女性向け・体験談等、様々な短編・長編のオリジナル官能小説・ポルノ小説を無料公開しています。 twitterはこちら! 学生の時、前の席の女のブラのホックが突然外れた - ~に関してのお話(体験記・官能小説)

■目次
 1.トップページ
 2.記事・アクセスランキング
 3.カテゴリ一覧
 4.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円~で販売。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ます!

①【更新】話題の女性専用風俗に〜シリーズ最終話、2/6に更新しました。
 初めての女性向け性風俗サービス_その16』はこちら
②スワッピング=夫婦交換を題材にした新作です
 『スワッピングしま専科 その1』はこちら
③歴代No.1アクセス数作品、最新話5話を追加しました!
 『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④女性用性感マッサージ師、今西と女優の宮野ひとみ。
 セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感>
★ブログランキングで上位目指して頑張り始めました。 以下のバナーを1クリックお願いします!
小説(官能小説)ランキング
FC2ブログ

学生の時、前の席の女のブラのホックが突然外れた

学生の時の話。前ん座ってた女の子のブラのホックが外れたってお話。

大学生活って灰色で、恋人がいなかったりすると、エロいことにはなかなかたどり着けない、なんて思っていたんだけれど、そんなことは無かった。




授業中、しかも真面目にそれを聞いていた時に起こったハプニング。


それを話しようと思う。

_____________




講義で社会学だかなんかの授業を受けていたら、突然前の座席に座る女の背中から



「ポツッ」

という音がした。


(......なんだろう..........?)



と思って前の背中を凝視する。




すると、白っぽいシャツの向こう、白いブラのホックが外れていた。


それは、至近距離で見た俺にしか分からないものかも知れなかった。



ただ、明らかに、彼女の背中を横断しているブラの線の間が外れている。

そして外れたことにより緊張が解けてやや撓んだようになっているブラ本体の様子も分かる。




「あっ..」



思わず声を出した俺。



目の前の女が振り向く。




その女の名前は水島あずさ、と言った。



(言うべきか、言わないべきか)




悩んだ俺。


彼女はホックが外れたことに気付いているかも知れなかったし、気付いていないのかも知れなかった。



それでも、言うことにした。


まあ、おせっかい、と言えばそうだし、デリカシーがないと言えばそうだろう。



ただ、その時の俺は何だか彼女にその事を告げようと思ったんだ。



自分だけしか知らない、彼女の秘密、弱み。

もしかしたらーーなんて事後の何かを期待して、のことだったかも知れない。




「あの.....さ.....」




結局、彼女に耳打ちした。




「ブラ、外れてるよ。今、音がした」



なんてね。




彼女はそう聞くなり、


「やっ...」


と叫んで胸元を抑えた。


その様子はご想像いただけるだろうか。

俺は真後ろだったから、前から見た様子は分からないが、彼女が慌てて、焦って胸元を手のひらで抑える感じ。





そして胸の方を確認している。




「やだぁ...」


呻き声までもが聞こえてきた。



(ぁぁ...............)





俺はその姿を見て激しく興奮した。



一部分、何もない背中、きっと前の方はブラが浮いているに違いない。





(きっと....)



あずさの胸を想像し、どれくらいの大きさだったかな、形はどうかな、乳首の色は..........なんて、ゲスな妄想を広げて、股間を固くさせていただんだ。


「ぁぁぁぁ..........」


股間が熱くなり、悶えた。



(ぁぁ...あずさ)



興奮が収まらない。




彼女もしばらくのあいだ、悶えていた。


そして、



一人静かに席を立って出て行った。


もちろん胸元を抑えて。



俺だけがそんな彼女をニンマリと眺めて、その胸元を凝視していた。


2017/1/14 新規掲載
2020/1/18 内容更新

アマゾン/KINDLEで新作公開しています!
俺は某大手百貨店の外商なんだが、顧客の人妻に電マを持っていったところ (あたたら文庫)

(C)2021 体験談 :あたたら 無断転載禁止


<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント