女性向け・体験談等、様々な短編・長編のオリジナル官能小説・ポルノ小説を無料公開しています。 twitterはこちら! シェアハウスで寝ぼけた女が乱入 - ~に関してのお話(体験記・官能小説)

■目次
 1.トップページ
 2.記事・アクセスランキング
 3.カテゴリ一覧
 4.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円~で販売。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ます!

①【更新】話題の女性専用風俗に〜シリーズ最終話、2/6に更新しました。
 初めての女性向け性風俗サービス_その16』はこちら
②スワッピング=夫婦交換を題材にした新作です
 『スワッピングしま専科 その1』はこちら
③歴代No.1アクセス数作品、最新話5話を追加しました!
 『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④女性用性感マッサージ師、今西と女優の宮野ひとみ。
 セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感>
★ブログランキングで上位目指して頑張り始めました。 以下のバナーを1クリックお願いします!
小説(官能小説)ランキング
FC2ブログ

シェアハウスで寝ぼけた女が乱入

転載)

昨日の夜のこと、聞いて欲しい。

俺は大塚のシェアハウスに4月から住んでいる。一応仕事はしてて、Web系のデザイナーみたいなもん。

昨日は22:00過ぎまで会社に居て、帰りにガストで飯食って帰宅。

部屋に着いたのは1:00くらいだったかな。


TV見て、シャワー浴びて、さあ寝よう、と思った時、俺の部屋のドアが開いた。

「おおっ..!」


咄嗟の事にビビる俺。

一応このシェアハウスに幾つかのルールみたいなものがあって、隣人の部屋を訪問する時のノックするというのもその内のひとつ。

だから、ノックなしで乱入されて正直ビビった。


「尚美....?」


入って来たのは隣に住む尚美だった。

彼女は今年の春に大学を卒業したが、就職せず、何かの学校に通っている。

それまでに住んでいたマンションを引き払い、ここに越して来た。


寝巻き姿、上下に赤系チェックの姿で、彼女の目は見開いていた。



だが....


「んんっ.........んーーー...」


あらぬ方向を見ていたかと思うと、そのままこっちに倒れこんだ。


「お..おいっ...」


あまりの事に言葉を失う。

尚美の身体が俺にしなだれかかる。


「おい...大丈夫...か?」


顔を見た。....寝ていた。


「おい...寝ぼけた?」


顔を見て、寝ているのに気付き安心した。
病気とか、失神だったらどうしようかと思っていた。


そして、尚美の身体に覆い被せられたままの俺..


「おい...、おい...」


身体を揺する。
だが、反応はなかった。


「おい..ねぇ...」


さらに揺する。

おっぱいの端が手に触れた。

「ぁ....」


(ノーブラ....)

ふにゃっとして柔らかい。

「ぁ....」


黙り込み、手を当てる。


ふにゃ、ふにゃ、として手にひらの先が揺れた。


「ぁぁ......」


少し大胆に手を差し入れる。


ふにゃ....ふにゃ.....


おっぱい全体に手を合わせ、形を確かめる。

身体をずらして空間を開け...


揉みしだく..


「ぅ....んんっ.....」

「んんっ.....」


尚美が少し呻いた。

だが、もう止められない。


彼女の寝巻きの中に手を入れ、直線に触った。


「ぁ....っ.....ぁ...」


尚美が僅かな呻きを発した。
俺の指は彼女の乳首を探っているところだった。


「尚美...! 尚美...!」


俺は彼女に声を掛けた。

「んん.....ん...」


乳首をつねる力を加えながら呼びかける。

「んん......ぁっ..?」


目が開いた。

そして俺を見た。


「いやっ....何...? 島田..さん..?」

「やだ...ぁ....何で?」


驚き、状況を確認する彼女。


胸ははだけ、露わになったおっぱいを俺が吸う。


「やだ...なんでっ....いやっ...ぁぁ..」

「ぅ...ぅ...」


尚美が反応した。

その後に、どうしてこうなったか説明するのしばらく時間を要した。

アマゾン/KINDLEで新作公開しています!
俺は某大手百貨店の外商なんだが、顧客の人妻に電マを持っていったところ (あたたら文庫)

(C)2021 体験談 :あたたら 無断転載禁止


<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント