女性向け・体験談等、様々な短編・長編のオリジナル官能小説・ポルノ小説を無料公開しています。 twitterはこちら! 会社帰り、半裸で放置プレイされている女に会った - ~に関してのお話(体験記・官能小説)

■目次
 1.トップページ
 2.記事・アクセスランキング
 3.カテゴリ一覧
 4.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円~で販売。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ます!

①【更新】話題の女性専用風俗に〜シリーズ最終話、2/6に更新しました。
 初めての女性向け性風俗サービス_その16』はこちら
②スワッピング=夫婦交換を題材にした新作です
 『スワッピングしま専科 その1』はこちら
③歴代No.1アクセス数作品、最新話5話を追加しました!
 『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④女性用性感マッサージ師、今西と女優の宮野ひとみ。
 セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感>
★ブログランキングで上位目指して頑張り始めました。 以下のバナーを1クリックお願いします!
小説(官能小説)ランキング
FC2ブログ

会社帰り、半裸で放置プレイされている女に会った

(掲示板より抜粋)
短いですが報告。

昨日、会社帰り、池袋東口から北に歩いて行く途中で、半裸の女を見つけた。

時間は23:00過ぎ。
場所的にはドンキのある辺りのちょい手前。

女は20代前半、と言った感じでちょいキレイめな顔で、半裸と言っても下は黒のパンツを着用。

上の方はビザールって言うの?あんな感じの格好で胸元がばっくり空いて乳やら乳首やらが丸見えだった。

コンビニで買ったビールを既に1缶開けていた俺は当時ほろ酔いで、いきなり遭遇したその変態女を見てもあまり動じなかった。

ふらふら、と興味本意で近づき、声をかけた。

「どうしたの?何かの罰ゲーム?」


女は答えなかった。

「じゃあ、何かのプレイ?」


俺は薄暗いながらも女の胸元を無遠慮に覗き込み、その形や乳首の様子を堪能した。

「え...いや...そんなんじゃ..」


彼女は否定した。

こんな刺激的な格好をしている割には、可愛らしい声をしていた。

「じゃあ....ただの...君の趣味? 」


と聞くと、

「うん...」


と応える。

「近くに男はいる?」

と聞くと、

「うううん..」

と応えた。


俺はそこまで聞くと、急激に目の前の女の身体に触れたくなった。

細い腰、その盛り上がった胸元。

手を入れて触りたい..


「触っても...?」


と聞くと、

「.....だめ..」

と言った。

「本当に....? 勝手に触っちゃうよ?」

と聞き直すと何も言わなかった。

だから手を伸ばした。
胸元に入れて、中の肉を掻き出す。

「や...」

彼女が呻いた。


俺はその肉を揉みあさり、腰に手を回した。

「いや....やめ...て..」

彼女が身をよじって反応する。

「だめ....?」


俺の右手は彼女の股間に触れていた。

ももの間に手をねじ込んで、中指で割れ目をなぞる。

「本当っに...いや...」


彼女の言葉に力が入った。

俺はそろそろかな?と思って行為を止めた。

「ありがとう、楽しかった」


そう言ってその場を後にした。
彼女が一体どういう目的でそこにいたのかは結局分からない。

アマゾン/KINDLEで新作公開しています!
俺は某大手百貨店の外商なんだが、顧客の人妻に電マを持っていったところ (あたたら文庫)

(C)2021 体験談 :あたたら 無断転載禁止


<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント