外資系製薬会社の直紀と病院スタッフの美希 その7 - 官能な体験談・短編、フェチ話


外資系製薬会社の直紀と病院スタッフの美希 その7


本文は少し↓です
筆者より
①童貞男子が兄貴の部屋に居た女性を..
『僕はワンピの女性を撫で回した』はこちら
②歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。日々更新予定..
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
③アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
④『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

外資系製薬会社の直紀と病院スタッフの美希 その7

前回の話、『外資系製薬会社の直紀と病院スタッフの美希 その6』はこちら

最初から読む場合、『外資系製薬会社の直紀と病院スタッフの美希 その1』はこちら



■四つん這い


「......」



「直紀......?」





美希は最初、どういう事か状況を理解出来無かった。




直紀に好き放題にされた身体、吸われ、いじられ、絶頂の寸前のところで止められた。




そして彼は出て行った。




「はっ....はっ....ぁぁ....」




「ぁぁ..」




身体が足の方から僅かに震え、ドクドクとした鼓動が頭の方にまで響いていた。





「っぁ...ぁぁ...直紀..」





訳も分からず夢中で後を追う。





素っ裸で、美希の豊満な胸が左右にふよふよと揺れた。





「んん...」





直紀はベッドの上で、枕の方に背をつけて身体を起こしていた。





そして真面目な顔で美希を見る。





「美希ちゃん.....」




そう呼ぶと、彼女の身体を上から下まで眺める。




しばらくの沈黙。




美希が直紀の言葉を待つまでも無く、ベッドにすがりついた。





「意地悪.....」




四つん這いの格好で、直紀の足元に這いつくばる。






「意地悪...」




直紀の脛に手を伸ばし、膝にキスをし、そして胸を擦り付けた。





「意地悪...!」






ふにふにと彼の身体を胸の膨らみで擦った。


乳房の膨らみは、直紀の足やその先のペニスに触れた。




美希の目は少し混乱して、興奮した様子でいて直紀を見つめている。





「ねぇ......」



イカせて欲しかった。



強く抱いて、腕の中で窮屈にされながら、震える、固くなる身体をぎゅっとして欲しかっった。





「ねぇ.......」



だらん、と身体の力を抜いている直紀の身体にすがった。





「ねぇ.........っ」




「ぁぁぁっ...」







美希は直紀の身体にその身体を添わせた。






そして彼のゴツゴツとした、いきり立ったままのペニスに、自らの股関を擦り付ける。





「んっ......っは.....」





「はぁ......」





「ぁ.......ん......」



ぬちぬちと、触れ合う粘膜。




美希が直紀のペニスを手に持ち、彼の足元側に倒してそこを跨ぐようにすると、ヌメついた粘膜は絡まって、滑りあって、そのまま収まった。





っ......にゅっ...




っる…




「はぁぁ.......」




「ぁぁ.......直紀...ぃ...」




「ぁぁぁ...」





美希は下半身から湧いてくる、圧迫感とそれに伴って突き上げる強烈な快感に眉をしかめた。


「ぁ...ぁ...」




「直紀.........」







そして自らの太ももや、ふくらはぎや、乳房の柔らかい部分を総動員して、直紀に奉仕する。




生で、コンドームすら着けないで挿入を乞うたのに、それでも足りないと思った。




「はぁぁっ...」




「な...直紀.........」




そのままキスを求める。





「ぁぁ...」



受け身のままでいる直紀の唇を求め、それを吸い、舐めた。





■2番目じゃだめなんだ





「.........」




直紀はそんな美希の様子を黙ったまま見ている。




「美希ちゃん...」




直紀は手を持ち上げた。





「ぁぁぁ.........」





そして美希の背中に触れ、上下左右に撫で回す。





「嬉しいよ.........とっても...」






「すごく...気持ちいいよ...ぁぁ...」







「でも.........俺さ...」





至近距離で美希の顔を見た。






「俺さ.......、女の子とする時ね......?」




「2番目じゃ...嫌なんだ」





「彼氏とか、旦那とかさ...」






む...に...



直紀の伸ばした手が美希の尻に触れた。



その手のひらで、美希の柔らかな尻肉で円を描く。






そしてその先へ。





くっ......ち...






自らの性器と美希の性器が触れ合って、互いの凸凹で繋がっている部分、そこに触れ、縦になぞった。





「はぁっ......、ん」







美希がびくっと震えた。




「誰よりも...」




「ぁ..............っ.......」




ぐっ.........


にっ...




粘膜が少し擦れる。



ぐっ......ちゅ...


ちゅっ......にゅっ...






直紀が動き始めた彼の腰が上下に蠢き、美希を下半身ごと突き上げていく。





「だっ...誰よりもっ...さ、ふっ...」





「ぁぁっ...」






「好きに、なって.......欲しいんだっ...」






「ぁぁっ...」







ぐっしゅ...





ぐっちゅ...っ..にゅっ...






ちゅっ.....っぷ...




粘膜の擦れ合う音が響いた。




直紀の腰の突き上げは、華奢な美希の身体全体を動かすように激しく揺さぶる。





「はぁっ...」





「ぁぁぁっ.........」





「あっっっ...ん...直紀......ぁぁ...」




「直紀っ...ぃ...」






美希は激しく突き上げられながら、直紀の名を叫んだ。






「はぁっ...好きっ..好きよっ.......」






「はぁぁぁ...」







「ぁぁ.......」





直紀の肩にしがみつき、狂ったように叫ぶ。




美希の身体を、強烈な快感が支配していた。






下半身が痺れたようで、その中から強烈な快感が湧き出してくる。




イキそうで、イカない。






直紀の絶妙な突き上げのコントロールに、もう何がなんだか分からなかった。





ただ分かっているのは、あと一押しで、更なる高みに昇って行けそう、と言う感じ。





(ぁぁ…もう…っ…もう…)







美希は自分の絶頂が近い事を予感した。





そして息も絶え絶えに呻きながら目の前の直紀の顔を見る。





(ぁぁ…)




覚悟した。




そんな時、直紀が言った。





「はぁっ…ぁぁ…」





「いいぞっ…っぁぁ…いい…」






「なあっ! 彼氏と比べてみろ!」






「どっちが!どっちがいいんだ? なあ」






美希はそんな直紀の言葉を聞き、ウンウンと頷いた。




そして彼の身体に手を伸ばし、ベタベタとあちこちに触れた後で、自分の方に抱きしめた





「 ぁぁっ……」



「ぁぁ……」





「はぁっ...!い、いきそう…」




「いきそうっ…」






「直紀…直紀っ…さ…最高っ…」






「もっとっ…もっと…やぁ…」






「もっと、もっ……っと!」






美希の下半身を中心に、じわぁっと快感が広がっていて、高止まった。





そして快感は消えることなく強いまま。




「はぁぁっ…」






「ぁぁぁ…」






美希は今まで感じたことの無い、激しい快感に我を忘れて叫び始めていた。


終わり

2017/3/3  新規掲載
2019/11/5  内容更新
なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント