女性向け・体験談等、様々な短編・長編のオリジナル官能小説・ポルノ小説を無料公開しています。 twitterはこちら! 彼氏がヤッているところをクローゼットの中で見てた - ~に関してのお話(体験記・官能小説)

■目次
 1.トップページ
 2.記事・アクセスランキング
 3.カテゴリ一覧
 4.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円~で販売。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ます!

①【更新】話題の女性専用風俗に〜シリーズ最終話、2/6に更新しました。
 初めての女性向け性風俗サービス_その16』はこちら
②スワッピング=夫婦交換を題材にした新作です
 『スワッピングしま専科 その1』はこちら
③歴代No.1アクセス数作品、最新話5話を追加しました!
 『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④女性用性感マッサージ師、今西と女優の宮野ひとみ。
 セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感>
★ブログランキングで上位目指して頑張り始めました。 以下のバナーを1クリックお願いします!
小説(官能小説)ランキング
FC2ブログ

彼氏がヤッているところをクローゼットの中で見てた

先日の話です。



友人にも誰にも相談出来なくて、ここで吐き出させて下さい。





私は、彼の部屋の合鍵を持っていて、彼のいない時に料理を作ったり、彼の帰りを待ったり。




付き合って4年にもなる私たち。


それは別に特別なことなんかじゃ無く、ごく自然の事として考えていました。




そしてその日。



私はバイトのシフトが急に無くなったので、彼氏に内緒で部屋で待っていようと企みました。




しかも、ただ部屋にいるだけじゃ無くて、クローゼットに中で待っていようと。


ほんの冗談のつもりだっただけど...



...そこから先はご想像の通りです。




鍵をかけていたのはいつもの事として、私の靴だってあるのに..




彼とその浮気相手の彼女はそれに気付きませんでした。




「あはは..」




と笑い声が聞こえたかと思うと、




ガチャ




鍵を開ける音。





何だろう、おかしいな?



と思ったのも束の間。彼氏の声と共に、女の人の声。





少し酔っ払った感じで、語尾が少し怪しい。





「やだぁ..」




とか




「いやっ.....」




とか女の人の声。



彼氏が彼女に対して迫っているのは明らかだった。


.


.何で? 何で?





と突然の事にどうしていいか分からず動転する私。





クローゼットの中から出るに出られず、かと言ってじっとしている訳にも行かず、ただどうしていいかだけ悶えていました。





やがて、声が大きくなったかと思うと、




「やだぁ....だめ..」




「ぁっ...」




と艶かしい女の声。





ちゅ....ちゅっ...





と口付けを交わすような、互いに求めるような声が聞こえてきました。




そして数分程した後...





「入れるよ..」




と言う彼氏の興奮した声の後で交わる声。





まだ顔も見たことの無いその女は、やたらに感じていて、最後はお腹の上に出してくれ、と言って終わりました。





「ぁぁ...」




私クローゼットの中で、怒りや戸惑いでガクガクと震え、少しだけ声を漏らしました。




そして、そのままじっとしていて、2人から寝息が聞こえて来たのを機にそっと抜け出し、荷物を持って部屋を出ました。




相手の女の顔はとうとう確認しませんでした。




ただ、部屋を出た後で急に気持ち悪くなって側溝にもどしました。


(掲示板より転載)

2016/9/16 新規掲載
2019/9/6 内容更新

アマゾン/KINDLEで新作公開しています!
俺は某大手百貨店の外商なんだが、顧客の人妻に電マを持っていったところ (あたたら文庫)

(C)2021 体験談 :あたたら 無断転載禁止


<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント