女性向け・体験談等、様々な短編・長編のオリジナル官能小説・ポルノ小説を無料公開しています。 twitterはこちら! 男女5人で雑魚寝してたら隣に寝てたのがキスしてきて - ~に関してのお話(体験記・官能小説)

■目次
 1.トップページ
 2.記事・アクセスランキング
 3.カテゴリ一覧
 4.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円~で販売。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ます!

①【更新】話題の女性専用風俗に〜シリーズ最終話、2/6に更新しました。
 初めての女性向け性風俗サービス_その16』はこちら
②スワッピング=夫婦交換を題材にした新作です
 『スワッピングしま専科 その1』はこちら
③歴代No.1アクセス数作品、最新話5話を追加しました!
 『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④女性用性感マッサージ師、今西と女優の宮野ひとみ。
 セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感>
★ブログランキングで上位目指して頑張り始めました。 以下のバナーを1クリックお願いします!
小説(官能小説)ランキング
FC2ブログ

男女5人で雑魚寝してたら隣に寝てたのがキスしてきて

夏の話。

別にヤレたとかそう言うんじゃないから初めから断っておく。

今年の夏、ゼミの仲の良い友人達で伊豆の熱川へ行った。

昼の間は海水浴、夜は飲み会。

海で泳いだことと、すっかり日に焼けた事もあって、いつもより酔いがまわるのが早い。

そこで22時過ぎにはすっかり酩酊。

誰かが明るいから、と言って電気を消したところまでは覚えている。

だがそこで俺の意識は途切れた。


(ん.....)


気がつくと真っ暗闇。
俺は自分自身が横たわっている事に気付いた。

そして、妙な違和感。

重苦しく、圧迫感があった。

(この感じ)


思い出す。

そう、思い出した。キス
しかも激しいの。

意識が戻った時、俺は確かに誰かにキスされていた。

唇がねぶられ、舌先が侵入してくる。
互いの口と口が重なり合う感覚。

息苦して、生臭い。

そして酒の匂い。


(これは.....)


混乱して、自分に覆いかぶさっているの何者か確かめ。理解しようとした。

その時の俺を支配していた恐怖。

それはキスしているのが男じゃないか、と言う事。

相手の反応は明確ではなく、明らかに寝ぼけたような感じ。

もし、男の誰かが俺に対して...


ゾワッとして慌てて相手の身体に触れる。

むにゅっとして、柔らかい。

(ああ...おっぱい...)


俺は真っ暗な中で、目の前の身体を必死で弄った。

乳の膨らみを揉み、抱きしめる。

「んっ....ん...」


すると、女の息遣い。

自分の唇を貪る口からも漏れる。


(ああ...)


俺がドキドキとしていた。
このままどうにか...

そんな期待を抱き始めた頃、

「うん.....」


俺の唇を覆っていたのが離れ、傍らに転がっていく。


すぅっとした口元。
さっきまでキスされていたのが嘘見たいだった。

「ぁぁ...」


俺はドキドキとしたまま、さっき夢中で触った胸の膨らみと、唇の圧迫感を思い出していた。

アマゾン/KINDLEで新作公開しています!
俺は某大手百貨店の外商なんだが、顧客の人妻に電マを持っていったところ (あたたら文庫)

(C)2021 体験談 :あたたら 無断転載禁止


<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント