左利きの巨乳歯科医と

本文は少し↓をご覧ください。

筆者より

なにとぞ..↓ 1押下頂けると幸いです(別窓開く、ただ今ランク6位→3位→5位)


官能小説ランキング

FC2ブログ

左利きの巨乳歯科医と

マジな話をする。

以前、と言っても10年程前の話だが、当時の俺はまだ若く、結構モテた。

仕事もうまく言っていたし羽振りが良かった。女にも不自由する事なく、人生こんなもんだ、なんてタカをくくって生きていた。

そしてある時、歯が痛くなった。
原因は親知らずが知らない間に伸びていて、周りの歯を圧迫していたから。

ズキンズキンと痛んで仕事にならないので、会社を早めに上がらせてもらい、会社近くの歯医者に飛び込んだ。


受付で事情を話す。
するとラッキーな事にすぐに案内され、やがて歯科医が現れた。

おっさんは歯科助手にレントゲンを撮るように指示し、そして

「来週抜いちゃいましょう。抜いた方が良いですよ」

と言った。
色々聞いて見たら、抜く以外に根本的な治療法はないと言う。

俺に選択肢は無かった。

次の週、俺は再びその歯医者を訪れた。
再び会社を早めに上がり、気負って行く。


そして受付で案内され、前と同様に横たわるとーー..


出てきたのは若い女性歯科医。

「橋本です」


彼女が俺の担当医師だと言う。
そして前に見てもらったおっさんが「こんにちは」と横から出てきて、レントゲンの写真を見ながらあれこれと彼女に指示を出す。

(ぁぁ...)


そのやり取りは見るからにベテラン医師と新人医師のやり取り。

マスクの上からでも、緊張している彼女の雰囲気が見て取れた。

「では..」


早速彼女の治療が始まった。
口の中を丹念に覗き込み、そして麻酔注射をした。

「はい、じゃあ暖めますね」


注射が終わると彼女がこちらを見てニコッと笑った。

俺は少しぼおっとする意識の中、彼女の顔のつくりを改めてまじまじと見た。

(おお..)


マスク補正がかかっているのかどうかは分からなかったが、結構な美人に見えた。

少し背は高め。
長めの髪の毛は束ねられていて、頭の上に乗っかっていた。


「じゃあ..始めますね」


彼女が作業を始めた。
再び口の中の様子を確認すると、歯を抜くためのペンチみたいなものを取り出す。

(いよいよか..)


そう観念して新人らしい彼女の腕に期待する。


「んっ....ん..」

歯にペンチが引っ掛けられ、そして力が込められた。

「ん....ん...」


彼女が少し唸った。
だが、歯はビクともしない様子。

彼女が少し考えていて、そして少し焦っているように見えた。

そして体勢を変える。

俺の右側で作業をしていたが、頭の方から、そして最終的には左側に回り込んで、うんうんと力を入れる。

(あ...)


彼女が力を入れようと身を屈めた。
女性の力では難しい程に俺の歯が強く根ざしていたのかもしれないし、生え方がおかしかったのかも知れない。

なんせ彼女は身を屈めた。

そして、彼女の胸元がふにゃっ..と俺の頭に。

「ぁ..すみません..」


彼女はその事に気付くと、俺に詫びた。

だが、その後もふにゃん、ふにゃんと何度も胸がおれの頭を押す。

(ぁぁ..)

俺自身、もうなんだか堪らなくなった。
歯を抜かれようとしているので切羽詰まった状況だったが、このシチュエーションで胸の圧迫は異常に興奮を呼んだ。

(ああ...おっぱい..触りたい..触りたい..)


目の前に、どアップて展開する彼女の胸。
見た目と感触で、少なくともEカップ以上、ブラをした上での柔らかさで言うとそれ以上あるように思えた。

(触りたい...触りたい...)


手を伸ばしたかった。
掴みたい、掴みたい、と念じているところ、

ガリッ..

歯が抜けた感じがした。


「ふぅっ...」


彼女が安心したような息を吐き、そして俺の顔を見た。


「すみません、時間かかってしまって..」


俺は処置をしてもらい、うがいをしている間、ぼおっとさっきの状況を思い出していた。


その日はそのまま帰った。
ズキズキと、麻酔が切れた後が痛み、薬を飲んで早めに寝た。


そして数日後、抜歯後の検診で改めて歯医者へ。

彼女が現れて、「どうでしたかー」とややリラックスしたような感じで笑顔を振りまいた。

再び口を開ける。

「ぁー..うん...うん...」


確認し、消毒のガーゼなんかを詰めていた。

そしてその間もこの前程では無いが、やんわりと胸が当たる。

「大丈夫ですねー」


彼女は俺にそう言った。

「他には悪いところ無さそうですからいいですよ。」

「お疲れ様でした。」


俺は礼を言い、のっそりと寝台から降りた。
彼女の後ろ姿を追ったが、次の予定があるのか彼女の姿はもう見えなかった。


帰り、精算を済ませて2Fにあるその歯科医から外に面した通りに出た。

「さて..と」


なんだか晴れやかな気分になって暗くなった辺りを見渡した。

その時

「あー、お疲れ様でしたー」

後ろから声がかかり、振り向くと髪の長い女性。

すらっとして、清楚で美人。

(誰だ?)

と思っていたら、さっきの歯科医だった。

「あーーっ..」


俺は彼女の顔を見て笑い、向こうも笑った。
そして礼をして去ろうと思ったが、やっぱり心残りがあって、彼女の後を追っかけて声を掛けた。


「すみません...お茶でも、どう?」


声を掛けた時、彼女が驚いた様子だったが、少し考えてOKしてくれた。

それから1時間、彼女と微妙な関係の空気の中話をした。

仕事のことお互いのこと。

そこで分かったのは、彼女が今年の春に大学を卒業したばかりで、あの病院には研修医みたいな程で入ったばかりだと言うこと。

そして俺は初めての本格的な処理、親知らずの抜歯で実はあの時非常に興奮していた、と言うこと。

互いの連絡先も交換した。
そして、機会があればまた会いたいと約束をした。


「じゃあ..」


別れて彼女を見送った。
向こうに歩いていく彼女。

だが、数歩歩いて、こっちに振り返った。

そして戻ってくる。


「大沢さん....」

彼女は俺の前に立ち、何も言わなかった。

俺は彼女を飲みに誘い、そのまま最終的には自分の部屋へ。


彼女とは、明け方までSexをした。
脱がせてみると、Fカップ。

薄めのブラに、はち切れんばかりの胸の肉が詰まっていた。

俺は、彼女に俺の上に覆いかぶさるように依頼し、そして歯科治療を受けているかのように、下からそれを眺め、口を伸ばして先を吸った。

「ん...やぁ...」

目の前でふるふると揺れて、ぶら下がったおっぱいを、唇で追う。

巨乳な割に、結構しっかりした形と色を持った彼女の乳首を唇でつまみ、舌先で転がす。

「ん.....んん...」


彼女は長い間それに耐えていたが、やがて力を失って俺に倒れこみ、そして大きな胸が俺の顔を潰した。

後はおっぱいを揉みまくる。

胸が弱いと言う彼女とおっぱい好きな俺。


舐め、顔を埋め、引っ張った。
相手が歯科医と言うのも興奮を呼び、堪らなくなってそのまま下着を脱がして挿入。

そんな風にして過ごした。

結局、彼女とはその後付き合うことになった。
一時期は結婚、なんて話もあったがうやむやになって別れた。

そんな感じ。
関連記事

なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

無題

ひろし
巨乳~羨ましいな
非公開コメント