ラブホで盗聴する (若いカップルクンニ編) - 官能な体験談・短編、フェチ話


ラブホで盗聴する (若いカップルクンニ編)


本文は少し↓です
筆者より
①過去にご好評頂いた作品をリメイク。声掛けした超絶美女は....
『通りがかりの超絶美女をナンパしたらデリヘル嬢だった件』はこちら
②舐め犬(クンニ犬)なるモノを余儀無くされて...
『罰ゲームでなめ犬になった俺』はこちら
③歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
⑤『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

ラブホで盗聴する (若いカップルクンニ編)

俺はラブホに入って隣部屋の様子を伺うのが好きだ。


昨日は、錦糸町の錦糸堀前のホテルでやった。



その時の事を書く。




チェックインは21:00。



入るのはもちろん1人。



ヘッドフォンを着け、機械をセットして用意する。



そしても暖房を高めの温度に設定し、服を脱ぐ。もちろんマッパ。



こんな感じで準備をするんだ。




そして壁に耳を当てると、リアルな様子が伝わってくる。


男「ね......っ...」



男「ねね、舐めていい?」



女「ええ.....?やだ、絶対....や....」




女「やーだー」



男「いいじゃん、いいじゃん」




こんな感じでやり取りが続いていた。




どうもこのカップル年齢が低め&付き合って時間が経っていない&Sexの経験があまりないらしかった。





彼らの声の質感やトーンを考えても、それは正しい判断なように思えた。





彼らの会話は続く。



男「いいっしょ...ね」



男「じゃあ......見せて」




女「ええーー...」




ーーしばらく沈黙が続いた





女「やだ、汚い...........や..」



ーーーしばらく無言が続いた





俺の頭に中では若い、すらっとした今風のカップルが今まさにクンニをしようとしていて、女の子が彼氏に股を開いていた。




それはとてつもなく興奮を誘い、下半身が急速に充血する。




彼らの声が続いた。



女「ぁ....ぁ.....」



女「ぁーーーーー..」




男「へへ...へへ...」



「ぢゅ....ぢゅるっ....」




卑猥な音が伝わった。




それは艶かしく、女の喘ぎ声に混じっていく。




「ぢゅぅ...っ」




「ぅ....ぢゅるっ...」



女「ぁ....いや....」




女「や...だめ.....ぁぁ...何だか.....ぁぁ...」




女「やぁ..っ....だぁ..ん....ん..」



ーーしばらく沈黙





男「へへ、気持ちい?」



男「もっと....するよ..?」





「ぢゅ...るっるっ...ぢゅぅっ....」




「ん...ぢゅっ......っる...」



女「はんーーーーっ.....だっ....め...」




女「ぁぁ...やだ...そこ...」



女「んぁ....」



女「は..はっ......ぁ....ぁ。」


「ぢゅるっ.....るる...」




女「や..やだ....やだやだっ...ぁっ!」



女「んんーーーっ.....」



ーーまたしばらく沈黙



男「ふふ...いきそ?」




女「んーーーーっ!んーーーーっ!」



女「ぁ..................」




女「ん..ぃくっ...」



女「はーーーーーーーっ....ん..」




後は静かになった。



俺は、隣室の彼女は初めてのクンニで無事にイケたのだと妙に安心して、満足した。



右手はいつの間にか、股間をしごき始めていた。

2017/1/31 新規掲載
2019/7/10 更新
なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント