彼女がカンジダで毎晩フェラで抜いてもらっていた - 官能な体験談・短編、フェチ話


彼女がカンジダで毎晩フェラで抜いてもらっていた


本文は少し↓です
筆者より
①過去にご好評頂いた作品をリメイク。声掛けした超絶美女は....
『通りがかりの超絶美女をナンパしたらデリヘル嬢だった件』はこちら
②舐め犬(クンニ犬)なるモノを余儀無くされて...
『罰ゲームでなめ犬になった俺』はこちら
③歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
⑤『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

彼女がカンジダで毎晩フェラで抜いてもらっていた

彼女がカンジダとかいうのを発症して、Sexしたくない、できない、と言う。




「じゃあ風俗行っても良いか?」




と瀬戸際外交風に聞いたらそれも嫌だと言う。


「じゃあ、どうしたらいいんだ。隠れて浮気でもしろっての?」



と半ギレ気味に返したら毎晩抜いてくれるようになった。






やり方はこんな感じだった。



一緒に風呂に入る。



俺の身体を洗ってくれる



アソコも洗ってくれる




ボディソープでぬるぬるだから、自然に勃起する。



あとはフェラでイカしてくれる




この形が定番。


たまにはパイズリとか、素股とかもしてもらう。



こんなイメージで


「な、今日も..」


「頼むよ.........」




俺はオナニーするのと同じ感覚で相手に要求した。



彼女(さとみ、としておこう)は、慣れた感じ、それでもノリノリでは無かったが、仕方がないという感じで俺の息子を掴む。


「うん.........」


「わかった.........」



手を差し出して、そのまま上下運動。




にゅっ...


にゅる..にゅる..




途中でボディソープをつけて擦っていく。



ちなみに、あんまりソープでこすり過ぎるとアソコが痛くなる。


だからそんなにはするなとは言ってある。



にゅっ....っる


っる.......



十分にいきり立ったところで泡を洗い流し、フェラ。



むに、むにっ...と唇が愛撫を続けていく。


そこにちょっと長めの舌が加わる。


「ぁぁ.........」





俺は彼女の乳を揉みしだき、乳首をつねる。



そしてはややたるんだ腹の肉をつまみ、揺さぶる。




「んっ..んっ......」


「んん...んっ..」



さとみは一生懸命だ。


その頃にはじゅぽじゅぽと、いやらしい音を立てて吸ったり出したり。




俺がする乳首への刺激に耐えて、必死で舌先を伸ばす。



じゅる..じゅるっ...


っぷ.....じゅっぷ......



やがて、我慢汁だか、さとみの唾液だか分からない滑りで、気持ちよくなってくる。



「あーーー...」




「あっっっ...さとみ、最高」





俺は彼女のフェラテクへの賛辞を贈る。




ここで盛り上がりが最高潮。



このままイクか他のやり方で抜くかを迫られる。





「さとみ....後ろ向いて..」





俺は彼女の頭に手をやり、咥えていたモノを抜く。



にゅぽっと音がして、亀頭がさとみの顔を打った。





「ぁ.....ぁ.....」





さとみはペニスを抜いた口を半開きにしげ、少し呻きながら向こうを向いた。




「さとみ....ぁぁっ...」





俺はそのままいきり立った息子をさとみの尻に押し付ける。




谷間の上部、そして股の間。




さとみのアソコには入ったって構わない。



そんな感じでガンガンと点く。





「ぁぁ.....いやっ...」




「ぁぁ......ぁぁ......」





お尻の穴や谷間の際どい部分に触れるたびに、さとみが喘いだ。




特に股間には入った時は大きく。




「ん......んぁぁっ...」




「やっ....ぁぁ..........」




最後は大抵、股の間、素股の格好でイク。




にゅ....にゅっ....にゅぽっ...ぬぽっ...





「っぁぁ....いっ..イキ...そ...う...」





激しく出し入れした後、突き入れたままにする。





どっ...どっっ......どっ.....ど...




熱いものが放出される。




それはさとみの股間を汚し、内股に垂れる。





「ぁぁぁ........熱いっ....」





さとみが喘いだ。



そして、決まって俺の手を自分の胸に当てさせ、激しく揉むようにねだったりした。



俺はさとみの好きなように、揉みしだき、乳首をつねりあげるのが通常だった。

なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント