女性向け・体験談等、様々な短編・長編のオリジナル官能小説・ポルノ小説を無料公開しています。 twitterはこちら! 外資系製薬会社の直紀と病院スタッフの美希 その1 - ~に関してのお話(体験記・官能小説)

■目次
 1.トップページ
 2.記事・アクセスランキング
 3.カテゴリ一覧
 4.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円~で販売。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ます!

①【更新】話題の女性専用風俗に〜シリーズ最終話、2/6に更新しました。
 初めての女性向け性風俗サービス_その16』はこちら
②スワッピング=夫婦交換を題材にした新作です
 『スワッピングしま専科 その1』はこちら
③歴代No.1アクセス数作品、最新話5話を追加しました!
 『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④女性用性感マッサージ師、今西と女優の宮野ひとみ。
 セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感>
★ブログランキングで上位目指して頑張り始めました。 以下のバナーを1クリックお願いします!
小説(官能小説)ランキング
FC2ブログ

外資系製薬会社の直紀と病院スタッフの美希 その1


「なあっ! 彼氏と比べてみろ!」



「どっちが!どっちがいいんだ? なあ」




少し電気を落とした部屋で男女が交わっていた。



男が叫びながら、互いに股が交差するところをずこずこと突く。




「やっ… ぁぁっ……」





「ぁぁ……」






「はぁっ...!」







女は、下半身を中心に、じわぁっと快感が広がっていて、やがてそれが頂点に達するような感覚を覚えた。






(い..いきそう...)




思わず、口元に手を当てて息を呑み込んだ







■プロローグ



大西 直紀29歳、独身。


外資系の製薬会社に勤めるMR。



同年代の若者には手に届かないような年収があり、背も高く、顔立ちもいい。




そして彼は会社の派遣社員や、営業先の病院のスタッフ、女性医師なんかから、とにかく評判がいい。



見た目が良いだけじゃなくて、喋りも上手。


気配りができる。




だから、彼はとにかくモテた。




自分から誘わなくても、彼が1人でいると自然と異性の方から話しかけてくる。




そして、相手は好意を抱き、やがてそれは恋に似た感情へと変わる事が多かった。




それは、彼にとっては真に望んでいる事ではなかったが、副次的な意味で彼の欲望を満たすことになった。




ーーー彼自身の嗜好



それは恋人や旦那がいる女。


そんな女に自分の事を好きだと言わせること。


それも、行為の最中に。




直紀は自分が歪んでいると分かっていた。



ただ、それはどうしようも無かった。





■病院で


直紀はその日も、得意先の病院にいた。



当直の医師のアポイントメントが16時に取れたので、病院の待合室で待っているが、まだ声は掛かりそうも無い。





「はあ…まだか…」




独り言を言って時計を見る。



16時半を回ったところだった。





もうかれこれ、1時間近くこの病院にいて、ここに座っている。




そういう事はこの仕事においてはごく当たり前の事だったが、目当ての医師にはどうしても今日話しをしたかった。



だからずっとここでこうして、待っている。





(大丈夫…かな…)




少し心配になった。



医師が自分との約束自体を覚えているかどうかという事。




もう一度時計を見た。




(声、掛けようか..)





そう思ったところで、病院の若い女性スタッフが駆け寄ってきた。





「大西くん。」




スタッフの美希。



事務や総務の仕事を担当していて、直紀のようなMRなんかの業者対応を受け持っている。



灰色の、ストライプが入ったジャケットを着ていてぱたぱたと駆寄る。



「美希ちゃん....」






彼女とは知らない仲では無い。



一度、何人かと飲みに行った事があった。だが、身体の関係は無い。





「待った? ごめん!」




美希は両手を合わせた。




直紀は彼女の身体を眺め、その服装やスタイルを何気なくチェックした。






(ふぅん..)




それは直紀がいつも自然な行為としてしているもので、美希を特別に思っている訳では無かった。



それでも彼女の美貌は目を惹く。


スラッとした背丈に腰回りが細い。



彼女は自分のような病院回りのMRにも評判が良いことは知っていた。






「先生.........やっぱりダメだって…。」





「別の用事が入っちゃって…」



美希はすまなさそうな顔をした。





「ああ…そうか…やっぱりね。」




ふうっと、ため息が自然に出た。



そして、立ち上がる。





「いいよ。ありがとう」



「また、出直すから。 でも…」




直紀がそこで言葉を止めると、美希が不思議そうな不安そうな顔を見せた。


次いで直紀の発する言葉を待つ。





「美希ちゃん、前もこんなだったの覚えてる?」






直紀は冗談ぽく非難めいた視線を投げた。






「美希ちゃんが大丈夫だって言うから…」




1時間程前、ダメそうだったら今日は辞めておく、と彼女に話したのを、美希が「大丈夫」と言って安心したことを言っていた。




美希はまた、すまなさそうな表情をするした。





「ごめん..」





「本っ当に悪いと思ってるの」




「だから、お詫びの印に、また飲みに行くのって…どう?」






美希が直紀に近づいて小さく囁いた。




「これ?」





直紀が右手をクイっと上げて、飲むような仕草を見せる。






「うん、それ」



「私ね..」




「また大西君と飲みたかったんだー。」





「今度は、出来れば2人で.....ね?」




美希が頬をやや赤らめて言う。





「んーー..いいね」






「是非、お願いしたいね」






直紀が軽快に切り出した。


そして、美希に向き合って話す。






「じゃ、どこで待ち合わせしようか」




直紀は機嫌を取り戻したように表情を変え、そう返事した。


美希は笑顔を振りまいた。


そして直紀の傍らでスマホの予定を確認し始めた。




■居酒屋で


22時



もう、かれこれ、2時間近く飲んでいた。

直紀も美希も飲みのペースはゆったりとしたもので、互いに杯を勧める訳でも無く、気になることを会話しながらちびちびと飲んで居た。





「なあ、美希ちゃん。」




直紀が少し気だるげに声をかける。





「何?」




美希がグラスを手に持ちながら反応した。






「そろそろ、帰ろっか。」






直紀がスマホの画面を見ながらそう言って、美希の方を見た。





「えーー...もう?」





美希が困ったような表情を見せ、少しぶりっ子風に装う。





「だって..もう、ね?」




直紀がスマホの画面、時刻表示の部分を見せた。






「うー..」






美希がそれを見て、何か言いたそうにしたが、結局は何も言わないで黙った。



そそくさ、とテーブルの上を片付けて後は直紀に従った。





「あー..酔っ払った」




美希がそう言って、直紀の横を歩いた。



そして店を出て、歩道をとぼとぼと歩く。


その間、2人、何も言わない。





「.......」




長い沈黙が続いた後、美希が口火を切った。





「ねえ!」



「大西君!」






突然の美希の声に直紀が反応して振り返る。





「何..? 美希ちゃん。」







驚いたように、その端正な顔が少し緊張感を持った。



美希が直紀を見つめていて、そして最初の内はパクパクと唇を何度か開く。




「わ..」





「私のこと...」




「嫌い?」







美希が道路の真ん中に立ち止まり、直紀の方を見ていた。




■問答


「...........」




「嫌いじゃ...ないけど...」






2歩ほど美希が近寄った。



「...誘ったり....しないの?」







美希は小さな身体を震わせて言う。


直紀は半歩前に歩いた。





「.....だって...」






「美希ちゃん。彼氏...いるよね。」






美希の目がびくっと反応した。


右手が少し上がる。




それは美希が動揺した時の癖で、その手は右耳後ろの方へ。



美希は頭の中で何かを想像し、そして少し俯いて肯定した。





「ぅ....ぅん..」




「だ....だって..」







そして、直紀を見つめていた視線を下にそらした。





「だからーー.......ね。」





直紀がほらね、という感じで美希と同じように手をあげた。



彼女には興味が無い、という風。



最初は冷たそうな感じで、そしてしばらくして真面目な顔になり、最後は優しい表情になった。





「でもーーーーーー」




「俺で..いいの?」






また半歩前に進む。



美希は唇を噛み締めた。





「俺みたいな....男でいいんだったら....」



「喜んで!....だけど.....」






直紀が美希を見つめた。


美希の顔の緊張が緩む。




ふぅっと息を吐いて、そして吸った。




美希が、ほとんど分からないほどに、僅かに頷き、またパクパクと唇を動かした。





「いいの?」



「ね..」





美希の質問に答えるかのように、直紀が両手を左右に広げて脇を開けた。





「......うん...」



「うん…!…ぁぁ……」






直紀から小さくその声を聞くと、美希が小柄な身体を直紀の胸に預けた。



直紀の腕が彼女の身体を包み、締め付ける。




「ぁぁ.....ぁ.....」




「大西...君、大西君!」






美希が顎を上げて、直紀を見上げた。




そこには端正な直紀の顎があり、その向こうには薄い唇があった。






「キス....キスしたい....」





美希が唇を無防備に晒して言う。





「ね....お願い....」





美希が唇を僅かに開けた。





「だめ。まだね...」






直紀はそうは言ったが、彼女の唇にそっと唇で触れた。



上唇をなぞり、先端をつつく。





「ふっ.....ぁ.....」





「ぁぁ…っ…ぁ…」




美希は一瞬、身体がぞくっと震えたような感じになり、身体の力が抜けた。



そして少し放心状態になった美希の腕を掴んで直紀が歩き出した。





「やだ...意地悪い。」





美希はつまらなさそうにして、だが嬉しそうに彼に身体を預けた。



そしてそのまま歩いて行った。



■部屋に入ったら


タクシーがコンクリート打ちっ放しのマンションの前に止まる。


そして車内からは直紀と美希が2人、腕を絡ませながら車から降りた。



「美希ちゃん....いいの?」




「部屋に入ったら、もう帰れないよ?」





直紀は冗談ぽく、おどろおどろしく美希を脅した。



「ふふ....」




「うん......」




美希は笑い、その顔を直紀の腕に埋めた。


それが彼女の返事だった。




ピーッ......ガチャ.....




電子錠が開く音が響いた。



そして暗い部屋に廊下の灯りが差し込む。




バダンッ...




ドアが閉まると、直紀が灯りをつけた。





「ようこそ。上がって。」






直紀が案内すると、美希が恐縮しながら靴を脱いだ。





「なんか...緊張するね....」





直紀はそう言う美希の肩を抱き、灯りを付けて歩いた。






「わぁ..」




美希が感嘆の声をあげた。



2Ldkの直紀の部屋は、きちんと片付いていて、驚くほど清潔で、乱れが無い。






「もしかして、私が来るの、分かってた?」






美希は直紀の顔を見た。





「まさか。いつも、こんな感じだよ。」





「……と言うのはウソ。」





「美希ちゃんと一緒に来れないかなぁ、なんて思ってたよ?」






直紀がそう言うと、美希は笑った





「ふふ…ウソでも、嬉しい」






直紀は美希にソファに座るように勧め、当然のように冷蔵庫から酒の瓶を取り出す。




「飲もうか。」





栓を開け、美希に手渡す。





「....もう。」



少し重ための瓶。




美希はそれを受け取ったが、それを手渡した直紀の手を離さない。





「ね.........」




「そっち、行ってもいい?」






甘く、ねだるような声を出した。


直紀は瓶に口をつけながら答えた。





「えー。別に、いいけど....」





「まあ、落ち着きなよ。」





そう言うも、美希も手をとっては丁寧に揉みしだく。



指を握り、そして手首を押した。




「ぁ........。ぁぁ......」




美希が呻きながら、少し立ち上がって、直紀の隣に移動する。





「ね....ねぇ...」



「ね...大西君」





美希が身体を寄せた。





「好き、好きなの。」




「好きよ…とっても……」






美希は直紀の胸に身体を預ける。




そして彼の胸元に顔をうずめ、その匂いを嗅いだ後、その顔を見上げた。





「ぁぁ……っ…」





「ぁぁ…」





直紀の身体のあちらこちらを鼻先で弄り、匂いを嗅ぎまわる。





「んー...」



「っぁぁ.........」





「やだ....私.....なんか.....」





美希の手は直紀の厚い胸板をさすり、揉んでいた。




彼女自身、自分がどうしてこれほどに 直紀に夢中なのか、よく分からなかったが、今自分がしたいことはこれだ、とハッキリと自覚出来た。




当の直紀はそんな美希を冷静に見下ろす。




「好き......ねぇ....キス...」





美希の要望に対し、顔を傾け、再び唇をさらけ出した。





「ね.....」




美希がねだった。


だが、彼はつれなく横を向いた。





「まだ。まだ。」





「シャワー、浴びようか。」





そう言って、美希の膝の下に手を差し入れる。




「よ……」





直紀は美希の身体を持ち上げ、自らの身体の上に乗せた。




「あっ.....」




一瞬の事に、美希の身体がぎゅっと硬くなった。





それを、直紀の指先がほぐしていく。


右手で美希の身体をなぞり、押し、さすった。





「美希ちゃん.....」




彼女の身体中をさんざんに弄ったあと、直紀は彼女の胸元のボタンに触れた。





「や.........」



「ぁ..」



びくんっと反応する美希。




「外すよ? 」





「一緒にーー、シャワー浴びようよ…」




2つ目と3つ目のボタンをゆっくりと外す。





美希の白色の下着の膨らみが露わになった。





「ここ.....」




直紀は美希の胸の谷間に指を這わせ、上から下へとなぞった。





少しむにゅっとへこみ、彼の指先をうずめた。





「や........やだ..........」






美希が反応する。



さらに数回、ゆっくりと、指の腹で愛撫し、後は黙って作業を続けた。




直紀は彼女のシャツのボタンを全て外し終わった。



指先でシャツをつまみ、左右に開く。






「ふっ.....ふぅ......」




「..............ぅ....」




美希が粗い呼吸を繰り返していた。




白い、端がレース状のブラが直紀に見つめられていた。




Eカップの胸も、その全体の感じが見てとられた。






「ぁぁ..」




美希は、まだ下着だけなのに..と思いながらも至近距離で、直紀に見られる事でゾクゾクとした妙な感覚に襲われていいると感じていた。




鼓動が高鳴り、下半身が妙だった。



『外資系製薬会社の直紀と病院スタッフの美希 その2』はこちら

2016/12/26  新規掲載
2019/11/2 内容更新

アマゾン/KINDLEで新作公開しています!
俺は某大手百貨店の外商なんだが、顧客の人妻に電マを持っていったところ (あたたら文庫)

(C)2021 体験談 :あたたら 無断転載禁止


<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント