今流行りのナイトプールに行ってナンパ - 官能な体験談・短編、フェチ話


今流行りのナイトプールに行ってナンパ


本文は少し↓です
筆者より
①童貞男子が兄貴の部屋に居た女性を..
『僕はワンピの女性を撫で回した』はこちら
②歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。日々更新予定..
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
③アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
④『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

今流行りのナイトプールに行ってナンパ

去年の夏、いや正確には一昨年あたりから流行りだした『ナイトプール』に行ってきた。


このナイトプール

楽しみ方を単純に言えば、夜も営業している都会のプール付きホテルで飲み会するみたいな感じ。

プール際には、DJブースやらJazzバンドの生演奏やらがあって、とにかく楽しめて雰囲気はある。

そしてプールサイドにはインスタ映えするように様々なオーナメントや嗜好が凝らした作りがあったりで、とにかく若い女性達に人気がある。


欠点はと言えば、ほぼ都心にしかないこと、それと参加料。

大体7000円から10000円くらいする。

まあ、ちょっと高めの飲みをすると思えば値段相応だとは思うが、リーズナブルとは言えない値段設定だ。

ただ、その分、変な輩や子供は居ない。

客のほとんどが会社員やOLと言った風で、後はホテル宿泊者の外国人観光客、又は都内在住のプチセレブみたいな人だった。

もちろん、俺も最初はきちんと泳いだ。

15メートル程をひと泳ぎ。
そして、目に映るプールサイドの美女達を肴に、ゆっくりと平泳ぎをした。


皆、夜だから、暗いからと安心しているのか、結構大胆なビキニ。

日焼けするから、と言って身体にはおるものも無いし、顔を隠すサングラスなんかも勿論しない。


彼女たちの身体のラインや、ばくっと開いた大胆な胸元が興奮を誘った。

「結構、かわいいな」


思わず声に出る。
そして一緒に来た相棒(会社の同僚の男)に目配せして、「俺が行く」と合図する。


彼はニコッと笑った。
彼は彼で別の女に目星をつけたようだった。



俺がターゲットにした女性。
何人か候補にした中で、悩んだあげくに最初に声をかけたのは髪の毛の長い女だった。

「飲んでる?」

「なんか、頼もうか?一緒に飲まない?」


プールサイドで足だけをちゃぷっと浸けている彼女。

俺は後ろから声をかけた。

「え...」


少し大人し目の印象の彼女は、驚いているようだった。

そんな彼女の横にずいっと座り、居場所を確保する。


暗がりの中でもその女性は美しく見えた。

上下ともに黒っぽいビキニ。

そしてすらっとしたスレンダータイプ。

全体的に無駄な肉など無く、綺麗な感じで盛り上がった胸の大きさはCカップくらいだった。

「あ...あのっ..」

スレンダー美人は少し驚き、少し戸惑っていた。

「1人?」

「もしよければーなんだけど、一緒にさ、飲もうよ」


言葉を継いで畳み掛ける。


こう言うシチュエーション、プールサイドでのナンパは相手に逃げられにくい、という点で有利だ。

プールに足を漬けている時点で、彼女が俺から逃れるにはわざわざ腰を上げて立ち上がるか、それか逃げる魚のように水の中に入るか。

こういう時、じゃあね、と水の中に逃げる選択肢を取る女は少ない。

かと言って立ち上がり、逃げる女も少ない。

そういう訳でよほどいやじゃない限り、俺の話を聞くことになる。

ーーーそう言う打算があった。


彼女は俺の質問に答えた。

「え、いや..友達と」

「一緒に、来たんです。どこかな…?」


周りを見てその友達の姿を探しているようだった。


「そう?俺もなんだー。」

「実は今日、ナイトプールに来るの初めてでね?」


彼女からの答えは想定通りのものだった。


だから、予め用意していたトーク、まずは彼女を安心させるための説明をした。

彼女に声を掛けたのはあくまでも偶然。

なぜ声を掛けたかを説明し、最後に自分自身の人となりを明かした。

「ふふふ…」

彼女は俺の話や冗談に少し笑ってくれた。
どうやら俺を不審者とは思っていないようだった。


「じゃあ、友達くるの待とうよ」


そう持ちかけ、安心させる。
あくまでも俺は善人である必要があるのだ。


「あれーっ?」

しばらくして彼女の友人が戻って来た。

その子は、長い髪の彼女とは違ってちょっとギャル系。


緩やかなカーブがかかった髪の毛、暗がりでもその髪の色は真っ黒では無いと分かる。

俺は話を続けた。

「あらら、また可愛い子が来た。」

ナイトプールって…すごいや」


最初に声を掛けた長い髪の子の名前は、めぐみ、ギャルの方はチエと言う名前だった。


「まあま、ね?」


名前が分かったところで酒を勧める。

ボーイを呼び、彼女たちの好みを聞いて、気の利いた酒を注文してやった。

「ありがと」
「ありがとう!」

礼を言い、グラスに口をつける2人。

俺を含めた3人でプールサイド、足だけを水につけ、杯を重ねた。

いい感じに酔っ払う。

当初は警戒していたような感じのめぐみも、チエと一緒だから安心したのか、親しみを持って接してくれるようになった。


俺は決断した。


(行こう…)


そして、頃合いを見て、ギャルのチエに近づき、耳元で囁く。

「泳がない?ねぇ…?」


俺としてはめぐみ狙いだったが、チエでも良かった。

どちらも街で会ったら小躍りするような美女。それでも落としやすいのはチエの方だと踏んでいた。

「ふふ…いいよ…っ…」



チエは俺の手を取った。
そして、

「めぐみー、私たち泳ぐよー」


と言って水の中に俺を誘った。


「チエちゃん…いいね…」

「それっ。」


競うようにして、向こう側まで泳ぐ。
チエは結構泳ぎが上手かった。


俺と同じくらいに端まで到達する。
そこは灯りの届かない暗い場所。

俺たちはめぐみがいる方の、ライトに照らされた部分を眺めていた。

「ふぅ……」


チエが息を吐いた。

「酔っ払……ったね。」


俺たちはそんな風に笑い合う。
そして、自然に距離が近づいた。


「チエ…ちゃん…」


手を伸ばし、彼女の腕を掴んだ。
そして抱き寄せ、キスを迫る。

「や…っ…だめ」

「ね…」


目の前でチエが恥ずかしがった。
それでも俺は迫るのをやめない。

おでこをくっつけ、鼻先をくっつける。

「ふっ…ぁ……」

「ぁぁ…」


チエは興奮して息を粗くしていた。
だからその彼女の唇が半分ほど開いたところ、口付けをする。


「んぁ…っ…ぁぁ」

「ぁぁ…」


チエは思ったよりも良い反応を見せた。
俺の背中に手を回し、ぎゅっと抱きしめる。

チエの胸元が身体にあたり、むにむにとした乳房の柔らかさが俺を興奮させた。


「ねぇ…」

「チエちゃん…」


キスをさんざんにした後で、彼女の耳元で囁く。


「もう…たまんないよ。」

「なんかさ...シタくならない?」


チエは笑った。

「え....?」

「したいって...?」


チエの顔が近づいた。
その距離30センチほど。

その肉付きの良い肩も、大きめの胸も、視線の下にある。

「そりゃ...ぁ…ね…?」


チエの腰に手を回した。
そしてさらに抱きしめると、股間の硬くなった部分がチエの下腹部にごつごつと触れた。


「や....」

「やだ…」


ピクッと彼女が反応し、声を上げた。

「ちょ..っと」

腰がよれて、体勢が変わる。

俺の腕にしがみ付き、よりダイレクトにチエの胸の膨らみが当たった。

「ね....だめ...?」

「ねぇ…?」

チエの耳にキスし、吸い付く。
そして左手を伸ばし、その胸を揉んだ。

「やっ....やぁ.....」

「だ…だめ…」


チエは向こうにいるめぐみの様子を気にしたのか、チラチラと視線を移した。

それでも耳が弱いのか、俺の唇の動きに合わせて、小さく呻き、目をつぶった。

「んっ.....ん....」


その瞬間を捉え、再びキス。
やや冷たい唇を舐め、後は吸った。

「んんっ...だめ...」

「やっ...だ..めぐみっ…が…」


チエが俺の口の中で喘ぎ、吐息を漏らした。

そして胸を揉み、股間をまさぐる俺の手をはねのけようと手を掴むが、力は弱い。

「ねえ、チエちゃん..」

「しよ...?」


俺はキスを止めると再び彼女の耳元で囁いた。

チエが俺の顔を見、静かに呟く。

「だって........ぁぁっ..!」


俺の右手がビキニの端から侵入していた。

中指をねじ込み、ひだをほじる。

じょりじょりと毛の感覚がした。


「大丈夫…めぐみちゃんにはーー」

「見えていないよ…?」


「ね..だめ...?」


俺はチエの身体を押し、壁際に誘った。

そしてハシゴに足を引っ掛け、プールサイドに上がり、ついでチエの手を引っ張って引き上げる。


「ふぅ…ぅぅ…」

「ぁぁ…」


チエはひどく動揺し、興奮しているようだった。


俺が隣に座り、そっと手を伸ばして彼女の身体、乳や腰を弄っていると、はぁはぁと激しく呼吸する。


「きっと…大丈夫……」

「ね…?」


彼女の下腹部に触れていた指先に力を入れた。

それはビキニの端から侵入し、大事な部分を侵していく。

「やっ…」

「ぁぁぁ…」


チエは抵抗はしなかった。
ただたじろぎ、恥ずかしくなっているだけ。



ぬっ..ちゅ...


指が2本入り込んだ。
温かな感じがした。


「やっ...ぁ...だめ..だめ..」

「だめだめ…」



チエが声を上げた。

その声は人がまばらになってきたプールサイドでよく響く。

「ぁ...ぁ...」

「やあ....っ...ん..」


「………チエちゃん…」

「聞こえ…ちゃうよ…ねぇ…」

「バレ…ちゃうよ…ねぇ…?」


指先をうねうねと動かし、彼女をいたぶった。

そこは既にプール由来の水だけじゃない、ヌルヌルとした体液に覆われている。


彼女は黙ったままで、静かに耐えていた。

「いい子だ…」

「さ…」


手を少し激しく動かすとビキニがズレた。

ほぼダイレクトに手マンしている見たいになって、くちゅくちゅと、いやらしい音がする。


くっ..ちゅ....くっっちゅ....

っちゅ....ちゅ..くちゅ...


汁の飛び散る音。
俺の手を濡らした。


差し込んだ中指が圧迫される。

「ぁぁ…チエちゃん」

「ぁぁぁ…すごいや…」


そう言うと、チエは何故俺がそんなことを言ったのか理解しているようだった。


「だって…だってっ…」


彼女の締め付けはますます強くなる。
根元が一番強くって、中もぎゅうぎゅうとしている。

「ぁぁぁ…だめ…っ…」

「だめぇ…っ…」


彼女の興奮の度合いがこれ以上無いってくらいになった。


「ふふふ…チエちゃん…」

「イクかい? 皆がいるところで …イキそう?」


俺は手を上の方、クリトリスを刺激しやすい部位に移動させた。

そして指を折り曲げ、指の腹の部分が硬く尖った膨らみに触れるようにして、ぐいぐいと擦る。


「はぁぁぁっ…」

「いやぁぁっ.……ん…っ……」


チエがもうすぐ果てそうな感じだった。

そして俺が視線をずらした向こうの方、めぐみがこちらを見て、何やら気にしている風だった。

2016/8/16 新規
2019/6/6 更新、大幅追記しました
なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント