おっパブで嬢にこすられてイッてしまった - 官能な体験談・短編、フェチ話


おっパブで嬢にこすられてイッてしまった


■目次
 1.記事・アクセスランキング
 2.カテゴリ一覧
 3.最新記事一覧
筆者より
①保険契約の見返りとしてギャル生保レディと会う事になった....過去長編をリメイク中です
『保険契約と引き換えのキス、枕の誘い_ギャルっぽい生保レディとお食事その1』はこちら
②女性用性感マッサージ師、今西に依頼してきたのは人気女優の宮野ひとみ。 過去長編をリメイク中です
『セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1』はこちら
③「Sex」させてくれない彼女と温泉旅行に行ったら... 過去長編をリメイクしました
『「結婚するまでSexしない」という彼女 』はこちら
④『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”最新話10話を公開しました。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら
⑤過去にご好評頂いた作品をリメイク。声掛けした超絶美女は....
『通りがかりの超絶美女をナンパしたらデリヘル嬢だった件』はこちら
⑥歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら


FC2ブログ

おっパブで嬢にこすられてイッてしまった

昨日の話。



上野のおっパブでどストライクの嬢がいた。




話を聞くと大学生。


1月中はおっパブで働いて、9月はアメリカに旅行に行くと言っていた。




その嬢(仮名リサとする)は、スレンダーなんだけれどもおっぱいは自称Eカップ。




乳首が綺麗で、胸も柔らかくて揉み心地が良い。





俺は最初フリーで入ったのだが、他の客を見送る彼女の姿を見て、指名。



結局ラストまで指名し続けた。






そんな彼女、俺の膝の上でやりたい放題。




向かいになって、俺のシャツをたくし上げると、乳首を吸うわ吸うわもう、ヘルス並み。




そして、当然に手を股間へ。




ズボンの上から形を確かめるようにして手のひらを添え、上下に擦りまくる。



「う....うっ....」




「リサちゃん.....だめ...だって..」


「ぁぁ…ダメだよ…」





と苦悶し、訴えるも、彼女は笑ってばかり。




だいぶヤバそうだったが、お返しに、と彼女の股間に触れても嫌とは言わなかった。




本来、下のお触り禁止の店での思いがけない特典に、イキそうなのも忘れて彼女の身体を弄る。




「ぁ....リサちゃん....っぁ..」



「ぁぁ...」



下着の際から人差し指をねじ込むと、なんだかぬめたったい感じ。



ああ、これは確かに…とウキウキとして指マンを続けたんだ。



「ん…ぁぁ …」



「ああ…」






リサちゃんが呻きながらも俺への手コキをずこずこと続けた。



そしていつの間にかチャックを開けていて、トランクスの前開きから侵入。



直接に俺の息子を握ってしごき続ける。



「ぁぁ…」



「だめ…やばいって…」




右手の人差し指は指マン。


そしてりさちゃんは元手コキ嬢かっていうくらいに、にぎにぎして擦るのがうまかった。






じわーっとした我慢汁が溢れ出る感覚。




やばい!...このまま出したらやばい!


.


と考えるが快楽には抗えない。



ズボンを履いたままで、店内は薄暗いだけで周りには他の客やボーイだっているのにーー



結局そのまま出してしまったんだ。



「んんっ…」



「はぁぁ…」




気持ちよくって、たまんなくって情けない声を出しながら震える俺。



そんな俺の様子を見て、リサちゃんは不思議そうに見つめていた。




「出ちゃった?」




彼女は俺が呻いているのを見て、手を止めた。



そして笑いながら、




「トイレ...いく...?」




と身体をズラした。

俺はそそくさ、と股間を抑えながら席を後にした。



堪らなく気持ちよかった手コキ。

ただ、射精した後の俺は、たまらない気持ち悪さと、家に帰ってどう言い訳しようかって事をただ考えていたんだ。


2016/8/4 新規掲載
2020/2/7 内容更新

twitterはこちら! 是非フォロー&「いいね」お願い....
(C)2020 体験談 :あたたら 無断転載禁止

<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント