女性向け・体験談等、様々な短編・長編のオリジナル官能小説・ポルノ小説を無料公開しています。 twitterはこちら! 彼女が寝てる間にいたずらーーー結局セックス - ~に関してのお話(体験記・官能小説)

■目次
 1.トップページ
 2.記事・アクセスランキング
 3.カテゴリ一覧
 4.最新記事一覧
筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円~で販売。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ます!

①【更新】話題の女性専用風俗に〜シリーズ最終話、2/6に更新しました。
 初めての女性向け性風俗サービス_その16』はこちら
②スワッピング=夫婦交換を題材にした新作です
 『スワッピングしま専科 その1』はこちら
③歴代No.1アクセス数作品、最新話5話を追加しました!
 『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④女性用性感マッサージ師、今西と女優の宮野ひとみ。
 セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感>
★ブログランキングで上位目指して頑張り始めました。 以下のバナーを1クリックお願いします!
小説(官能小説)ランキング
FC2ブログ

彼女が寝てる間にいたずらーーー結局セックス

男なら誰でも身に覚えがあると思うんだが、横で彼女が寝ていて、自分だけがその寝姿を見て興奮してちょっかい(つまりペッティング)を出して、結局いたして(SEX)してしまう…


ありきたりだがそんな俺の独白記。



20180315投稿

昨日、彼女が寝てる間に色々とイタズラしていたら、してしまった。

彼女はその間、目を覚ます事はなかった。そして覚えてもいなかった。俺だけが果てた感じ。

やってる時はただ気持ちいいだけだったんだけど、今にして興奮が蘇ってきた。

たまらない。背徳感なんてものは無いが、彼女とのSEXにおいて、ここまで興奮したのは初エッチの時以来じゃ無いか、なんて思う。


簡単に、短いがその時の様子を書こうと思う。(たんたんと)


彼女とは付き合って3ヶ月。

もちろん身体の関係はあったがまだしたのは数回で、おれは常日頃からそのムチムチとした肉体を欲していた。



そんな時、彼女が泊まりに来た。

それは2度目で前回は関係を持った。



そして今回もーー、思っていたが一緒にDVDを見ていたらいつの間にか寝てしまっていた。



俺は俺で映画を見ている最中も、彼女とのSexが気になって気になってしようがなかったのに、どうしようもなくてがっかり。



だから、身体に色々と触れていたらいつの間にか起きるだろうと、尻に触ったり、胸を揉んだり。


それでも彼女は起きなくて、乳を直に触り、下着の上から揉んだりしていた。



「いいの..?」

「いいの?」


興奮しながら俺は彼女に聞いた。


真っ暗な部屋で、TVの画面だけがぼんやりと明るい中、俺はその身体を堪能していた。



「いい..?」


「起きないの..?ねえ?」



と、しまいには確認して、指入れ。



予想としては濡れている、という事だったが、そうでは無かった。


ちょっと湿り気がある程度で、しばらくの間手マンみたいにいじり続けてようやくねちゃねちゃとしてくる。



っち…


ねっち……



指先を擦り合わせながら、俺はもう確信していた。



彼女は「起きない」って。




だから、股間をいじっていた手の甲下着をずらし、身体を寄せる。



「ん………ぁぁ…」



興奮が高まる。
そして身体を密着させながら、下着をずり下ろした。




「ん……」



あとはこっちもトランクスを素早く脱ぎ去り、当然のようにびんびんなった息子を当てがって、恐る恐る挿入した。


ぬ……


最初はやっぱりすんなりと入らない。


体勢が体勢だし、まだ充分に濡れてなかったから難儀した。



「………」



手を口に当てがい、口中の唾液を集める。



「………」



望ましくは無いがそれを亀頭の先につけ、またコトを始める。



ぬぅっ... にゅる..



今度はまさにそんな感じで挿っていく。



にゅ……っる…


半分くらい入った。




「ふぅ.....ふぅっ..」


「ふぅ...ふっ....」




興奮が激しくて、息を抑えられない。



ぬ...


腰を突き入れると、最後まではいった。




「ぁぁ.....ぁぁぁ...」



「ぁぁー...」



もちろん生。


今までの人生で初めての体験だった。




「っぁ....ぁぁぁ.....」



「気持ち.....いい.......」




これまでに経験したことがないくらい気持ちよく

て、すぐにでもイッてしまいそうだった。


「っぁぁ....」



「だめだ....」




下半身が暴発しそうになり、何かが込み上げてきた。




「っぁぁ...!」




堪らず彼女から抜いて、手のひらを添える。




びゅるっ....


っる...びゅ....びゅ...




凄い勢いの射精。



手のひらが途端に熱くなり、快感が溢れてくる。



「ぁぁ...ぁぁ....」




俺は横で彼女が寝ていること、自分の手が汚れることを忘れて、一心不乱に擦り続けていた。


アマゾン/KINDLEで新作公開しています!
俺は某大手百貨店の外商なんだが、顧客の人妻に電マを持っていったところ (あたたら文庫)

(C)2021 体験談 :あたたら 無断転載禁止


<関連記事>




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント