女性向け・体験談等、様々な短編・長編のオリジナル官能小説・ポルノ小説を無料公開しています。 twitterはこちら! 清純だと思っていたS美が彼氏に跨って - ~に関してのお話(体験記・官能小説)

■目次
 1.トップページ
 2.記事・アクセスランキング
 3.カテゴリ一覧
 4.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円~で販売。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ます!

①【更新】話題の女性専用風俗に〜シリーズ最終話、2/6に更新しました。
 初めての女性向け性風俗サービス_その16』はこちら
②スワッピング=夫婦交換を題材にした新作です
 『スワッピングしま専科 その1』はこちら
③歴代No.1アクセス数作品、最新話5話を追加しました!
 『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④女性用性感マッサージ師、今西と女優の宮野ひとみ。
 セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感>
★ブログランキングで上位目指して頑張り始めました。 以下のバナーを1クリックお願いします!
小説(官能小説)ランキング
FC2ブログ

清純だと思っていたS美が彼氏に跨って

清純だと思っていたS美が


ショックだったが、清純だと思っていた知り合いのエッチを覗き見たんだ。



動画とか画像を残さなかったのが非常に悔やまれるが、未だにオカズとして不動の地位にある。


思いがけないラッキースケベ。



だいたいはこんなシーン。
時間のある方は見て欲しい、と思う。



ある日、俺と友人(男)が友人の部屋で酒を飲んでいたんだ。


時間にして2、3時間かな。

俺は部屋の隅の方で酔いつぶれて寝ていた。



そして友人(男)も同じように爆睡。

俺の隣で軽いいびきを書いて転がっている。



そんな時だ。


友人の彼女のS美がノックもせずにドアを開けて部屋にやってきた。


それで普段しているのかどうか分からないが、彼女はカーテンの陰に隠れていた俺に気付かないで、友人の身体を使ってエロ行為を堪能してたーーー


というわけ。
以下簡単に記載したい。




俺がふと目が覚めたのは人の気配がしたから。




ちょうどカーテンの陰になってライトの灯りを避けていた俺は、薄眼を開けた。



そしてその時に、人影を認識した。


(S美.....)



それは友人の彼女、さらさらのロングヘアーで清純系。


色白華奢でぱっちりお目々の友人自慢の彼女だった。




彼女は友人が酔いつぶれて寝ているのを見ると、近づいた。


そして勝手にキスをし、首筋を舐め回し始めた。



やがてーーーー



それに飽きたのか彼のズボンを下ろしたんだ。



(まずい...?)




最初の内、キスしている時にも嫌な気配は感じていた。


だが、ここに来てその予感は的中する。



俺は「ここにいるぞ」と名乗り出ようかと思ったが、S美がすぐに友人の息子を咥え、じゅぽじゅぽと音を立て始めたのを聞いて、身体が固まってしまった。



じゅっ…っぷ


っぷ……っ…




S美は積極的にフェラしていた。



意識の無い友人の股を開かせて、ちんぐり返しのようにして、息子から玉から舐めまくり、吸いまくる。



「っぁ...んんっ...」



唾液の滴る音とともに、切ないようなS美の呻きが聞こえた。



部屋の中にじゅぼじゅぼといやらしい音が響く。






俺はそんな様子を彼女に気付かれないようにして、ガン見していた。



もう、堪らなかった。


半勃起状態のペニスがS美の口を出たり入ったり。


愛おしそうに、好きでたまらないって感じで舐めてるんだ。



普段、AV見る時でもフェラシーンは早送りしちゃう派の俺だけど、この時だけはガン見した。


とにかく、とにかくエロかったんだ。

いやらしかったんだ。



やがてーーー



S美は下着を脱いだ。



ややタレ気味の、ただそれが異常にエロく感じさせるDカップ程のおっぱいが見えた。


そしえやや濃いめの陰毛に覆われたアソコ。





そして、意識の無い友人に跨るS美。



一瞬だけ、S美の陰毛と赤黒い股間の様子が見えた。




(ああ……)




心の中で、俺は声にならない声で呻いた。


興奮が、性的な盛り上がりがたまらなかった。





友人の、普段清楚だと思っていた女がマッパになっているんだ。




胸の膨らみも、尻も全てをさらけ出して、そして俺に見られている事に気づかないでいて。





そして後はS美がヨガリまくる光景。



自ら乳を揉み、身体をくねらせながら上下に腰を揺する。



ただ一心に、快楽を求めるように、彼女はSEXに興じていた。



文字通り、にね。






やがてS美は「くぅっ....」と唸った。



後はガクンガクンと震え、しばらく友人に重なっていた。



(…………)






俺は終わったのを見届けると、再び目を閉じた。



心臓の鼓動は頭の中で痛いくらいに響いて、木霊していた。



俺は完全に勃起した状態でその場で寝たふりをしていた。


そして、息を吐いた。


(このまま…寝よう…)




そうして何事も無かったかのように、この異常な状況をやり過ごそうと思ったのだが、しばらくしてS美が近づいてきて、俺の身体に触れた時、またもや鼓動が早くなるのを自覚したんだ。

2017/5/17 新規掲載
2020/7/24 大幅更新

アマゾン/KINDLEで新作公開しています!
俺は某大手百貨店の外商なんだが、顧客の人妻に電マを持っていったところ (あたたら文庫)

(C)2021 体験談 :あたたら 無断転載禁止


<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント