かつて見たストリップ劇場のまな板ショー - 官能な体験談・短編、フェチ話


かつて見たストリップ劇場のまな板ショー


本文は少し↓です
筆者より
①過去にご好評頂いた作品をリメイク。声掛けした超絶美女は....
『通りがかりの超絶美女をナンパしたらデリヘル嬢だった件』はこちら
②舐め犬(クンニ犬)なるモノを余儀無くされて...
『罰ゲームでなめ犬になった俺』はこちら
③歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
⑤『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

かつて見たストリップ劇場のまな板ショー

かつて見たストリップ劇場のまな板ショー



名古屋の上前津、と言うJR中央線の駅の近くに住んでいたことがある。


その時、近所にストリップ劇場があり、何度か通った。



記憶が曖昧な部分もあるが、昭和の雰囲気を残していて嫌いじゃなかった。



そしてそこで見たまな板ショー



今の感覚で言えばアウトだが、

当時は「場末のストリップ劇場だからまあいいかな」


みたいな空気があった。





この前、新宿の有名ストリップ 劇場が幕をおろした。


なんだか寂しくなった。


久しぶりに行ってみたいと思う。


その時の事を書く。




ーーその劇場は今は無い。


何年か前のニュースで廃店したとの記事を見た。



あの辺りは高架に沿った道路沿いで再開発とかとは無縁。


だから、多分取り締まりの影響が大きいんだと思う。


そして、あの店の内容だと、それも仕方がない、って思えるレベルだった。





それはどんなかと言うと……


まず5,000円程度の入場料を払って店内へ。

中では既にショーが始まっていて、暗い




わぁわぁと言った、歓声が聞こえた。



座席は結構埋まっていて盛況。

だが、基本的にストリップ劇場という奴は入れ替え制じゃない。


一度入店すれば、何時間でも、閉店までは居てもいいんだ。



だから、営業開始時から入店したコアな人たちが終日いる。

(そんなところが儲からない=閉店、につながったのかもしれない..)




そして嬢が次々に現れる。

ダンスあり、寸劇あり。


エロを差し置いてなかなかに楽しめる内容だった。




ーー休憩。

また寸劇が始まるのかな?って思っていたらを突然場内が暗転。





「…?」



と思ったらロシア人風のパツキンお姉さんが2人登場。

真っ白な肌に、金髪の陰毛。




(おおっ!)とそれまでとは違ったテンションで盛り上がる。




もちろん、場内のおっさんたちも大興奮。


そしてロシア娘は来ていた天女の羽衣みたい
な薄いショールを颯爽と脱ぐと、見事な形のおっぱいが登場した。




プルンプルンと最前列のおじさん達に披露する。

おそらくFカップ以上。



思えば、外人さんのおっぱいを直接目にしたのはこの時と、昔新橋にあった、ストリップ ビアガーデンでのロシアンヌードショーくらい。




そうやって彼女達が悩ましい痴態を披露する事数分。

突然ダンスが終わり、司会者が壇上に登場。



(?)


と思ったら、マイクパフォーマンス。




「えー、皆様、ご来場、ありがとうございますっ」




「ではーー、今から、皆さまお待ちかねのっ…!」




「濃密なおひとととき!」



「この美女達との濃密なお時間を堪能出来る方、1名さま大募集です!!」


「いかがですか!いかがですか!」



司会者がここぞとばかりに声を張り上げた。


(なんだろう…?)



それまでのヌードショーとは一転した状況に、動揺を隠せない。

それでも、場内の客達は、それがお決まりであったかのように、皆一斉に手を挙げる。




その数10人程度。



めいめいに、「俺がっ」「俺がーー」とわめき散らした。



そして始まったのが、応募者によるジャンケン大会。


激戦の末、勝利を勝ち取ったのは、いかにもイケてなさそうな童貞風の大学生だった。



(これは面白いことになった)



何が始まるのかと、私は興味津々彼の様子を眺めた。




彼は舞台に恥ずかしそうに上がった。


勝負に敗れたおじさん達の羨望の眼差しを浴びながら、はにかみ笑いを浮かべた。


そして左右のロシア娘を見て、物欲しそうに視線を送る。



ロシア娘は、笑顔を見せた。



そして彼の身体をまさぐり、慣れた様子で服を脱がすと、マットを敷き、そこに寝かせる。


あとは簡単にウェットティッシュで彼のモノを拭く。


そう、まな板ショーが始まった。


チャラララララー

チャラララ、ラー


お約束の音楽が流れる。



そして、ロシア娘が舞台で踊る。

おっぱいがぷるんぷるんと揺れた。



童貞風の彼は舞台の中央に寝かされたまま。




だが2人の美女は彼のそばに近寄っていく。

寄り添い、ゴムを取り出し、丁寧につけてゴムフェラーリを始める。


学生風の彼の顔が歪んだ。


「エロー」


「羨ましいっっ…」


場内から歓声や雄叫びが沸き起こる。



しばらくフェラが続いた。

そしてロシアン娘が彼の股間から口を離すと、そこにあったのはビンビンに勃った彼のモノ。



(今にして思えば、フル勃起した他の男のモノを直接見たのはあれが最初で最後かもしれない…)




娘達は、はなぜかティッシュみたいものを用意。

その真ん中に穴を開けて....そっと彼の息子に被せた。


(なんで?)


と思ったが、もしかすると毛ジラミとかそっち関係の予防だったのかも知れない。


とにかく、ゴムをされ、ティッシュを被せられたのは最早ちん◯に見えない物体。


想像できるだろうか。


ロケット状の棒に、穴を開けたティッシュが被せられている様子を。



それでも目掛けてロシア娘が跨る。

おおよそ、セックスだなんて言えない、単なるアソコにアレを突き刺しただけにしか思えない行為だったが、


「ぁぁっーーーー!!」



場内に溜息に似た声援が響いた。


「ォォゥーー」


「ァァァー」


ロシア娘の喘ぎ声が響き渡る。


確実に演技だとは思うが、この際どうだって良い。この異常な状況で、盛り上がりに華をそえる。


「はあっぁ…」

「ぁぁぁぁっ…」



そして狂おしそうな学生の彼。


時間にして1、2分。


学生風の彼は思ったより早くイッてしまった。


あとはぐったりと、満足そうな顔をして横たわっている。


場内には「なんだ」とか「はええな」とか「もっと頑張れ」とか歓声が飛んだ。


そして、何故か拍手。


それは娘か男の子か誰に贈られたものかはわからない。


ただ、私も同じように拍手をした。



「ふぅ...」


ショーが終わり、再び休憩。

私には、不思議な感情が芽生えていた。



(ロシア人っていいな)



白い肌、金髪に髪と下の毛、頭に思い描いた。


彼女達との性行為を妄想した。



「えっ、えーー」



場内にアナウンス。


「えーー、ただいまショーに出ましたイリーナとルース、お2人は別室に特別サービスをご提供しています」


「皆様是非、ご利用ください!」



その声が響くと、場内のおじさん達数人が一斉に席を立った。


そして壁際に並んでいる。


その数10人あまり。

皆、札を手にわいわいと行儀よく並んでいた。


(この人たち……)


もう、この一連の流れがいつもの事なのだろうと思った。




そしてさすがにこれはマズイんじゃ...

と思った。


もちろん、私は列には加わらなかった。


当時の私にはその勇気は無かった。



そして数年後、その店は摘発を受けていた。


今でも地方の温泉とか行ったらまだああいうのあるんだろうか、と思う。

2016/12/22 新規掲載
2019/7/20 内容更新
なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント