女性向け・体験談等、様々な短編・長編のオリジナル官能小説・ポルノ小説を無料公開しています。 twitterはこちら! 飲み会で保母さんを誘ってしてみた結果 - ~に関してのお話(体験記・官能小説)

■目次
 1.トップページ
 2.記事・アクセスランキング
 3.カテゴリ一覧
 4.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円~で販売。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ます!

①【更新】話題の女性専用風俗に〜シリーズ最終話、2/6に更新しました。
 初めての女性向け性風俗サービス_その16』はこちら
②スワッピング=夫婦交換を題材にした新作です
 『スワッピングしま専科 その1』はこちら
③歴代No.1アクセス数作品、最新話5話を追加しました!
 『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④女性用性感マッサージ師、今西と女優の宮野ひとみ。
 セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感>
★ブログランキングで上位目指して頑張り始めました。 以下のバナーを1クリックお願いします!
小説(官能小説)ランキング
FC2ブログ

飲み会で保母さんを誘ってしてみた結果

大学の講義の一環で保育園の夏祭りでボランティアをした。



その後は何故か飲み会がセットされていて、その保育園の保母さんが参加。


その内の1人と関係を持つようになった。


その時の話。


ーーーーー

飲み会自体に参加したのは20人くらい。



皆めいめいに知り合い同士で固まって飲む。



その中でも俺たちのような大学生グループは少し離れたところのテーブルで固まっていた。


そこへ数人で現れたのが保母さんグループ。


仕事が終わって駆けつけた感じだった。




その中の1人、さゆみちゃんと俺は意気投合。


ちょっとバカっぽくて、ギャルっぽい感じで、ノリが良いって言うのが第一印象だった。



そんな彼女と飲んでいると、彼女が「暑いー」と言う。




そこで「外へ涼みに行かない?」と誘う常套文句を放ったんだ。





「いくいくーーー」



と彼女もノリノリでついてきた。




そして外に出て2人きりになったら後は定番の流れ。



夕涼みは置いといて、何気ない話をして、身体の距離を近づけて、不意にキス。





「ちょっと.....ねぇ...」




と少し抵抗していたが、やがてそれも無くなり、向こうから舌を絡ませてくる展開。





そのまま胸を揉んだ。




大きさはCあるかないかぐらい。



指先をぐいぐいと押し込んで、カップだけがやたらと大きく、盛り上がっているブラを引っ張って中の乳首を弄る。




「ちょっと....だめ....」




顔のすぐ近くでさゆみちゃんが呻いた。




「だめ?」



と聞くと、「だめ」と言う。


「なんで?」って聞くと知り合いが近くにいるから、と言う。





「じゃあ、どこか別の場所に行くのは?」




と聞くと、「それなら良い」と返した。





早速、荷物だけを取りに行ってフェイドアウト、近くのラブホにしけ込んだ。






あとは彼女のペース。




仕事のストレスなのか、彼氏が居なくて溜まってたのか、終始積極的で興奮した。


下だけを脱いで、互いに性器を擦り付けあってそのまま挿入。


生挿入も厭わない彼女のアグレッシブさにちょっと驚いたが、流れでそのまま受け入れた。



そして最後は腹だし。



上着をめくっって、ヘソの辺りにぶちまけた。



「あーー、一杯ーー」



妙に喜ぶ彼女。



そして終わった後に、「付き合うって...ことでいいの?」と言われた時に正直戸惑った。



「うんうん...」



2回目をしようと思っていた俺は曖昧な返事をしてそう返した。


彼女は何度もその言葉を繰り返していた。
(掲示板より収集)

アマゾン/KINDLEで新作公開しています!
俺は某大手百貨店の外商なんだが、顧客の人妻に電マを持っていったところ (あたたら文庫)

(C)2021 体験談 :あたたら 無断転載禁止


<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント