坂間藩お戯れ ①「湯殿で戯れ」その2「湯殿へ」 - 官能な体験談・短編、フェチ話


坂間藩お戯れ ①「湯殿で戯れ」その2「湯殿へ」

オリジナル官能小説を無料で公開しています!

■目次
 1.記事・アクセスランキング
 2.カテゴリ一覧
 3.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円で販売させて頂いています。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ますので是非!ご覧ください


① 話題の女性専用風俗に〜シリーズ、更新(9/15にその12を追加)しました。マッサージの域を超えて絡み合う2人...
" 初めての女性向け性風俗サービス_その12 シャワーを浴びた彼』はこちら

②仕事に困り、美熟女への奉仕の道を選んだ彼は〜性感モノ長編を大幅リニューアルしました
『スケコマ師 太一 美熟女へのマッサージと奉仕編』はこちら

③女性向け、エステものをリニューアル中。川崎駅前で声を掛けられたOL悠美は…
『花よりだんごエステはいかがですか その1』はこちら

④女性用性感マッサージ師、今西に依頼してきたのは人気女優の宮野ひとみ。 過去長編をリメイク中です
" セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1はこちら">『セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1』はこちら

⑤『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”最新話10話を公開しました。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

⑥歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら



カラダにイイ男1 10/7まで期間限定無料

誘惑1 10/1まで期間限定無料

彼女のヒールを脱がせたら(フルカラー) 1巻 9/23まで期間限定無料
FC2ブログ

坂間藩お戯れ ①「湯殿で戯れ」その2「湯殿へ」

前回、その1はこちら



障子に影が映った。


「上様....」


「湯殿の時間でございます。」


部屋付き小姓がその障子越しに声を出した。


「うん..」

「そうしよう」


宗広は少し考えて答えた。

手をついて、立ち上がる。


「風呂か...」


思えば、昨日夜半にこの御殿に着いて以来、まだ風呂に入っていない。



昨夜は小姓に軽く汗を拭わせただけだった。


瞳を閉じて、溢れんばかりの湯船に浸かるところを想像する。


(ああ....)

(それも、良いな)



風呂が好ましいものに思えた。


疲れた身体も、緊張でくたびれた気持ちも癒してくれそうだ。


「よし...」

「案内せよ」


そう言って、勢い良く障子を開けた。


小姓が慌てて頭を下げた。

彼は、何やら乗り気で歩いていく宗広を訝しげに眺めていたが、やがて思い直してそそくさと先導した。


「上様、参るー」


小姓の声が暗くなり始めた廊下に響いた。


湯殿は御殿の東側にあった。


御殿の東側半分は、本来であれば小姓が入ることは許されない。


但し、先代が晩年に奥を持たなかった事、宗広自身がまだ婚姻していない事などから、奥と言っても宗広の居住空間に過ぎず、まだその制約は無いに等しかった。


「上様ーお成りー」


小姓の正木伊之介が躊躇する事なく、先導する。


本来は立ち入ってはなら無い、鍵戸を過ぎ、御殿の東側の境を越えた。



ここからは、中と呼ばれるところ。


小姓の伊之介自身も初めて目にする光景に左右を確かめながら歩く。


やがて、伊之介が立ち止まった。


「私は..ここにて」


そして跪いて宗広を先へと促す。



男性の小姓が立ち入る事ができるのは、この屋敷で中の間と呼ばれている場所まで。



その先の寝所に当たるところは奥の間と呼ばれ、女性だけが存在する。


侍医以外の男性は立ち入る事を許されない。


その主たる宗広を除いて、は。

「奥には、殿方は立ち入る事を許されませぬぞ」


宗広は、昨日、老婆のような女中がそう説明するのを思い返した。


(そうか..)


江戸屋敷と領国とでは随分違うんだな、と宗広や思いながら先へ行く。


1年あまりを過ごした江戸屋敷、そこでは自分は主人と言われる立場ではあったが、実感が無かった。


跡を継いだ、と言っても正式に認められた訳では無い身分。


限られた部屋で過ごし、自由は無い。


屋敷自体が自分自身の空間、という概念が希薄だった。


だからこそ、領国に帰り、御殿の奥の間に立ち入ること、それは晴れて坂巻藩主でである事が認められた証でもあった。



(俺は...そんな身分に、なったのだな..)


これからの立場を思いやった。



その3へ続く

twitterはこちら! 是非フォロー&「いいね」お願い....
(C)2020 体験談 :あたたら 無断転載禁止

<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント