15にその12を追加)しました。マッサージの域を超えて絡み合う2人...
" 初めての女性向け性風俗サービス_その12 シャワーを浴びた彼』はこちら

②仕事に困り、美熟女への奉仕の道を選んだ彼は〜性感モノ長編を大幅リニューアルしました
『スケコマ師 太一 美熟女へのマッサージと奉仕編』はこちら

③女性向け、エステものをリニューアル中。川崎駅前で声を掛けられたOL悠美は…
『花よりだんごエステはいかがですか その1』はこちら

④女性用性感マッサージ師、今西に依頼してきたのは人気女優の宮野ひとみ。 過去長編をリメイク中です
" セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1はこちら">『セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1』はこちら

⑤『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”最新話10話を公開しました。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

⑥歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら



カラダにイイ男1 10/7まで期間限定無料

誘惑1 10/1まで期間限定無料

彼女のヒールを脱がせたら(フルカラー) 1巻 9/23まで期間限定無料
FC2ブログ

年上の彼女の女子寮で浮気行為に及んでしまったこと

少し前の話になるが、二十歳の頃、年上の看護婦と付き合っていた。




彼女は香奈、と言い6つ上で、知り合ったきっかけは地元の祭りだった。



青年部主催の打ち上げで、酒やつまみを用意して忙しそうにしていた彼女に声を掛けたのがきっかけ。





その時は、童顔で、幼く見えた香奈が、まさか自分より6つも上だとは思わなかった。






香奈は、西巣鴨駅近くの寮で一人暮らしをしていた。





その寮は、御茶ノ水にあるでっかい病院の看護婦に用意されたもので、独身で、若い看護婦がたくさん入っていた。





当時、大学生だった俺は年上の香奈に夢中。





毎日のように会って、するだけでは足りず、ちょくちょく、男子禁制の彼女の寮に忍び込んでは逢瀬を繰り返していた。




そんなある日、いつものように勤務帰りの香奈と待ち合わせた俺は、そのまま彼女の部屋に潜り込んだ。





非常階段を上がり、先に上がった香奈に鍵を開けてもらう。





こっそりと忍び込んだ女子寮は、たいていが静まり返っていた。



「ぁぁ.........」





いけない事をしているという自覚が、興奮を呼んだ。





そしてその日はそのまま酒を飲んで寝いる。


香奈は早出だからと言って、朝早くに出かけて行った。




「ふぁ...」




昼近くに、目が覚めた。





あたりはシンとして、時計の針の音以外は聞こえない。




香奈の周りの部屋の住人は皆出払っていると考えた。




「行こ...」





俺は彼女の部屋の扉を開けると、いつものように静まり返った廊下を見た。





人の気配は無い。





そぉっと、だが普段よりは大胆に外に出る。





ガチャ...





静かに鍵を掛けた。





その時..




ガチャ....





物音がして、隣の部屋のドアが開きかけた。




(まずいっ...)


慌ててドアを閉める。



(ふぅっ....)


何とか気付かれずに済んだ。



そして覗き穴から外の様子を見た。





肩くらいまでの髪の毛を下ろした女性。



普段着で、ちょっと外に出た、という感じ。





パタパタと歩き、新聞紙をもって戻ってきた。


(あの人が戻ったら...)





そう考えて身構えていると、なんと香奈のドアの前、ドア1枚を挟んで向こう側に立った。


...コンコン


2回、彼女はドアをノックした。


「いるのー?」


と声をかけ、そのままドアを開けた。


「あっ....」


思わず声が出た。


玄関で立ち尽くす俺と彼女。

同様に、向こうも驚きの表情をして固まっている。



しまった、と思った。


この寮で誰かに姿を見られた事が初めて。


しかも、香奈の部屋の中。

誰の関係者で、どういった目的でいるかは丸わかり。


「い...いやっ.......」


まずいことになった...

おどおどとして混乱する俺に、その女性が言った。


「ふぅーーーん.......」


じろじろと俺を眺める。


「ふーん..君が、香奈の年下のカレね?」

その女性は茶色の髪が特徴的だった。


年は20代半ばくらい。

香奈を名前で呼ぶあたり、それくらいなのだろうと推測した。


「こ....こんにちは..」


とりあえず挨拶だけはしておく。


「あー。こんにちは、私、香奈の同僚の久美っていうの、よろしくね?」

「香奈は? いない?」


明るい、だが少しツンっとした感じでそう言った。

「い...いや...仕事に、行きました。」



明らかに香奈とは違う年上の女。


自然と言葉遣いは敬語になる。


「ふぅーん.......」


相変わらず俺をじろじろと見る。


「な....なんスカ?」


思わず声に出た。


すると彼女がこう言った。


「ちょっと...いい?」

「ねぇねぇ....」


彼女はドアを閉めて靴を脱ぎ、ズカズカと香奈の部屋に入り込んできた。


俺の腕を持ち、ぐいぐいと引っ張る。


「ちょ...ちょっと...」


腕に力を入れて、やすやすと従った訳では無かったが、ろくに抵抗も出来ず、彼女の言うなりになった。


「ね、座って!」

「いろいろ..聞きたいの」


彼女は、香奈の部屋の中央部で、こっちを向いて言った。

「若いね......何歳?」

久美は少し眠そうに、目を擦りながらぼそっと言った。


時々チラチラと見えるTシャツの隙間、脇が甘い。


(困る...)


目のやり場に困ったが、至近距離で向き合っていると、どうしても胸元に目がいく。


「は...二十歳です....」



おどおどとして答えると、久美はケラケラと笑った。

「やだっ...6つも年下?」

「へぇ......」


珍しいものをみるような視線。



俺は何をしていいか、どう話をしたらいいか分からず、ただ彼女の淡々とした質問を聞き、短く受け答えをしていら。

だが、その間も、久美の脇の甘さ、胸元が気になる。


白いTシャツ。


そこそこに盛り上がり、俺を誘惑した。


「......ねっ....ねぇっ...」


彼女の胸元をぼおっと眺めていて、少し意識が飛んだような気がした。


久美が俺に呼びかける。


「は.......はい?」



慌てて応答すると、じろっとこちらを睨んでいた。


「.....さっきから...」


「胸....」


ドキッとした。


「私のーー、胸ばっか見てたでしょ」



心臓がばくばくと急激に高鳴る。


(ああ....)


「えっ......あっ......いや.......はい..」


「いえ.....」



実際に、まさしくそうであったから、何て返して良いか分からずに狼狽えた。


「エッチ....」


彼女は短くそう言い、蔑むような目で俺を眺めた。


「別に...いいけどね。」

「6つも下のコに見られても...」

「なんとも...」


そう言って、彼女は自らの胸に手を当てた。

左手の平が、むにゅっと沈みこむ。

厚手のシャツを通して、膨らみが浮き出た。


(ぁぁ......おっぱい....)


俺はそれをじいっと眺めていて、彼女の胸の動きが不自然に柔らなのに気付く。

何も着けていないかの如く、たるんっと揺れる。



「あっ.......?」


口がパクパクと開いた。


「久美さん......も...も...」

「もしかして....ノーブラ......?」


途中まで言うと、久美が笑いながら言った。

「ん?....」

「ですよ?」


フフフと小さく笑い、もう一度胸元を押した。


今度は横の方から、見せつけるようにゆっくりと


「ぁぁぁ.....ぁぁ.....」


「ぁぁ....」


情け無い声が自然と出た。



彼女の手が上から下へ、ゆっくりと動く。

むにむにとして、押された部位が下に膨らんだ。


「ふふ.....可愛い....」


「ね..........見てみたい?」



目の前の美女が思惑的な表情を浮かべた。


「えっ..?」


俺はハッっとして彼女の顔を見て、再び胸元へ。


「ここ.....」

彼女が親指と人指し指で肉を挟むように摘んだ。


(見る.....って....)



「ん......ん....」


俺は十分な言葉を発する事ができずに、ただコクコクと頷いた。

久美はそんな俺をじいっと見ていたが、やがて

「.........」

「あはは....冗談よ..」



久美は胸元の手を取り去ってそう言って笑った。



(なんだ.....)


俺は心底がっくりした。

ふぅっとため息が出て、緊張感がほぐれる。


ここが、彼女の、香奈の部屋だという事も忘れて。



「でも......」


「..............」



久美はそのまま黙った。

(でも....?)


彼女の思惑を推察する。



しばらくして、


「昨日は......」


「香奈と.....シタの?」



おもむろに聞いた。


「えっ....? シタって、何を?」


俺は急な展開に狼狽えた。


「分かってるでしょ...」

「エッチなこと..」



ぼそっと言った。



そして久美がゆっくりと両手を床に着いて、上半身だけ四つん這いの姿勢をとる。


「ぁ......ぁ.....」


胸元が緩く、彼女の谷間が見えた。

ゆらゆらとして、下方に伸びる乳房が少し動いた。


「ねぇ....」


じりじりとこちらににじり寄る。


「ぁ.....ぁ........」

「昨日は......シテ..ないです。 飲んで、寝ちゃって..」



俺は視線を外せないでいた。

首筋から伸びる肌。


細いシルバーのネックレスの揺れる向こう、胸の半分程が露わになった。



「ふぅん.......そう....」


「じゃあ...シテみる?」


久美がぐいっと頭を寄せた。


顔が30センチ程の距離にあり、少し顔を動かせばキスできそうだった。


だが、今は視線が胸元に固定。


柔らかそうな固まりを見て、香奈よりも大きいかな、なんて不謹慎な事を考えた。


「見ても....いいよ?」


久美が肩をすぼめた。

さらに胸元が緩くなり......



(ぁ.........)


Eカップ程の固まりの先に、10円玉大の薄紅色の乳輪。

それが見えては隠れ、を繰り返す。




(おっぱい.....)




生唾を飲んだ。


もう、ここまで来たら....



と半ばヤケクソ




「いい?」




と一言だけ断って手を伸ばした。



肩をすぼめた向こう、腕と腕の間、垂れ下がったシャツのたわみの頂上部に触れた。




ふにっ.....




「やっ..............」




指先が柔らかな肉に触れた。


久美がびくっと反応し、さらに肩をすぼめる。




「や....やだ......」




頬が赤くなった。



俺の手は彼女の乳房の先端をダイレクトに触れたようだった。




「ここ....」





もう一度手を伸ばす。


身体をくねらせる久美。


俺は手をさらに伸ばし、さっきのポイントに触れた。


ふにっ....ふ...に..




今度は指を上向きにして、シャツを摘む。


「やっ........」




久美の言葉が発せられたのと同じタイミングで、指先が何かを掴んだ。


(ぁ.....これ.....)



柔らかな、ただ、確かな感触。

最初に強めに摘んでしまった。






「んん.........んんっ....」




久美が下を向き、低く短く呻く。





「久美....さん.....」



俺は指先の力を緩め、ふにふにとした固まりを捏ねた。




ふに......ふにっ.......


に.........



それは徐々に形を成した。




そして、手のひらに当たる、揺れるおっぱい。




香奈の、微乳と言ってもいいようなおっぱいとは対照的な、ゆらゆらと揺れるそれは、俺を夢中にさせた。




「ぁぁ......久美....さん....」



俺は手のひらをグーパーにして、その塊を揉みしだき、堪能した。


「ぅぅ......ぅぅぅ.....」


久美は口を真一文字にして、呻きをこらえていた。



「ぁぁ...久美さん...」


そのおっぱいを吸いたくなった。



四つん這いの彼女の下に仰向けになる。


ちょうど、浅いシックスナインの格好。

俺の口元が、彼女の胸元の真下になった。



「やぁ......エッチ...」


真下から見上げた彼女が、ぼそっと呟いた。


浅いシックスナインの格好で、互い違いの姿勢になった俺は、久美の胸元の真下から、上を見た。


目の前には覆い被さる彼女の白いシャツ。


ふわっとして鼻先に触れる。


くすぐったいようで、少し嬉しい。

生地からは、柔軟剤の匂いがした。



「俺……俺…………」

「たまんない…………ねぇ…… 」

「いいの?」



うずうずとして、どうしようもなくて、シャツ越しに尋ねた。


彼女は少しして答えた。


「あの……」

「名前、聞いていなかった。なんていうの? 君」


顔が少し動いた。


にっとして、少し微笑んだ表情で俺の顔を覗き見た。


「え……えぇ……堀場 たかし。たかし、で。」


少し動揺した。


見下ろされた顔に向かってキョドッて言う。


「ふーーーん…たかし君……」


「じゃあ……ね。聞くけど……」


「続けたい? ……このまま」


彼女の顔が少し意地悪になった。

ふんっとした息をを吐く感じ。


(続けたい…かって……)


視線を動かした。

重力で垂れ下がるシャツの胸元の生地。

生地自体は薄くはないが、その先にはさっき触れた柔らかなものがある。


(決まってん……じゃん……)


確かに少しの罪悪感はあった。

香奈の部屋、しかも彼女の同僚。

出会ってばかりで……


「んっ……ぷ…」


突然、柔らかな塊をが俺の鼻先と口元に触れた。


ふにゅっとして、柔らかい。


「ぁ…っ……」


そして、耳に伝わる久美の声。


視界は真っ白で何も見えない。

ただ、柔らかな感触が優しく俺を刺激した。


(ぁ…………柔らか……)


ふにゅ……

ふ……ふにゅ……


何度か繰り返して俺に触れた。


「ぁ……く…久美……さん…」


口を開いた。


その隙間にも容赦ない柔らかな膨らみ。

唇の隙間を肉が埋めた。



「んっ…んん……」

「ど、どう…して?」


少し動揺。


刺激が止んだ。


久美が腕を伸ばし、再び顔を動かした。

勝ち誇ったような表情。


「なんで……って。たかし君がー」

「して欲しそう……だったから」

「ね?」


そうして、にやっと笑った。


「ね、そうでしょ?」


俺は答えた。


「う……」

「うん…」


恥ずかしくはあったが、正直に答えた。


すると、久美が言った。


「もし、よければーー」

「………………」


「続ける?」


優しい口調だった。


「ん……うん…」


俺はそれにはすぐに反応した。


今度は顎を上げて、口元を上に伸ばす。


「く…久美……さんっ…」



彼女の名前を呼び、適当なところで口元を閉じた。

ふにゅっ…


唇と唇の間、柔らかな感覚がした。

そして、耳に伝わる喘ぎ。


「ぁぁ……っ……」

「ぁぁ……」


唇にさらに力を入れた。

「ん……っ…ん 。」


そのまま、ぢゅうっと力を込めて吸い込む。

生地の味と、そして、口の中で感じる確かな形。


ぢゅっ…………ぢゅぅ……ぢゅ…っぅ…


「ぁぁっ…………」


「いやっ…………」


久美が身体をくねくねとさせた。

顔全体に胸の膨らみがあたる。


「も……もう……」


心臓がドキドキとして興奮しきり、だった。

(触れたい……触れたい、触れたい……)


両手を伸ばす。

そして、久美のお腹の方から手を差し入れた。


「やっ……」


「ぁぁっ……」


手のひらがすぐに、柔らかな塊を捉えた。

指先を這わせていき、俺の唇が挟み込み、力強く吸っている先端部を目指す。


「ぁぁっ……」

「いやぁ……」


その先端部を捉えた。


(やった……)


十分に硬く、尖ったそれは、敏感に俺の指先に反応した。


さっき、シャツ越しに触れたのとは違う塊。

ぐにぐにとしてリアルで、愛おしかった。



「久美さん……」

「はぁっ……はっ…」

「ぁぁっ……はっ……」


異常な興奮が息を粗くさせた。


(したい! したい! したい!)


もう止められそうになかった。

そこが香奈の部屋だろうが、どうでもよく、ただ目の前の女としたい。


後は強引にしてしまった


「久美さん!」


手を大きく動かして、シャツをめくり上げた。


「やっ! ぁぁ…」


久美が反応して言葉を発した。


ぼろんっとして突然現れた膨らみ。


俺はそれをざっと見ると、その先端部、色の違う点に吸い付く。


「ぁ……っぁ…ぁー」

「ちょ……っちょっと……ぁぁ」


俺の手はすでに彼女の下半身へ。


股の間から手を入れた、スゥエットに手をかけた。


力を込めて、引っ張る。

「ぁぁっ……」


胸を吸いながら、視線を上に向ける。


脱げたスゥエットとその下の黒の下着、そして、白い肌と黒い茂み。


それは一瞬で、全てが動いて見えた。


「久美さん! 久美さん!」

「ああああっ……」


俺は訳の分からない言葉を叫びながら、目の前の身体を貪っていた。


脱がした彼女の部分に吸い付き、ただただ舐める。

強引に足の間に割り込み、その隙間を弄り、舐めた。


「やっ…………ぁ……ぁぁっ……」

「だ……だめ……た……たかし…君」


久美が手で股間を押さえた。


ただ、サカリのついた俺いはそれは無意味だった。


ぢゅ……

ぢゅるっ…… ぢゅるるっ……


ひだを吸い、唾液を送り込んで、そこをさらに吸った。


手で太ももを抱え込むようにし、上から下まで、舐めては吸い、唇でつつく。


「ぁ……ぃ ……ぃや…」

「ぁぁ……ぁぁ……」

「んんっ……」


久美の抵抗が止んだ。


ぐったりとして、俺にされるがままに身体を委ねていた。


そして、いつの間にか、俺の股間をさすり、モノを取り出して愛撫する。


「ぁぁ……たかし……君……」


「ぁぁ……っ……」


さわさわとさすり、何度も口づけされた。

竿を舐めて、甘く噛み、そして吸った。


「ぁぁ……く……久美さん……」


早く、早く肝心な部分を欲しくて、懇願する。

「ねえ……ねぇ……」


先端を……早く……


その焦りが腰を上に突き上げる。

「ねぇっ……ね……」


必死だった。


ぐにゅっ…… ぐっ……ぐにっ……


何度か何かに当たった。

それは、おそらく久美の手であり、顎や頬であったと思う。


そして、何度目かの突き上げで、


にゅっ……

「あっ! ぁぁ……」


柔らかな、暖かいものに包まれた。


「ぁぁ……ぁぁー…… 。最高……」


全てが包まれるような感じ。


身体の力を抜き、しばらくうなだれた。


「ふふ……」


久美が咥えながら、小さく笑った。


そして、唇と口の中が動く。


ぢゅっ……

にゅるっ……にゅっ……にゅ……


ぢゅるっ…… にゅっ……


ぢゅぽっ……ぢゅぽ……ぢゅっ……っぽ……


音が変わり、続いて伝わる激しい快感。


「ぁぁ……久美さん……俺、俺……」


たまらなかった


彼女が口からモノを出したのを機に、身体を起こし、姿勢を変える。


白い尻を押し、接合部を合わせていく。


「ぁ……た……たかし…君…」


久美が振り返った。


口が半分開き、悩ましい顔をしていた。


「このまま……」

「いい……?」


取り敢えず聞いた。

だが、それは決まっていた。


「ん……」

「うん……」


久美が尻を突き出した。

俺のモノが尻の柔らかい肉で覆われる。


(ぁぁ……)


ふにゅっとして心地よい。


「久美さん……もっと……」


今、俺は彼女に支配されていた。

どうされるのかも彼女次第。


こちらをじっと見る久美の顔を眺めた。


「ふふ……」


久美が前を向いた。


そして、そのまま下を向く。


彼女が今、何を見ているのか分かった。


「い.........ぁぁ.........ん...」


「っ...ぁぁ.......」


ヌメッとした感触が先端当たった。

そしてぬめぬめとしたまま、優しい圧力を受ける。


にゅっ........


にゅる..........


「ぁっ........」


圧力が解放された。


跳ね上がった反動で、中に吸い込まれる。


「ぁぁぁっ.......く....久美さん...」



うねうねと、包み込んだ肉が動いていた。


「ぁーーーーー..」

「ん....」


久美が再びこちらを向いた。


にやっと笑っている。

「シちゃったね..」


俺の顔を見ていた。


「エッチ...」


前を向き、腰を動かした。

彼女の細い腰がくねり、刺激を伝えた。


「ぁぁ....た..たかし君.......」

「ぁぁぁ....」


久美の尻の肉がふよふと、俺の下腹部を押した。

twitterはこちら! 是非フォロー&「いいね」お願い....
(C)2020 体験談 :あたたら 無断転載禁止

<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント