女性向け・体験談等、様々な短編・長編のオリジナル官能小説・ポルノ小説を無料公開しています。 互いのエクスタシィ_ギャルっぽい生保レディとお食事その4 - 官能な体験談・短編、フェチ話

FC2ブログ

互いのエクスタシィ_ギャルっぽい生保レディとお食事その4

前の話、その3を読む場合はこちら

最初から読む場合、その1はこちら



■繋がって、気持ちよくさせて



ずっ..



ずっ.....にゅ....にゅ..




明るい室内で、俺の目の前で、織田さんの股間への出し入れをした。



綺麗に揃えられた毛の向こう。



その先に、変色したひだひだが俺の息子を咥える。





ひだひだの合わさるところには、さっき俺が親指で弄りたおしていた敏感な粒が有ってーー



ぷっくりと、肥大していた。




「ぁぁ....」






「はぁぁっ............たまんない、たまんないよっ....ぁ」



「いいっ....っく........ぁぁ........」





夢のよう。



生保レディの美女が俺の目の前で、全裸で騎乗位で腰を振っている。




しかも生挿入。





さっきから止めどなく漏らし続けている我慢汁はもうどれだけ彼女の身体の中に浸み出して言ったかはもう分からなかった。






「っ...はっ......織田さん..」




「っ...さん...」






興奮で、息が荒くなった状態で、声をかける。




目の前の揺れる乳、そしてくびれる腰。





彼女は俺に視線を送り、見下ろして、そして恥ずかしそうな顔を見せた。






「気持ちい...いい...っ...」





「最高っ....だよ....?ねぇ........」





俺は素直に感想を言った。




彼女の顔を見て、そしてその胸の乳房に手を伸ばし、遠慮なく触れる。



そして織田さんにも感想を求めたんだ。






「や...ぁ....」





「ぁぁぁ........だめ....っ」



「........ぁぁん........ぁぁはぁ........」






喘ぐばかりの彼女。



具体的な言葉を引き出そうと、腰を振りながら乳首を捻り、右側に押しつぶした。





「はんっ........ぁ....やぁ....」




「だめ........いい....っ........ぃぃ....かぁら............」



「はぁっぁ............」






狂おしい喘ぎが漏れる。





「んっ........」



「ん........」




くり....りり........





そして彼女はお返しとばかりに俺の胸元へ手をやる。






乳首にさわさわと触れた。





指先でいじり、最後はそこに吸い付き、ちゅうちゅうと吸い始めた。





ちゅっ........ぷ....


っぷる........





「はんっ........」




股間の感覚に加えて、乳首への甘い刺激。






「織田さん..!」



「織田さん!」







俺は興奮と快感でちょっとおかしくなって、それまでより激しく、やや乱暴に彼女の身体を前後に揺すり、そして腰を突き上げ続けて彼女の名前を呼んだんだ。




上下にゆさゆさと揺さぶり、出し入れを行う。




ずっにゅ...にゅ...


にゅっ....っちゅ...



ちゅっぷ........っる........






いやらしい音が部屋の中に溢れた。




そして興奮が高まっていく。





「織田さん! っぁ...ぁぁ..」





「たまんないよ...ねぇ..」





おっぱいの肉の輪郭をなぞりながら、呻く。



初めての彼女とのSex、生の挿入、そしてガマン汁をどくどくと漏らしながらの出し入れ。




前を見れば狂おしく快感を耐えているような織田さんの姿。





「っはぁ....! ぁぁ..」






「ぅぅぅ...」





織田さんが、我慢していた息を吐き出すように、声を出すと低く、長く呻いた。





「いや...っ..」





「やっ...」




「んん..」






口元に手をやり、声を押し殺している。




俺はその手、細い手首を掴み、引き離す。






「声....出して..」




「ねぇ........聞きたい........ぁぁぁ........」






彼女の顔を見てそう呟いた。



普段は少し取り澄ました風の彼女の痴態を見たかった。




だからそう言い、できうる限りの激しさで彼女の性器を突き続ける。





「あっ........は....っ........」




「んっ........ぅぅ」





織田さんは最初は躊躇いがちに小さく、そしてやがてはっきりとした声を出し始めた。




「はっ...ぁ...」




「ぁ..ぁん.....ぁっ....ぁっ....ぁぁっ」



「ぁぁっ..!」






「あーーーっ!........いい........いい........です........」



「あーーっ....」






「だめ........い........いっき....そう........」




「はんんーーっ........!」




吐く息は継続的になり、やがてそれははっきりとした声、感情のこもった彼女の喘ぎへと変わっていく。



そしてそれは、整った彼女の顔が紅潮し、少しだけいやらしく、口を半ば開けたような感じになって、言葉へと変わった。






「ぁ...ぁ....ぁっ....ぁっ......」





「ん......ちいい..気持ち....いい...」




織田さんが積極的に腰を打ち付け始めた。





ずっぱっ........





ずっぱん........っ........




っぱん........



ずっぱ........






打ち付ける尻の肉、そして激しい音。




彼女の高まりとともに、俺自身の性感が高まっていくのをはっきりと感じたんだ。






「ああーー........いい........」





「いい........っ........よ?........ぁぁぁ........」





「お....俺も........」







思わず本音でイキそうな感覚を漏らすと、彼女は目をつぶり、必死で快感に耐えているようで、ただうんうん、と頷いていた。




そして身体を震わせ、身を固くし、縮こまる。






「ああーーーっ!!」




「ぁぁっ! ああっ............!」





「い........っく........ぁあ........」





「いく........っ........ぁぁいくっ....いく........っ..........ぁっぁ....」





「んんんーーーーっ........」




がくん、と震え、そしてさらに縮こまった。


痛い、苦しい程の収縮。





たまらなかった。





「ああっ........だめ........だよっ........」



「もっ........もう........!」





目の前で織田さんが身体を震わせてイキ感じている最中、俺は必至のところで理性を保ち、ペニスを引き抜いた。




びゅるっ!!


びゅっる........





勢いよく飛び出た精子。


先っぽを下に向け、織田さんのへその辺りに発射し、後は塗り付けた。




「はぁ........はぁぁ........」



「ぁぁっぁぁ............」






息が上ずって、高まってどうにもならなかった。



ただ、果てしなく気持ちいい。




「ぁっぁあぁ............」



「気持ち........よかった........ぁぁぁ」





残った精子を流しながら、俺が漏らしたそれは紛れもなく本心だった。


続く(いったん終わり)

2017/3/15 新規掲載
2020/3/30 内容更新

twitterはこちら!
(C)2020 体験談 :あたたら 無断転載禁止
<関連記事>


筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円で販売させて頂いています。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ますので是非!ご覧ください


★歴代No.1アクセス数頂いている作品、最新話5話を追加しました!
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら

① 話題の女性専用風俗に〜シリーズ、更新(10/1にその13を追加)しました。マッサージの域を超えて絡み合う2人...
" 初めての女性向け性風俗サービス_その13』はこちら

②仕事に困り、美熟女への奉仕の道を選んだ彼は〜性感モノ長編を大幅リニューアルしました
『スケコマ師 太一 美熟女へのマッサージと奉仕編』はこちら

③女性向け、エステものをリニューアル中。川崎駅前で声を掛けられたOL悠美は…
『花よりだんごエステはいかがですか その1』はこちら

④女性用性感マッサージ師、今西に依頼してきたのは人気女優の宮野ひとみ。 過去長編をリメイク中です
" セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1はこちら">『セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1』はこちら

⑤『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”最新話10話を公開しました。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら




<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント