シャワーシーンでの際どい状況_(着エロ~撮影に参加 その3) - 官能な体験談・短編、フェチ話


シャワーシーンでの際どい状況_(着エロ~撮影に参加 その3)

オリジナル官能小説を無料で公開しています!

■目次
 1.記事・アクセスランキング
 2.カテゴリ一覧
 3.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円で販売させて頂いています。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ますので是非!ご覧ください


★歴代No.1アクセス数頂いている作品、最新話5話を追加しました!
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら

① 話題の女性専用風俗に〜シリーズ、更新(10/1にその13を追加)しました。マッサージの域を超えて絡み合う2人...
" 初めての女性向け性風俗サービス_その13』はこちら

②仕事に困り、美熟女への奉仕の道を選んだ彼は〜性感モノ長編を大幅リニューアルしました
『スケコマ師 太一 美熟女へのマッサージと奉仕編』はこちら

③女性向け、エステものをリニューアル中。川崎駅前で声を掛けられたOL悠美は…
『花よりだんごエステはいかがですか その1』はこちら

④女性用性感マッサージ師、今西に依頼してきたのは人気女優の宮野ひとみ。 過去長編をリメイク中です
" セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1はこちら">『セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1』はこちら

⑤『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”最新話10話を公開しました。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら


FC2ブログ

シャワーシーンでの際どい状況_(着エロ~撮影に参加 その3)

前の話、『着エログラビア撮影現場に参加した その2』はこちら


最初から読む場合、『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちらから



■咲子との間で





「ふぅ..」




ベッドでの撮影が終わったあと、咲子は誰からも、マネージャーからも離れて1人水を飲んでいた。



窓際の長方形の台みたいな家具に腰を預けてペットボトルを傾けている。




「......」




俺はぼおっとしてそんな咲子の様子を見ていたんだ。







俺自身はただのバイト。


することはたくさんあったんだけれど、監督や他のスタッフが皆タバコで部屋の外に出払っていたから少し余裕があった。



だから、ただ無遠慮にそんな彼女の様子を眺めていたんだ。





「.....」




咲子がこちらの視線に気付いた。


チラッと見て、俺に気付き、そしてジッと見る。





「何でしょう…?」




整った顔が俺を見つめた。





(あ...)




まずいと思った。



何て反応して良いか分からない。



ただ、



「お、お疲れ様…でした」




その言葉だけはなんとか喉の奥からひねり出せた。




「あ、はい....」




咲子は背もたれにしていた家具にペットボトルを置いた。


そして、少し身体を捻らせてこちらを向く。



ビキニの谷間がふるんっと揺れたのが目に入った。




「スタッフさんですか....?タバコは吸わないんですか?」





咲子が言った。

声が透き透っているって思った。






だから、少ししどろもどろになって、それでも少し間を開けて応答する。




「いや、俺…ただのバイトだから。まだ学生なんだ」



「それに、タバコは吸わないんだ。吸ったことも無いし....」




そう言うと、咲子の顔が少し緩んだような気がした。





そして、気まずいような恥ずかしいような表情を見せる。




「へー....一緒だぁ。学生なんだ」




「私もーー、大学に行ってるよ」




ニコッと笑う咲子。



「でも..恥ずかしいな....」



そしてはにかんだ表情を見せ、胸元を手で隠した。




「見たでしょう?」




「色々...」




真っ直ぐにこちらを見ている。



(……………)




咲子が言う、色々、と言うのは昨日からの撮影シーンを指している事であると言うことは理解した。



それでも何も返せないで、ドギマギとしていると、彼女は片方の手で胸を持ち上げるようにして、ぐにっと寄せる。




魅惑的な谷間に僅かに皺が入り、その半分程が盛り上がった。




「えっ...あ....」




咲子は意図しなかったに違いないが、至近距離でそれを目にした俺にとっての思わぬサービスに緊張が高まる。




(ああ……俺…俺…)




咲子がアレを恥じていると言うことは分かった。


ただ、どう反応して良いかまでは分からない。




「え、あ、うん...」





「少しね。」





気の利いた言葉など俺には期待出来ず、ただ条件反射的に選んだ言葉がこれ。



口から出た後ですぐ、後悔の念が込み上げた。




咲子は顔を困った感じにした。




「いやぁ。恥ずかし。」


「ぁぁ、恥ずかしいなぁ.........やっぱり」





「.....」




「まあ、でもお仕事だから......ね?」




最後はまたじっと俺を見た。



俺だけに見せる笑顔。



「あ…はい…」



「はい…」




そう答えるのが精一杯。


ハートを射抜かれて、どうしようも無い俺を他所に、彼女はクルッと身を翻して部屋の外へ出て行った。




「ぁ....」


「ぁぁ.........っ」





俺は小さく呻くと、華奢な彼女の背中を見つめていた。





(可愛い.....)


(可愛い………)




咲子の背中の華奢な感じに、何だか胸の奥がきゅんとなっているのを感じたんだ。





■アイドルの手ブラ


そうこうして、休憩は終わった。




俺は部屋を出る事なく、ペットボトルに口をつけただけで後はスマホをいじっていた。



監督やスタッフが戻って来てワイワイと賑やかになる。





次のシーンは浴室。




台本上では、咲子が水着を脱いで行き、シャワーを浴びる。




着エロDVDなんかではよくあるシーンだが、実際に目の前で起こるとなると、なんだか妙な、変な感じがした。







ただ、さっき彼女と話をしたという事。


それが俺にとって咲子を動画の向こうの人とは違う、何か親近感に似たようなものを感じさせたんだ。





だから関係ないのに、咲子の撮影がいざ始まるとなると、やたらとドキドキとしてしまう。



じっと彼女の顔を見つめる俺。



撮影が始まった。



「はいっ.....」




開始を告げる助監督の声。


浴室の扉を開けたままで、機材をそちら側に向けて咲子を撮り始める






シャーッ.....




シャワーヘッドから、勢いよく湯が吐き出された。



「………………「「




咲子は水着のまま、何も言わずにそれを身体に浴び、身体をくねらせる。


右へ、左へ。




「咲子!」



「もっと…ゆっくりと身体を回転させて!」





監督の指示が飛んだ。



咲子が少しだけ監督の方に視線をやって、それでも意識しないように自然体で指示に従う。



腰を捻り、足を上にあげた。


そして向こうを向く。






「はい、シーン2」




再び監督の声。



「……………」





咲子がそれを聞いて、背中に手を回した。




勿体ぶらせるような感じでさんざんに焦らし、そのあとで、あとはすんなりと、スルスルっと紐を引っ張る。




左手は胸元、右手は背中。



ねじれた感じになった彼女の胸元が盛り上がり、見ている方の興奮を誘った。






はらっ..



紐がだらん、と下に垂れる。



咲子が右手を胸元に戻した。




(ぁぁ......)




ただの傍観者の俺にとっては、堪らない状況だった。




新人、とは言えアイドルの咲子が手のひらだけでブラを支えている。


指と指の間、ところどころに隙間が出来、胸の肉が見えた。




「よーっし。少しずつ。な。」



「な…、な。」




監督がGOサインを出した。




シャーーー……



湯を浴びながら、咲子が右手でビキニの上端を摘んだ。



そして左手だけでビキニを支え、摘んだ布地をゆっくり、ゆっくりと引っ張っていく。





(ぁぁ......ぁぁ...)



(ぁぁ.......)




気がつくと、自分の口が半開きになっていた。



視線は咲子の胸元から外せない。




さっき、スタッフの特権で、ビキニ の裏側の咲子の膨らみや乳首をチラッと目にしたはずなのに、それでも尚、興奮する。




(ぁぁ....ぁ......)



(ぁぁぁ.......)




咲子の胸の肉が盛り上がる。


引っ張られ、よじれた。


肉の柔らかな撓みがずれて溢れそうになって、震える。




そして、彼女は乳首が露わにならないように注意して中心部を手で押さえている。



しゅるる.....



......るる.....




やがて全てビキニを引っ張り終えると、咲子はそれを下に落とした。




咲子の胸が手のひらと腕だけで隠されている。



乳首こそ見えなかったが、谷間や下乳は殆どが露わになっていた。




「ん......ん.......」



「んん.....」



咲子は恥ずかしさに耐えているような気がした。



皆とカメラの視線が注目されている中で、身体をモジモジとさせ、くねらせる。


その度に胸の肉が震えた。


乳首が見えそうで見えなさそう。




彼女の乳首の具体的な位置やその形を一度目にしたことのある俺は尚更、筋違いな心配をしていたんだ。


乳輪がポロリとはみ出ることはないか、でも、カメラに映ることは無いから、って。


一人はらはらと、ただ心配をしていた。



次の話、『着エログラビア撮影現場に参加した その4』はこちら



2016/8/16  新規掲載
2019/11/11 内容大幅更新 2020/9/25 再更新

twitterはこちら! 是非フォロー&「いいね」お願い....
(C)2020 体験談 :あたたら 無断転載禁止

<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

-
続きはまだか
非公開コメント