女性向け・体験談等、様々な短編・長編のオリジナル官能小説・ポルノ小説を無料公開しています。 twitterはこちら! 巨乳美女に拝み倒して動画撮影 - ~に関してのお話(体験記・官能小説)

■目次
 1.トップページ
 2.記事・アクセスランキング
 3.カテゴリ一覧
 4.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円~で販売。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ます!

①【更新】話題の女性専用風俗に〜シリーズ最終話、2/6に更新しました。
 初めての女性向け性風俗サービス_その16』はこちら
②スワッピング=夫婦交換を題材にした新作です
 『スワッピングしま専科 その1』はこちら
③歴代No.1アクセス数作品、最新話5話を追加しました!
 『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④女性用性感マッサージ師、今西と女優の宮野ひとみ。
 セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感>
★ブログランキングで上位目指して頑張り始めました。 以下のバナーを1クリックお願いします!
小説(官能小説)ランキング
FC2ブログ

巨乳美女に拝み倒して動画撮影

過去に一度だけ、ハメ撮りなるものをしたことがある




それは俺が結婚する前で、30歳になる手前のこと。



当時、俺は会社の友人と由比ヶ浜に海水浴兼ナンパをしに行って、見事に目的を果たした。





俺の相手はビキニからはみ出そうな巨乳の持ち主。




友人の相手は、友人の好みに合致したスレンダーなモデル風美女だった。




俺たちはビーチを早々に切り上げ、近くの居酒屋に繰り出した。




時間はまだ14:00過ぎ。




そんな時間からやっている、というのも驚きだが、俺たちはそんなまだ明るいうちから結構なペースで飲み始めた。





結果、午前中の海、日焼けの効果もあり、予想以上にぐでんぐでんになって酔いが回る。




そして、自然な流れで近くにあるラブホテルへ。


湘南の海はこういう時には都合が良い。




俺はその巨乳美女、みさき、24歳と部屋に入った。



相手も結構酔っ払っているので、特に何の了解を取ることもなく、そのまま彼女の服を脱がしていく。




「やっ…ちょっと…んん……」




みさきは口だけはそうは言ったが、抵抗も見せずに、俺に脱がされていく。




俺はそんな彼女の服を脱がせ、ブラや下着を取り去り、その裸体を眺めた。




「ぁぁ……」




大きな胸……推定Fカップ。



少し左右に垂れてはいるが、俺好みで、柔らかそうだった。



そして、肉付きの良い腹回り、そして薄めの陰毛とぷっくりとした割れ目。




「ね……お願い……もう……」





俺は前戯、なんてものももどかしく、目の前の女にただ挿入したくなった。



べたべたと彼女の身体に触れ、自らの服を脱いでいく。



「やっ……んん……」




まずは半ズボンとトランクス。そして、Tシャツ。




トランクスを脱ぐと、彼女の手が伸びて、いきり勃った俺の息子を撫で付ける。




「ぁぁっっっ……みさき、ちゃん……」





俺は彼女のそろそろとした手の感覚に、天を仰いだ。



こそばゆくて、気持ち良い……




(ぁぁっ……)




亀頭をくりくりといじられ、もうどうしようも無い。




「ねっ……ね…」



我慢できなくなり、彼女をそのままベッドに押し倒す。




「んん……」




そしてその豊かな胸に顔を埋め……



後は吸って、乳首を唇でムニムニとまさぐる。



「んんっ……いやっ…」




みさきは口ではそうは言いながら、足を左右に開き、俺の身体をその中に迎え入れる。




「みさき…ぁぁ……好きだ……」




俺は彼女の胸から首筋、そして唇を求め、必死で舐めて吸い付く。




彼女もそれに応え、俺の背中に手が回った。





(ぁぁ……)



「いい?」




俺は我慢の限界を超えて、彼女の顔を見て言った。




「うん……」




みさきはそう言うと、俺にキスを返した。





そして、腰をぐりぐりと動かして、既にあてがわれていた俺の息子を受け入れにかかる。




ぬっ…にゅちゅ…





亀頭が吸い込まれる。


そして、徐々に徐々に入り込み、あるところでぐにゅっ、と入っていく。




「ぁっ…ぁぁっ…」




生温かい、ぬめぬめとした柔らかさ。




生挿入特有の感じに、俺は意識をぼおっとさせて、その感覚を堪能した。




「ぁぁ……いいよ……動いて」


みさきは、足を絡ませ、俺を抱きしめて求めていた。



俺も必死で腰を突き入れる。



(最高!)




俺は彼女の身体を堪能していた。




胸のあたりにふよふよと当たる、彼女の巨乳、それがクッションのように、俺の身体を刺激していた。




「ぁぁ……見たい……」




身体を起こして、彼女の身体半分を見下ろした。




「……」




整った、色っぽい表情、細めの首。




そして、たぷんたぷん、と揺れる乳……




「ねぇ……」




「お願いがあるんだけど……」




俺は彼女に切り出した。


そして、必死で説得して頼み込んだ。



この、みさきの身体がいかに素晴らしく、美しいものであるか。


俺が今までに出会った女性の中で最高のものだと。


だから、動画を撮らせて欲しい。と。





ちなみに、俺はそれまでにハメ撮りなんてものに興味は無かった。





SEXなんてものはその場で堪能するものだと思っていたし、身体で感じるものだと思っていた。



ただ、みさきの揺れる乳を見て、考えを変えた。



SEXは視覚で感じるものだ、と




だから、挿入しながら必死で頼む。



一生のお願い、と。



「んんっ……いいよ…」




「でも……顔は写さないで」





みさきは苦しそうに言った。





俺は狂喜乱舞し、スマホを手に、行為を続ける。




「みさき!みさき!」




彼女の名前を呼びながら、腰を打ち付ける。



画面には、彼女の揺れる乳、硬く縮こまった乳首をどアップで映す。




そして、ぐちゅぐちゅと俺の息子を咥えている、彼女の股間。




「みさき! ぁぁ……エロい……」




「とっても……」




俺は画面を見ながら、SEXをしていた。



何か不思議な感覚。


気持ち良いし、視覚的にも興奮する。





そして、スマホの画面外に映る、みさきの乱れた表情。



加えて、みさきの喘ぎ声。



「ぁぁ……私……恥ずかし……ぁぁっ」



「いやっ…やだ…っ…」




彼女は明らかに、撮影を始めてから異なる反応を見せていた。


声が上ずり、息が怪しい。




足がより強く俺に絡みつき、腕が回る。



「ぁーーーーーっ…」




「んんっ…もう……ぁぁ……ぁっぁぁっぁっぁー」






ぐちゅぐちゅと、比較的緩かった彼女のアソコが、ぐいーっと締め出した。




入り口部分が強烈に締まり、中の方がふわっとしてより緩くなる。



「ぁーーーーーっ……んんっ」




みさきは大きく叫び、俺の唇を求めた。


そして、口の中でさらに叫ぶ。




「んっ……はっ……んんっ……」


「い…くっ…いくっ……んぁぁっ……はぁっん!」




「いっ…………っっっっく…」






締め付けがクライマックスを迎えていた。



俺はそのまま、彼女に締め上げられるがままにしていた。





右手にはスマホ。


左手は身体を支える。




抜くこともできず、ただそれだけ。




目の前ではみさきが狂ったように悶え、絶頂に至っている。




俺は、彼女の絶頂の影で、静かに中出し射精を迎えようとしていた。

2016/7/18 新規掲載
2019/10/6 内容更新

アマゾン/KINDLEで新作公開しています!
俺は某大手百貨店の外商なんだが、顧客の人妻に電マを持っていったところ (あたたら文庫)

(C)2021 体験談 :あたたら 無断転載禁止


<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント