女性向け・体験談等、様々な短編・長編のオリジナル官能小説・ポルノ小説を無料公開しています。 twitterはこちら! すぐさせてくれるミサ - ~に関してのお話(体験記・官能小説)

■目次
 1.トップページ
 2.記事・アクセスランキング
 3.カテゴリ一覧
 4.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円~で販売。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ます!

①【更新】話題の女性専用風俗に〜シリーズ最終話、2/6に更新しました。
 初めての女性向け性風俗サービス_その16』はこちら
②スワッピング=夫婦交換を題材にした新作です
 『スワッピングしま専科 その1』はこちら
③歴代No.1アクセス数作品、最新話5話を追加しました!
 『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④女性用性感マッサージ師、今西と女優の宮野ひとみ。
 セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感>
★ブログランキングで上位目指して頑張り始めました。 以下のバナーを1クリックお願いします!
小説(官能小説)ランキング
FC2ブログ

すぐさせてくれるミサ


ミサという女は貞操観念が低かった。
いわゆるサセ子という奴だ。

あいつにさせてくれ、とねだったらヤらせてくれるという事は、ミサの連絡先を知っている男ならみんな知っていた。

気付いていないのはミサ本人だけ。


かく言う俺も、俺の友人も皆、ミサに一度はさせてもらっていた口だった。

やるのは簡単だった。
ミサを周りに誰もいないところに連れて行き、「しようよ」と耳のあたりに軽くキスをする。

そして身体を触る。

「ん。。もうーっ」

と嫌がるようでいて、拒否しないそぶりを見せればもう大丈夫だった。

俺はほとんどの場合ミサとはバックでやっていて、「ミサ、向こうむきな」と指示する。


ミサは金髪の髪の毛を振り乱し、壁に手をつく。

俺が彼女のスカートを捲り、下着を脱がすと、見慣れた割れ目と薄い毛が見えた。

「ちょっと。まってな」


愛撫なんかはしない。
唾を出してペニスの先に塗りつける。

そして片手でミサのアソコをぐぐっと開き、ぐりぐりと押し付ける。

ミサは大抵こうやって反応した。

「ああーー。いい。もっと.....」

「もっと.....ぅぅ..」


彼女は口に手を当てて、その声を押しとどめていた。


俺は根本までずぶっと入れると、そんなミサの手を掴み、口から離す。

「いやぁ、ちょっと、ああっ!」


手が離れると、派手に彼女の声が響いた。

そして手を後ろ手にさせ、ぐいっと引っ張る。


「ああっ.....いやぁ」

嫌がるそぶりを見せるが、背は高めでも華奢なミサは言うなりになった。

肩を突き出し、前屈の姿勢になる。


そしてケツを突き出して、俺のものを深く受け入れる。

「あああああ。だ、だ、だぁ.」

結合部がずびずびとエッチな音を出していた。


ちょっと緩めだが、ヌルヌルとして気持ちいい。


「あっ。。いいっ..いやあ.」


時折、ミサの身体がぴんっと跳ねる。
そして突き出た胸を弄る。


「ぅぅぅ...」


シャツの中から胸元を強引に揉み、ブラから肉を掻き出す。

「いやぁ。いやぁ。も、も、もうっ」


鼻にかかったような特徴のある声。

それがさらに興奮を呼んだ。

「あ...あーーー。俺、もう、いきそ」


俺は突き上げながら、果てるのが近いことを感じた。

後はただ感覚としての快感を求めて細かく反復する。

ぐっちょ、ぐっ、ぐっちょ、ぐっちょ


ペニス全体にぐいーっとした気持ちよさ。


「あっ! ぁぁぁ............」

「イク!」


俺は直前で抜き、あちらの方向にそれを向けた。

どぴゅ どっ どっ ど....


勢いよく飛び散る精液。

痺れるような快感が反復した。


「ふぅっ、ううっ、ふっ、うっ...」


ミサが呻きながらこちらを見ていた。

そして黙って下着をはいた。

他の奴はどうか知らないが、最後は外に出してイク事にしていた。

だからミサも簡単に身体を許してくれるのかも、と思っていた。(終わり)

アマゾン/KINDLEで新作公開しています!
俺は某大手百貨店の外商なんだが、顧客の人妻に電マを持っていったところ (あたたら文庫)

(C)2021 体験談 :あたたら 無断転載禁止


<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント