会話して、感じさせて、脱がせて - 官能な体験談・短編、フェチ話


会話して、感じさせて、脱がせて


本文は少し↓です
筆者より
①舐め犬(クンニ犬)なるモノを余儀無くされて...
『罰ゲームでなめ犬になった俺』はこちら
②童貞男子が兄貴の部屋に居た女性を..
『僕はワンピの女性を撫で回した』はこちら
③歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。日々更新予定..
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
④『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

会話して、感じさせて、脱がせて

会社帰り後輩とビール一杯だけ、という話で居酒屋に行った。



当方 :28歳 高野   彼女あり
後輩 :26歳 ナオ   彼氏あり




アサヒのジョッキで乾杯をする。


ドライの苦さが美味しい。





「ああ、やっぱりアサヒは美味しいですね。」




ナオは笑いながら言った。





「うん。いつもはサッポロなんだけど...」





こんな風にして話が始まる。





ナオは2つ下の後輩。



身長160センチくらい、普通の体型だが胸はそこそこありそう。二の腕の細さには定評がある。





今日は普段着のような格好。薄手のセーターにジャケット。





茶色がかった髪の毛は肩までの長さ。




顔立ちは田中みな美を想像して欲しい。





そんな彼女だから、会社の中でも人気がある。



オフィスにいるだけで華があり、何かと話題になる事が多い。




だが、大学の頃から付き合っているという彼氏がいる。



そろそろ、結婚するんじゃないか....という噂があり、そこらへんを今日確認したかった。



「なんかさー...」




「最近、面白い事、ないの?」





タコの刺身を口に運びながら聞く。




ナオは、2口目のビールを飲んだ後だった。





「面白いこと...?」



「 ないですねー。逆に教えて欲しいくらいです。」



「仕事が終わっても家に帰って、テレビ見るくらいだし、お休みの日も街に出たり、家でゴロゴロしたり....。」




「うん、ないですね。」




彼女は笑った。




「無いこと無いだろ。」



「街以外にも、車で出かけたりするだろ?」





日常を聞き出そうと深堀する。




「出かけるのですか? うーん。この前、木更津のアウトレットに行きました。」




「海ほたるに寄ってー。アウトレットでお買い物。」




「ほうほう....それで?」





深堀は終わらない。




「その後、海沿いのレストランでアジフライと海鮮丼を食べてました。」



「...そんな、感じですかね。」




ナオもタコ刺しを口に運ぶ。




「それで....」



「誰と、行ったの?....友達...?」




ナオが彼氏と出かけているのを知っててワザと聞く。



ビールジョッキを傾けながら、ガラス越しに彼女を見た。




「えー....誰とって、そりゃぁ..」



「彼氏と...ですよ。」



「彼氏と車で行きました。」




少し恥ずかしそうに言う。




「そう....」



「んで、そのまま帰ってきた?」




「家に。」




考えながら言葉を選んで言う。



「はい。19時くらいに帰って来ましたよ。」




ナオはすぐに答えた。




「あとは...彼氏の部屋に?」




にやっと笑って意地悪く聞く。



「いえ....私の部屋に。」




少しイラついたような感じで彼女は言った。




「じゃあ...その後、泊まって行ったんだ。」



「ナオの彼氏。」




淡々と話す。




「えー....」


「なんでー、高野さんにそんなこと言わないといけないんですかー。」




ナオが笑った。



即座に反応する。




「えー。だって、面白い事、無いっていうからー」



「ナオの話、聞いてるの、面白いよ。」



「ね、お願い。」




俺は拝むようなカッコをし、その後ビールを2杯注文した。




「もう.....」



「泊まって行きましたよ!。彼氏。」




恥ずかしそうに、そして少しむくれて言う。



「へーー。じゃあ、した?」





ナオは口を半開きにして俺に聞いた。



「何....?、何を、ですか?」



その時注文したビールが届く。



俺は空のジョッキを渡し、新しいジョッキに口をつけながら言葉を重ねる。




「何をしたって....したでしょ?」


「セックス 」




ニヤニヤしながら言うと、ナオはその言葉を聞いて笑った。




そして、1口飲んで返す。




「へへ.....言いません。秘密です。」




可愛らしい笑顔を見せた。




「えー。秘密かー。」


「そうかー。じゃあ、ね、これはどうかな。」




「彼氏とは、一緒の布団?それとも別々? どうやって寝るの?」




真面目な顔をして聞いた。




「やだ....同じです!そんな質問」



「秘密です、秘密。」




手をぶんぶんと振り、笑って返す。



「同じじゃない。」



「一緒に寝たかどうかということだって。」




「泊まっていくにしても、ベッド何組もないでしょう?」




そう言うと、少しうつむいた。




「うー...。一緒に....寝ましたけど。」



その言い方が可愛らしかった。




俺はもっと彼女の色々な表情を見たくなり、質問を続けた。



「ねえ...それで....」



「したんだろ...」




そう言っても、彼女は答えなかった。




下を向き、早くこの質問攻めが終われば...という雰囲気。



考えた。




「.......」




「分かった。じゃあ、イエスかノーかの答えだけにしよう。」



そう言うと、顔を上げた。




「えっっ?」




と言う彼女の言葉を遮って質問をする。




「あなたは、最近、彼とエッチしましたか。」



「.......」




「秘密..です。」




少し、時間を置いて、ナオが答えた。




「だめ! イエスかノーだけ。」




強めに指示した。




元々酒に弱い彼女は、ジョッキ1杯でも酔っ払う。



そろそろ酔いが回ってきてもいい頃合いだった。




ぼおっとしたような感じで、



「イエスかノーですね..分かりました..」




と呟いた。



改めて、別の質問をした。



「じゃあ、別のね。」



「ここ1年、彼氏以外の男性とエッチしましたか...?」




「.....ノー」


予想通りにすんなりと回答。



答えやすそうなものを考える。




「彼氏と.....エッチした事はありますか?」



「イエス...」




少し恥ずかしそうに答えた。



「それはここ1年以内ですか?」




「イエス...」




ニヤけが収まらない。



ワクワクして、ドキドキする。




ナオのプライベートな会話に踏み込むのがこんなにも楽しい事だとは思わなかった。



「それは.....」


「ここ、1週間以内ですか?」



「んーーっ...」




「....イエス。」




(おお...なかなか。)




普段、生真面目な彼女が、ここ1週間以内のエッチの有無を答えた事に驚く。




「彼氏とのエッチは嫌ですか?」



「ノー..」




「好きですか?」



「......イ...」



途中でハッとして突っかかってきた。



「高野さん!何を言わせんですか!」




可愛らしく怒った。




「ごめんごめん。もう、ふざけた質問しないから。」



「真面目な質問だけね。」




俺はジョッキのビールを半分くらい飲んだ。


そして、質問を続ける。


「じゃあね..」


「木更津で、食べた海鮮丼には、マグロが入っていましたか?」




ナオは笑った。



ホッとしたような感じで答える。



「イエス!」



「美味しかったですか?」



「うーん...イエス」




「海ほたるでは何か買いましたか?」



「ノー...いや、イエス」



そうして、延々と質問を続ける。




頃合を見て、エロ質問に戻した。



「じゃあ、今度は俺のを当ててね」



「俺は最近.....彼女とエッチしたと思いますか?」



少し考えていた。



「...イエス」




ナオが答えると、指で輪っかを作って、正解だと示した。



「やったー」




無邪気に笑顔を見せた。




「俺の彼女の胸は....は大きいと思いますか?」




「えー......うーん...イエス!」




俺は指を交差させて、不正解だと告げた。




「俺の彼女はーー」




「これを俺に対してした事が無い」




オシボリを棒状にして、咥え、舐める仕草をして見せた。



「えー...やだー...」



口に手を当ててはにかむ。



「.....ノー...」



指で輪っかを作って見せた。




「俺はこれが好きだ。」




今度はオシボリで谷間を作り、その割れ目を舐める仕草。



「..........」




「.....イエス」




指で輪っかを作って見せた。




「俺の彼女は.......、一晩で何度もイク」




神妙な顔で考えていた。



やがてナオが口を開く。




「ノー...」



指で輪っかを作る。




「俺と彼女は外でした事がある。」



「イエス...」




今度はあまり考えずに答えた。




指でバツを作る。




「じゃあ...ナオは外でした事がある」



ハッとした表情を見せた。



だが少し考えて、恥ずかしそうに言う。



「イ..........イエス」




酔っ払った顔がさらに真っ赤だった。




(ほう.......)



俺は、彼女が自分自身の事に対して答えた事に正直、驚いた。




また、たしなめられるかと思っていた。



そう言った驚きを感じながら、質問を続ける。





「それは.....どこでですか? 」



「山でですか?」




「ノー」




結構早くに彼女は答えた。



「海でですか?」



「ノー...」




今度は少し、ぼおっとして答える。



「街でですか?」




「........イ....イエス」





少し笑っていた。




こんなこと、聞いている方が興奮してくる。




(おもしれえ....)




心臓の鼓動がバクバクと高鳴る。




目の前のナオは恥ずかしそうに、だが淡々と答えていた。




「外でして...気持ちよかった?」




「んー.....イエス...」




「興奮した?」



「イエス..」



「じゃあ...」



「実は......今も少し興奮している?」




「.....イエス」




赤く酔っ払った顔をうつむかせた。



「じゃあ、もっと聞くよ。」



「えとね...」




「言葉で....色々言われるのは嫌いじゃない。」




「ノー......、いや、.....イエス」




彼女はより深く顔をうつむかせた。




「ナオの身体は....感じやすい方だと思う。」




「................イエス」




少し回答に時間がかかる。



「彼氏はナオの胸が好きだ」



「イエス」




それはすぐに答えた。




(おお、乗ってきた..じゃあ...)




「彼氏は最近、前戯を適当にする。」




少し躊躇していた。


だが、やがて口を開いた。




「....イエス...」



「でも、ナオはそれでも不満が無い。」




「.....ノー.....」




「彼氏は舐めるのが好きだ。」



「ノー...」



「毎回、するたびにナオをイかせてくれる」



「........イエス」




「でみ、本当はもっと気持ちよくなりたい」




「イエス、イエス」




最後は投げやりになったように答え、ハッと顔を上げた。



表情は、少し笑っていた。




「...........お前、酔っ払ってるだろ....」




素直に思った事を聞いた。



そして、時計を見た。




「イエスです.....」




ナオは最後の質問にも答えた。




「あれは質問じゃないよ」


と彼女に告げ、



「そろそろ行くか...」



と伝票を持って立ち上がった。



「イエス....」




ナオはそう言いながらついて来た。




「もう終わりだって。」



「今日は、楽しめたから..........俺のおごりな。」



そう言ってナオの靴を取ってやる。




「ありがとう........ございます」





背中の方でお礼を言う声が聞こえた。




手のひらを肩のあたりでひらひらとして見せ、レジへと向かう。




料金は4000円ちょっとだった。




「高野さん.......」




店を出たところでナオが声をかけてきた。



「何?」




振り返る。


ナオの顔は赤かった。




「.......いや.......なんでも、無いです」



「ごちそう.......さまでした」






彼女がそう言ったので、



「ああ.......また、行こうな」



と返した。





駅までの道を歩く。



距離にして10分くらい。




少しの間、黙って並んで歩いていたが、ナオから口を開く。




「高野さん..............。さっきの続き、しましょうよ」



「えっ?」



思わぬ言葉に笑って反応する。




「いいけど.......どしたの?」



「普通の、エロいのどっちで?」



冗談っぽく聞いた。



「.......ん、後者の方で.......」




恥ずかしそうに横を向いた。




「じゃあ.......んー。ナオのおっぱいは..;Eカップある」



「ノー」



「じゃあ、Fカップある」




「.......ノーノー」




わざと外した質問に、彼女は苦笑して答えた。



「Dカップある」




「イエス.......」




はっきりと答えた。




「自分の胸の形には少し、自信がある」




「..............イエス.......」



「私の胸は感じやすい方だ.」




「.......イエス」




「時々は自分で触ってみて感じてしまうことがある」




「..............ノー。うーん..、...........................イエス」


(おお.......)





「ここ最近、自分でした」




「......」



「イエス.......」



「私はどちらかと言えば....中よりも、弄られて気持ちよくなる方だ」



「..................」




「.................イエス」




「ふーっ.......」



そこで一息ついた。



どう質問しようかと迷ったが、聞いた。



「今、こう言う会話をして、少し感じている」



「.......イエス」





「たぶん、濡れているんじゃないかと思う」



「...............................秘密です..」




「イエスかノーで」



「..............い..........」



「高野さん.......!」




ナオが俺の腕に組みついた。


そして、身体を寄せる。




「イエス.......です」



彼女は俺の両耳のあたりに手を当て、キスをした。



「ん.......んん.......」




口の中でナオが呻く。




舌先が俺の唇をぐじょぐじょと舐めた。




「ナオ..............」




彼女は俺の手を引っ張り、近くの雑居ビルへと押し込んだ。



遅い時間でもあり、人の気配はない。




大理石のエントランスの陰で、ナオがさっきより激しく、俺の身体を抱きすくめ、キスした。



「なんか.......なんか.......」




目が潤み、こちらを見つめる。



そして、




「高野さん..............」




彼女はもどかしいように、シャツの前のボタンを外すと、ブラのカップを押し下げた。




谷間の横に、うっすらとした紅色の先端が見えた。




「吸って.......キスして.......欲しい.......」




そう言って、胸を寄せる。



迷うことは無かった。




俺は、その突起を口に含み、吸い、尖らせた。




「ぁぁっ..」



「...................ぁぁぁぁ.......」




誰もいないビルに、ナオの嬌声が響いた。


2017/2/8 新規掲載
2019/8/23 内容更新
なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント