検尿前にSexして尿蛋白出た - 官能な体験談・短編、フェチ話


検尿前にSexして尿蛋白出た


本文は少し↓です
筆者より
①過去にご好評頂いた作品をリメイク。声掛けした超絶美女は....
『通りがかりの超絶美女をナンパしたらデリヘル嬢だった件』はこちら
②舐め犬(クンニ犬)なるモノを余儀無くされて...
『罰ゲームでなめ犬になった俺』はこちら
③歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
⑤『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

検尿前にSexして尿蛋白出た


事前にネットで調べて知ってはいた。

検尿の前日にオナニーしたり、セックスしたりすると尿蛋白が出るってことは。


だから、自制するつもりだった。
気候も良くて身体がなんだかムラムラとしていたが、その日はたまたま奥さんがやる気だった。

さあ、寝よう、と部屋の電気を消そうとしたら、後ろから抱きついてきた。


「ね..しよ?」

「ね...」


俺の身体をまさぐり、股間に触れた。

「ぅ.....ちょっと...」

「明日...尿検査だから...」

俺はそんな奥さんの積極的な姿勢にムラっとしたが、そこは何とか自制した。


ちなみに、俺は昨年も尿蛋白が出た。

本来なら再検査しないといけないが、行っていない。このままでは住宅ローン審査も危うい。


去年は前日にオナニーをしてしまった。
その後充分にトイレで流し去ったから大丈夫かと思ったが、ダメだった。

で、今年こそは..という意気込みもあった。


「だめだよ...」



奥さんは俺の言葉を聞いても行為をやめなかった。

「大丈夫.....いいよぉ....絶対...

「イカなきゃ...いいじゃん...」

「ね....」


奥さんが俺の胸に手をやり、乳首をつまむ。

「ね...途中まで...」


彼女が言うには、我慢汁迄で我慢すれば精液は出ない。


科学的には我慢汁には精液が含まれないハズーーー

そんな事を彼女は言った。


「そう..かなぁ...」


乳首と、股間....
息子が既にフル勃起状態。

奥さんの手が俺の息子を掴んで上下にシゴいた。


しゅ...っる...

しゅ....っる....



なんだか、我慢汁までだったら大丈夫そうな気もしてきた。


「ぅ...ぅぅ....」

「途中....までだぞ?」


俺は嫁さんの誘惑に負けてしまった。

自分の意思の弱さを恨みながらも、彼女の方に向きなおした。


奥さんは嬉しそうに笑うと、俺を抱きしめた。

「ふふ...途中...までね...?」


彼女は俺のペニスをじっと見つめ、パクッとそれを口に含んだ。

「ぅぁ..っ...」

「ぁぁぁ....」


舌が亀頭に絡みついて、カリのひだをざらざらとした刺激が襲った。

「ふふ...大きい...」

「何だか...んっ......変に...っ.....」



ちゅ...ぷ...

っるっ...ぷ...

「興奮....しない...?」


れろれろと彼女舌が絡みつく。
嫁は俺の顔を見ながらしゃぶり続ける。


「ん...っ....ふぅ...」

「ぁぁ..だめ....っ.....ぇ..」


嫁さんが前をはだけさせた。
自らパジャマのボタンを外し、だらんとしたEカップの乳房を揉みしだく。


「ね..ねぇ...」

「しちゃお...ねぇ..?」


嫁はパジャマの下も脱ぎ、股間をいじりはじめた。

「んっ....はぁ...」

「ぁぁぁ...っ...ねぇ..」


フェラをしながら自慰を始めた彼女の姿を見て、俺はもう自制する事が出来なかった。


「途中...までだぞ...?」


そう言って彼女の身体を抱き寄せた。

「ん....」

「途中....までね..?」


そしてのっそりと俺の身体の上へ。

「ん...途中まで...。」

「だからーー、ゴム...しないよ..?」

「イカない...からね...?」

俺たちは家族計画を立てていたから、結婚した後もコンドームを着けることを欠かさなかった。


それでもこの状況、雰囲気で可能は生セックスを許容した。


ぬっ...ちゅ...っ...


「っぁぁ...!」


ぬ...ぷぷ....っ..

「はぁ....」


ぬめらかな、生挿入の感覚。

「うぁ...ぁぁ...」


既に濡れそぼっていた彼女のアソコは温かくって、なめらかで、優しかった。


「ぁぁ...いいよ...」

「いいっ...ぁぁ..」


彼女は容赦なく腰を打ち付けた。
俺に乳房を押し付け、呼吸出来ないくらいに激しく身体を密着させる。

ぬっ..ちゅ...

ちゅ...っっる.....


「ぁぁ...いい...」

「いっちゃう...イキ...そう...」


いつもと違うシチュエーションだからか、早々に嫁が感じ始めた。

きゅうきゅうとアソコを締め付け、俺をさらに刺激し、悩ませる。


「ぁぁ...咲子....ぁぁ..」

「いいよ...」


俺も下からズコズコとやった。

「あーー...っ...」

「っぁ...あっ...!」

「ぁー....」



しばらくして、嫁がぐったりとした。
そして俺におっぱいを押し付けたまま、動かない。

「ふぅ..ふぅっ......」

「っぁぁぁ...」



寸前のところで思い止まった。

そのまま嫁のあそこに出してやろうかと思ったが、翌日の検査の事を思うと、気が引けたからやめといた。



そして、翌朝の検尿。


ネット情報通りに、最初の方のは捨てて、なるべく我慢汁も入ってなさそうなのを採った。


イッてないから...大丈夫だと、思った..


結果は.....


また尿蛋白だった。
どうしてかは分からない。

我慢汁が残っていたのか、寸止めSexで疲れたからのか。


ちなみに再検査したら大丈夫だった。


皆さん、健康診断の前日寸止めであろうと気を付けて欲しい。


2016/7/28 記載
2019/6/9 更新、追記
なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント