早漏の彼、事前に抜いてあげたら - 官能な体験談・短編、フェチ話


早漏の彼、事前に抜いてあげたら


本文は少し↓です
筆者より
①童貞男子が兄貴の部屋に居た女性を..
『僕はワンピの女性を撫で回した』はこちら
②歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。日々更新予定..
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
③アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
④『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

早漏の彼、事前に抜いてあげたら

ちょっとここで吐き出させて下さい。




付き合って半年になる彼は早漏で、生だと1分くらい、ゴムを着けても2、3分でイッてしまうんで、常々少し不満に思っていました。




そこで彼が、


「先にフェラしてくれない?」」


「出したら長持ちするからさ」




って私の不満を分かっていたかのように言ってくれた。




心の中でモヤモヤとしていた私は、早速彼に迫った。




まだシャワーも浴びていなかったが、ズボンを下ろし、トランクスをずり下げ、すえた匂いのする彼自身を咥える。



「ぉぉぅ...」





たちまち大きくなる彼。




私の口の中で膨張し、ゴツゴツと当たった。




ぢゅるっ...っる..


っる....





私は、この後のご褒美Sexを夢見て頑張った。




30分くらい続く、...AVで見るようなプレイ!




激しいバックからの突きが延々と続くことや、騎乗位、座位なんか、普段はなかなか出来ないプレイを夢見た。



やがて...



「ぁあ...もう..いきそう...」





私のおっぱいを揉みながら、彼が呻いた。



そして、きゅっと乳首を摘んだままで、じわーっとした液が滲み出てくる。



「ぅ....ぅ.......いっく..」


「あ...だめだ...っ....」





苦しそうな声がして、そして私の口の中へ。





普段はあんまり口の中に出されるのが好きじゃないけど、頑張って最後まで出させてあげた。





「ぅぅ....ぅっ...」


「ぁーーー....」



精液で口の中が満たされたまま、彼のモノを舌で転がしてあげると、狂おしい声を出した。




「んん...」




私は彼のモノを口から出し、そして精液をティッシュに吐いた。


「ね....」





私は彼に身体を寄せると、彼の手を自らの胸に。




後は彼が優しく抱きしめてくれ、その後で長い、熱烈なSexがあると信じていた。




...が、出した後の彼は冷たかった。



眠そうで、ダルそう。




「ごめん....なんか...」




「お前のさ...激しくて..さ...」





彼はそのままコテン、と横になるとしばらくスマホをいじっていて、そしていつの間にか寝ていた。




「もう..」





ばかばかしいやら呆れるやらで、怒れなかった。



二度とこんなことはしてやるもんか、と思って悶々としていて、しばらくして寝ている彼の横で自分でして、寝た。

2017/7/14 新規掲載
2019/8/19 内容更新
なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント