女性向け・体験談等、様々な短編・長編のオリジナル官能小説・ポルノ小説を無料公開しています。 twitterはこちら! 芸能人みたいな美女の提案_レクサスLS乗りの女に轢かれた その1 - ~に関してのお話(体験記・官能小説)

■目次
 1.トップページ
 2.記事・アクセスランキング
 3.カテゴリ一覧
 4.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円~で販売。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ます!

★ 【日々更新】初めての不倫、相手は一回り歳下の童貞男子_執筆始めました
こちらから
①【更新】話題の女性専用風俗に〜シリーズ最終話、2/6に更新しました。
 初めての女性向け性風俗サービス_その16』はこちら
②スワッピング=夫婦交換を題材にした新作です
 『スワッピングしま専科 その1』はこちら
③歴代No.1アクセス数作品、最新話5話を追加しました!
 『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④女性用性感マッサージ師、今西と女優の宮野ひとみ。
 セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感>
FC2ブログ

芸能人みたいな美女の提案_レクサスLS乗りの女に轢かれた その1

交通事故からのエロ体験。
漫画とかじゃよく有りがちなテーマなんだけど、実際に俺の身に起こったことなんだ。

美女が運転する車に轢かれる

釣具屋に行こうとして、のんびりと歩いていたら、手前にあるカーテン屋の駐車場から出てきたシルバーのレクサスLSに轢かれた。

原因は完全な先方の前方不注意。


俺は右前方をぶつけられて、身体一つ分ほど吹っ飛び、街路樹に打ちのめされた。



「っつーーーー....!」




頭がぐわんぐわんしてぼおっとする。




「っくっそ...」





一瞬、何が起こったのか分からなかったが、車から人が降りてきて、とっさに俺に駆け寄るのを見て、




(ああ、こいつに..轢かれたんだ..)



と考えた。


降りてきたのは女性。
白いチェックを着た若い女性だった。


髪の毛は僅かに茶色く、肩ぐらいまで。黒のサングラスを掛けている。



「す....すみません....!」


女性はサングラスを手に取り外した。
顔を出したのは美女



男が見て10人中、9人は美人、というような女だった。

その彼女が俺に声を掛ける。


「だ...大丈夫....ですか?」


俺はそう言われて身体の具合を確かめた。



(ぁぁ...)


腰が痛い。
そして、街路樹にぶつかったせいで背中も痛かった。




だが、死ぬほどか、救急車で運ばれるほどか..と言われると何とも言えなかった。


「ああ...大丈夫...救急車呼ぶほどじゃ..」


よろよろと立ち上がった。
だが、事故は事故。被害者としての意識から思いついたのが、


「じゃあ..警察を...」



呟くように言ったんだが、そう言った瞬間、彼女の顔がこわばったように見えた。




「あ....あの...」


彼女は自分の車の右前を確かめた。
幸い?にも車側には何の傷も無かったようだった。


傷ついたのは俺の方だけ。

「あの.......」

「あの.....ちょっと.....」



彼女が口ごもっていた。


俺と、たまたま通りかかってこの事件を目撃した通行人に見られ、まずそうな顔をする。


「ちょっと...駐車場で...」

彼女は話をしたいと言った。
色々...と、と。


そして車に乗り込み、バックして元いた場所にもどる。


そこで話をしたい、と言った。


「いいけど...」



俺は彼女自身に胡散臭いものを感じながら、それに従う事にした。


ただ、一応保険は掛けた。

たまたまそこにいた通行人の兄ちゃんに連絡先を聞く。


「ごめん..もし、揉めたら証言してくれないかなぁ..」


そう頼むと、彼は快く承諾した。
彼もなんか変なものを感じたらしかった。


メモに電話番号を書いてもらった。
俺は彼に礼を言うと、駐車場に向かった。


駐車場では彼女が車から降りて俺を待っていた。

「すみません....暑いんで中へ..」


彼女が助手席のドアを開け、俺を中に座らせた。


ついで、彼女自身も席に座る。


「........」

クーラーがガンガンに効いていた。


しばらく、2人何も言わず、ただそのクーラーの音が響いていた。


「あの.....それで...?」


向こうが何か話し辛そうだったのでこちらから話しかけたんだ。


すると、隣の席のすらっとした彼女がこっちを向いた。


(ぁぁ...美人...)


こんな状況、自分自身が被害者という立場じゃなければ、ただの恋人だったとしたら、何て幸せだろうと考えた。


芸能人と言っても過言で無い美女
それが隣にいた。


「もしっ......」

彼女が口を開いた。

「もし...ですよ....?」



だがそこで言葉が詰まった。
胸に手を当てて呼吸をしている。


(もしかして.....?)


話掛けてみた。


「警察にーーーー。言ったらマズイ?」


そうだろうな、と思う事を聞いてみた。
彼女がはっ、と目を見開いてこっちを見た。


「ああ.....そう.....」


なんか事情がありそうな気がした。

しかも車はレクサスLS、内装だって一般仕様じゃ無い。


それをこんな若い女性が、と考えた。


「事情が...あるんだったら、相談には乗るけど...」


「俺だって、轢かれてるしさ...」



腰のあたりをさすった。
ズキズキとして痛み、背中にかけて筋が張っている。



「ええ......でも..」


彼女はもごもごと言った。


「理由は...?」


「それに....よるけど...」


「..........」



彼女は答えなかった。
俺は少しイラついて言葉を継いだ。



「あのさ...さっき、一緒にいた兄ちゃんのさ、連絡先聞いといたんだよ。」


「なんかあったら証言してってね。」


「だから、できれば...早いとこ...警察とか..」




脅すつもりはなかったが、彼女にとっては十分な程に効いたらしい。

「あ......いやっ....」

「そんなっ....」


大きく反応し、その後下を向く。


「分かり...ました....」


ぽつり、と話始めた。


「この車....私のじゃ..ないんです。」

「知り合いの...車でして..」


「あの....その.....」


喋り出してまた止まった。

「事故ったのがーーバレたらマズイ?」


聞いてみた。
少し沈黙、そしてしばらくして頷いた。


「ええ....」


消え入りそうな声だった。


「車にもーー傷は無いしーー」

「俺が黙ってたら...いい?」


隣の美女の目を見る。


彼女は最初の内は前をじっと見ていて、途中から俺の視線に気付いた。


「ぁ....」


と小さく呟いて、俺の目を見る。


「いいけど....」


視線を外さずに、言った。


「ただ.......」


彼女の目がぱちくりっと瞬いた。

「ただ...?」

不安そうに彼女も繰り返した。


■提案


「普通ならーーーー」


一呼吸を置いた。



「普通なら、やっぱり、警察呼んだり、救急車呼ぶよね。だってーー」


「実際に、身体痛いし、頭だって打ってるしさ..」



腰と頭をさすって見せる。


「..........」

彼女は唇を横に結んで押し黙っていた。
そして何回か口を僅かに開いてパクパクと、その後に少し低い声で言った。


「お金は.....ありません...」



(!)


俺は手を前に伸ばし、横に振る。



「いやっ...俺はお金なんか求めてる訳じゃなくて...」


「ただ..なんかあった時にさ..」



その時の俺は正直、特に変な要求をするつもりは無かった。


金銭を暗に要求するだけでも脅迫になるなんて事は承知の上だったし、そういうつもりもない。



ただ、自分自身が受けた仕打ち、それについての将来的な不安が除いておきたかった。


もういい、なんて善人ぶって許したとして、しばらくしてどこか痛くなった時に保障てくれるものは何なのか、と考えると相手が美人、不美人であるに関わらず安易に譲るわけにはいかない。


(まあ...確かにとんでもない美人なんだけれどもな..)


俺は隣に座る彼女の身体のラインを見た。
華奢な身体の割には盛り上がった胸。


スタイルの良さは見たままで分かる。



(悪い気を起こすのもな...)


ふと気弱になる。


(いや......)


すぐに思い直した。


「やっぱり......」



「警察に行った....方が..」


そこまで言いかけたところで遮られた。


「だっ...!」

「だめなんです....」


「どう....しても.......」



美女が肩で息をしていた。
俺の目を見つめて表情が固くなる。


「だめ.......」


いつの間にか彼女が俺の手に触れていた。
左手の4本の指をぎゅっと握り、揉み、さする。



「だめ...ですか.....?」


眉毛が困ったようなハの字形になっていた。
懇願するような感じで口を開く。


(こい....つ...)



手を握られてしばらくして、相手が何を言わんとしているのかが分かった。


(そんなに...)



少し冷めた目で相手を見る。
事故を起こし、警察や救急車を呼ぶのは困るような事情。

別に死亡事故でもなんでも無い、ただの接触事故程度で.....


そんな女が俺の手を握り、懇願する。
その先に提示される事は大体想像がついた。


(本当に...?)


三流ドラマにあるようなシチュエーションが今まさに目の前で起きようとしているように思えた。


しかもその相手は滅多にお目にかからないような美女


ごくんっ..


(ぁぁっ...)



想像してしまった。
まだ、何を言われるか、されるか分かりもしなのにその結末を想像した。



そして、そういうのも悪く無い、と考える自分。


「……………」


「いいけど.....」



口から言葉が漏れた。
同じようなセリフをさっきも口にしたような気がした。



たださっきと違うのは互いの間で不穏とも言える微妙な空気が流れているところ。


握られた俺の指に汗のようなじんわりとした湿り気を感じた。



どちらからとも無く、何かを言い出すのを待っている感じだった。


(どんな.......どんな......)



頭をフル回転させた。


(こういう時、どんな言葉が良いのか....)



考えた末に発したのは、相手に委ねる、だった。


「ど.....ど...どうすれば....?」



握られた指を見て、その後はその指を握る彼女の細い腕、肩、顔を見る。


言い終わった後で相手の反応を待った。


「.........」



彼女は黙っていた。


相変わらず俺の指を握る手には力が込められていて、じとっとした汗を感じていた。


その指の力がふっと抜けたかと思うと、彼女の口がようやく動き出す。

「..........」

ふぅっ、と彼女は小さくため息のような呼吸を吐いた。



「分かり...ました」


「あ.....え...と、お名前..は...?」



名前を聞かれている事に気付き、答える。


「三沢です。」


彼女が少し頷き、息を吸った。


「三沢さん.....この後...お時間、あり...ますか?」


途切れ途切れに言った。



(!)


さっき想像したような事が起こり始めているのが何と無く分かった。


それを押し止めようと思えば出来そうだったが、俺はその場、欲情に流され、止めなかった。


目の前の美女が自らの意思で、自分の身を差し出すのを待っていた。


「ええ...ありますけど...何か..?」



降伏を申し出る敵国の王女を見下ろす勝者の感覚。



相手が女であるが故の精神的な圧迫。





俺は意地悪く、言葉で彼女をいたぶった。

敢えて興味を持っていないような、気付かないような体で相手から屈辱の申し出をざせる。


彼女が口を開いた。



「.......三沢さんは....」

「女性が...お嫌いで....?」


彼女の右手がその胸をなぞっていた。




目にした先の豊かな膨らみ。
白くて細い指がさっきとは違って艶かしく見えた。



「いえ....そんな事は...」


俺はしばらくの間、その指の動きと指先が押し出す膨らみの動きに目を奪われていたが、答えを返した。



もう、さっき想像した事が現実になり始めているのだとはっきりと意識する。



「では.........」

「わ....わ...私....でも......?」



声が震えていた。
小さく、か細いそれが彼女の口から放たれた。



■そして2人きりになる


彼女からの申し出。

それは、降伏を申し出る王女の自らの身を相手に差し出すことにより温情を乞う事に他ならなかった。


事故を起こした相手への申し出。


すなわち、警察に連絡しない事への代わりをさした。


(どう...しよう..)


彼女の申し出を一生懸命に理解しようと試みた。


そして色々考えて思考する。
背中の痛み、頭の奥の方の痛み..


色々を考慮した末、呻くように言った。



「あ...あなたが....?」



俺は無遠慮に相手の顔と身体を眺めた。


こんな近くでこのレベルの女を眺めることなんでまず無いだろう。


自分の手の中に堕ちるか堕ちないか、それが俺に委ねられていた。

「は......い...」



彼女が俺の問いに対してコクンっと頷いた。
そして押し黙る。




俺はまた少しして答えた。


「あ.....あなたが...望むのなら...ね..」



声が震えたのは俺が善人であった証かもしれない。


彼女はそれを聞くと、

「ありがとう....ございます.....」


と言い、頷いた。



(ありがとう...か...そうだな...)


相手の身体を差し出すように暗に匂わせて、その相手から礼を言われる。


変な事だとは思った。


ただ、車内に充満するこのげ妙な空気の中、それは許される事のような気がした。



そう、これは求めたんじゃ無くて求められた事...


悪い事をしているような気持ちはそれで解消出来そうだった。


ガチャッ....


俺の指を握っていた彼女の手がシフトレバーを握り、車を動かそうとする。


駐車場を出て、車は環状線沿いを進む。
車内は当然のように無言。


静かな車内でエアコンの音だけが響いていた。


(これから....)


自分と彼女がこれからどうなるんだろう、と考えた。


「え...と、どこへ...?」



助手席から彼女を見て言った。

「....」

一瞬だけこちらに視線を向ける。


だが何も言わず、前を見て、少しアクセルを吹かしながら言った。


「ホ...ホテルで....いいですか...?」



少し声が震えているような感じだった。



(ホテル....!)

妄想と想像が現実になり始めていた。
一方的に俺の方が上の立場でホテルに行く。しかもとんでもない美女と。



「い........いいの....?」



何度でも確認する。




「え...ええ...」


少し戸惑うように彼女は言った。
そして言葉を続ける。



「ただ.......今回の事は...」




信号待ちで車を止めた。
懇願するような目でこちらを見る。




(まあ....いいか...)



「うん....分かった...」


「誰にも.......言わないから」




俺はそう答えると、右手を伸ばし、彼女の左太ももの上に手を置いた。



「や.......」




一瞬、びくっと反応して動く。
だが、拒否はしない。



「...........」



「分かった.....」




俺はもう一度そう答えると、指先を動かした。


に……


にに……



肉を揉み、その内側へ指を滑らせていく。




無駄な肉の無いそれが、俺の手の動きに合わせて形を変えた。



「ぁ.....ちょ....っと...」



「や......」


「運転中.....ですから...」




弱々しい力で俺の手を押しのけようとしている。


だが、本気では無い。



その理由は、俺がするからなのか、足が弱いからなのか、どちらかは分からない。



運転しながら、足を閉じ、そして広げて、弱々しい抵抗をする。



俺の指先が内股を蹂躙し終えた後、更にその奥までを目指した。



「だって………」


「どうせ………ねぇ?」



一度だけ彼女の顔を見る。
そしてその表情をかくにんし、また足元へと視線を移した。



行為を続けた。



に………む…


に………




さわさわと動かし、内股を超えてもも全体を揉みまわす。


その後である一点に向けてねじ込んでいく。


「ん…」



「っ......ん....ん...」




彼女の下着のへり、その奥の少し湿っぽい部分まで到達し、指の腹が撫でた。



「ん.....ちょ.....っと...」



「だ……め…」


身をくねらせて反応する。


しゅ……

しゅっ......しゅ....




指先が、下着の布地と擦れ合う音が聞こえる。力を入れ、その隙間からねじ込んでいく。



「ん...や.......やだ.......」


「や…」



彼女の左手と、俺との攻防が続いていた。



下着の中に入ろうとする指とそれを防ごうとする手。



(ぁぁ...面白ぇ....)



俺は目の前にいる美女、自分自身が指先で弄んでいる女を観察した。



決して派手では無い、美しく整った顔立ち。
それが、指先の動きで表情を歪める。



「ん......んんっ........」



「いや....」



「んっ...」



泣きそうな顔をしていた。


ただ、その表情が普通じゃなければ無いほど、俺自身の興奮を誘ったのは言うまでも無い。




指先が侵入に成功した。
後はその先を探ってひだ状の部分を確かめ、ほじる。


ぬ……


ち………


ぬ....ぬ.....ぬち...



細かく、いやらしい手つきで同じ動作を繰り返した。


「あ…」


「や....や......っ....んん...」



「ん...ぁ....ぁ.......」



最初のうちは単なる湿り気。
だが、やがてぐちぐちとしたぬめりがではじめる。

そしてどこかからじわぁっとしたものが染み出してくる。




「やだ....」



「や…だ…」


ひどい事をする、というような目で彼女が俺を見た。



「もうすぐ...着きますから...」


そう、彼女が言った時、車は減速し始めていた。


煉瓦で形作られた門をくぐり、ホテルの駐車場へ。



「そう...だね.....」


「もう、着いたからね…」



残念、と言った風でため息を一つつき、そう言った。


だが、その時には中指の第2関節までが彼女の中におさまっている。


温かくて、柔らかい。

そこで、卑猥な、いやらしい音を立てている。


「あなたも....早く...したいでしょ..?」


「もう…こんなだし…」



自分自身、普通じゃ考えられないくらい大胆で、サディスティックになっているのを自覚する。

それは被害者だ、と言う気持ち。そして相手が美女だから、と言う状況のせい。



彼女の顔をじっと見た。


「い.....」


「え....ぁ...そんな..ことは..」



「んん……」


彼女は表情を歪めた。


そして身体をくねらせ、俺の指の動きに耐えている。



「部屋に行く前にーーー」


「ここで気持ちよくする?ねぇ?」



意地悪にそう聞いた。
そして指先を動かし位置を変え、その入り口の部分、クリトリスを刺激し易いようにしてさらに動かす。



ぬ……ち……

にに…っ…に…



「んん……」


「ぁぁぁ……だめ…」


「だ…め…で…っ…す…」



「あぁぁ…」



ラブホテルの駐車場で彼女は低い声で呻いた。そして俺の方に身を倒し、そのまま身体を寄せた。



「………」


「じゃあ …このまま続けちゃうよ?」




彼女を見下ろし、そう言い放つ。
後は背中に触れ、ホックを探ってそのまま外した。



「なんか……」


「訳ありかな?」




あまりにもこちらが望む方向に進んでいること、彼女が従順な様子に不思議さを感じていた。


だが、状況としては言うまでもなく最高の展開だった。


俺は自分のしたいようにすることにした。
彼女を手マンしたままその胸元を弄る。


「ん……や…」


「ぁあ……」



乳房の塊を掴む。
そして荒々しく弄った。



「はぁ……だめ…」


「だめ……」



掠れた声で喘ぐ美女。


当初心の中にあった、控えめで善良な気持ちは消え失せていた。



(ぁぁ....最高...)



ただその事だけを考えていた。


■事情


ぐ……ち…

ち……っ……に…


レクサスの車内に指先と膣の触れ合う音が響いていた。


そして時間差で喘ぐ美女。



「っ……っぁ……」


「はっぁ……だ…め…」


「っめ……ぁっ…ぁ……ぁああ…」



上半身を傾けて俺の方に身を寄せ、ただ下半身をいじられている。

その足は次第に開いていき、スカートが捲れてあられもない太ももが露出していた。



ぐ……ち…


にに………っ…ちゅ………


指に触れるクリトリスの感じや、周囲の濡れ具合からいって、彼女がそろそろ果てそうだ、絶頂を迎えそうだ、と言うことはなんとなく想像がついた。


だがそれを思うと、指先の動きをわざとゆっくりとし、焦らすようにしたい、もっと遊びたい、愉しんでいたい、って強く思う。



「ねぇ……名前…聞いても?」



ふと、名前を聞いていなかった事に気付き尋ねた。指の動きをとめ、左手で彼女の上体を起こし顔を向けさせる。


「ぇ………はい…カナエ…です」


「っぁ………」



名前を言うと、この状況に恥ずかしさを覚えたのか彼女は目を背け、下を見た。


「ふぅん…カナエさん…」


「聞いていいかな?」


「どうして…警察に言うとまずいの?事故を起こしたら…まずいの?ねぇ?」




く…ち…



指の腹に当たるクリトリスの塊。
そこをじわぁっと押しながら尋ねる


「あぁ……」


「ん…………それは……」



喘ぎながら、小さな声で説明を始めた。
彼女が話した事は以下のような事だった。


・ある人間の愛人をしている
・あの車はその人間から借りているものだが車自体はその人のものではない
・自分が事故を起こすと色々とまずい


「ふぅん…」

「そうなんだ……あと、一つ聞いていいかな?」



く…っち……


指先を動かし始める。


「俺に身を任せてまでーー」


「内緒にしたいって言うのは分かるんだけどーーー」


くちち……


「感じ易いのは……どうして?」


「その人と……シテないの? SEX…」



きりきりと彼女の股間を圧迫した。
中指の腹を押し当て、手のひら全体を使って刺激していく。



「ん……。あぁ…はい…」


「ご高齢…ですから…ぁぁ…その人っ……」


「ふぁ…。っ…」



泣きそうな美女の顔が再び俺を見た。


「ぁぁ…だめ」


「だめ………っっ……もう…っ」


「はぁぁぁあ………」



エクスタシィの近さを思わせる反応だった。
足を大股開きにし、下半身をガクガクとさせている。

身を縮こませ、きゅうっと絞りながら、耐えている感じで。



「もう……イク?」



「イキ…そう?」




意地悪に、そう聞いて見ると、僅かにコクン、と頷いた。


(これは……)



興奮の中でも、頭の中は比較的冷静だった。



有りえない程の美女。
愛人関係の男性がいるが、そいつは年寄りで身体の関係は無いらしい。

そしてやたら感じやすく、従順。



(うまくーーーすればーーー)



ある考えが頭をよぎった。
カナエさん、この美女と一度だけでなく、継続的な関係を持ち得るかも知れないって。



ぐ……ち…


に…ちゅ……ぐぐ…ち……


手の動きを早める。
そしてより直接的に、大胆にしていく。


「あ、あぁ、ああ…っ…」


「はーー……ぁ…」



カナエさんは昇り詰めようとしているところだった。そして盛り上がりが最高潮を迎えそうだ、と思ったところで、


やめた



「続きは、部屋で…しようか…」


「うん……」




彼女のスカートから手を抜いた。


「え……。あの……」


「っぁ….」



呆然としたまま、激しく息を吐いている彼女。



「おいで……。」



俺は彼女を外へを誘った。
そして、ブラのホックも留めさせないで、車から降ろした。

その2を読む場合はこちら

アマゾン/KINDLEで新作公開しています!
俺は某大手百貨店の外商なんだが、顧客の人妻に電マを持っていったところ (あたたら文庫)

(C)2021 体験談 :あたたら 無断転載禁止


<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント