女性向け・体験談等、様々な短編・長編のオリジナル官能小説・ポルノ小説を無料公開しています。 twitterはこちら! 風呂場で嫁に手コキされ - ~に関してのお話(体験記・官能小説)

■目次
 1.トップページ
 2.記事・アクセスランキング
 3.カテゴリ一覧
 4.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円~で販売。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ます!

①【更新】話題の女性専用風俗に〜シリーズ最終話、2/6に更新しました。
 初めての女性向け性風俗サービス_その16』はこちら
②スワッピング=夫婦交換を題材にした新作です
 『スワッピングしま専科 その1』はこちら
③歴代No.1アクセス数作品、最新話5話を追加しました!
 『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④女性用性感マッサージ師、今西と女優の宮野ひとみ。
 セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感>
★ブログランキングで上位目指して頑張り始めました。 以下のバナーを1クリックお願いします!
小説(官能小説)ランキング
FC2ブログ

風呂場で嫁に手コキされ

風呂場で嫁に手コキされ


誰トクの話だが勝手にしたい。

昨日、嫁と一緒に風呂に入っていたら手コキされた。

それは以下のような状況でして……


普通にシャンプーをしていた。
銘柄はサクセスの男性用シャンプー。

最近のお気に入りなんだが、それでシャカシャカと頭をこすっていたら後ろからいきなり。


「ねーぇ…」

俺の股間に手が伸びてきた。
そしてそれはむにゅむにゅと触りだす。

「おい」とか「やめろ」と頭をシャカシャカしながら反応した。


最初のうちはエロモードじゃ無かったから、そんなには嬉しくない。(誰でも若い娘ならともかく、嫁に触られてもそんなに嬉しくないとは思うけど…)

だが、嫁の手の動きは止まらない。
勝手に反応し、大きく硬く、完全な形をなした俺の息子がいじられ放題になった。

「ちょ…ちょっと…」


俺は頭を洗い続けたが、生理的にやはり気持ち良い。


嫁はしごき続け、「わぁ」とか「大きい」を繰り返す。


「こらぁっ…」

急いでシャンプーの泡を流すと、振り返って嫁の方を向いた。

少し笑顔でいる嫁。

勃起した状態だと、いつも見慣れた裸がなんか艶かしいものに思えた。

「なんで…」


突然の手コキの理由を聞こうとするが、嫁は手を止めない。

真正面に俺を見ながら、コキコキと上下にしごき続けた。


「ちょっ…と…ぁぁ」


たまらず、我慢出来ずに、目の前の乳房に吸い付く。

「んぁぁ....だめ」

勝手に手コキしときながら、嫁はそんな風に言葉を発した。


「んっ…ぁぁぁ」


俺はお返しとばかりに乳首を結構強く吸う。


舌先で転がし、歯で軽く噛んだ。


「やっっ…ぁぁ」

「だめぇ…」


嫁が手コキを加速した。


俺も高まり、そのまま。

「あーーっっ…いく、いくっ…」

「い………っく…」


精液を嫁のおっぱいに放出した。


「ふっ…ふぅ……ふっぅ…」


大きく、肩で息をする彼女。
俺の方をぼおっと眺め、指先で白い精子の塊をなぞっていた。


後はお返しに手マン。
しばらくして、絶叫し、果てる彼女

イッた後に、嫁が「あー変な感じ」と言っていたのが印象的だった。(転載)


2017/4/26 新規掲載
2019/6/24 更新、追記

アマゾン/KINDLEで新作公開しています!
俺は某大手百貨店の外商なんだが、顧客の人妻に電マを持っていったところ (あたたら文庫)

(C)2021 体験談 :あたたら 無断転載禁止


<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント