イケメンにナンパされてお尻の穴を.. - 官能な体験談・短編、フェチ話


イケメンにナンパされてお尻の穴を..


本文は少し↓です
筆者より
①過去にご好評頂いた作品をリメイク。声掛けした超絶美女は....
『通りがかりの超絶美女をナンパしたらデリヘル嬢だった件』はこちら
②舐め犬(クンニ犬)なるモノを余儀無くされて...
『罰ゲームでなめ犬になった俺』はこちら
③歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
⑤『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

イケメンにナンパされてお尻の穴を..

バーで飲んでたらどストライクのイケメンと知り合った件




普段は一人で飲むことなんかしないんだけど、昨日はたまたま、というか本当に偶然が重なって一人で飲んでいた。




その店は、以前にも友人(同性)と利用したことがあった。



雰囲気が自分に合っていると思ったし、それに女が一人で飲んでいたとしても誰も気にしない、許される、といったような感じがしたからそうした。




私が飲み始めたのは21時過ぎ。




金曜日だというのに、だれかと食事したりする当てもなく、軽い食事とビールを飲めれば良い。




そんな風に考えてのことだった。




30分ほどたった時のこと。



食事をすませ、2杯目のビールを飲み終えた時に、ふと隣から声を掛けられた。



「ね、ねえ」





私はぼおっとしていたのか、その男性のことに気付いていなかった。




驚き、隣を見ると、絵に描いたようなイケメン。




しっかりとした感じでそれでいて爽やかな、男女を問わず誰が見ても「カッコいい」なんていうような感じの男性だった。




「あ、あ。」




私はその彼の顔を見、まずはその表情に見とれた。



(カッコいい!)





そして返すべき言葉を失って、ただ、「あ、あ」と呻く。





酔いが回っていたのかもしれないし、素面であっても彼だったらそうなっていたかもしれない。




果たして私はそんなイケメンの彼に声を掛けられて、そして彼からの誘い「一緒に飲みませんか」の言葉に否定するでもなく、それを許した。




彼は、これまた絶妙な感じで爽やかに私に礼を言うと、軽い身のこなしで隣に座る。




「はじめまして、ごめんね。」



「誰か待ってたんじゃなかった?」





トレンディドラマの俳優張りの爽やかさで私に尋ねる。




「え、大丈夫です。」



「今日はたまたま一人で飲んでたんで」




チラッ、チラッと彼の顔の様子をまじまじと観察し、改めていい男だと思った。




「かっこいい..」




思わずそう呟くと彼は照れた。




そして、自分自身のこと、仕事の事、趣味の事なんかを互いに話した。




そしてなんやかんやで2時間ほどが経ち、帰ろうか、となった際に



「どうする?」




と聞かれたんで、何も答えずに彼の腕を組んだ。そのままタクシーに乗って丸山町へ。




ラブホの部屋に入った後で初めて




「大丈夫?」




って聞いてきたんで



「うん」




とだけ答えた。




後はただ抱き合い、求め合うだけ。



服を脱がせあい、床にほっぽりだして、浴室へ。




お風呂のお湯を貯めながら、洗いっこした。




途中彼は



「おっぱい大きいね」


とか



「イイ身体してるね」



とか言って私をいい気にさせた。




だから、前彼以来、あんまり好きじゃなかったフェラを沢山してあげた。




彼のアレは先の部分が太くて、大きくって、見るからに凄そう。




「大きい..」




口の中で硬くした後、唇でむにゅむにゅしてたら、彼が




「挿れたい。いいかな?ここで」






と言うんで、正直生は嫌だな、なんて思ったけど、後ろ向きにされ、挿れる挿れない、と焦らされた後で結局挿れられた。


ぐ....にゅ....っる....




大きいモノが体内に入って来た。



「っぁ...ぁぁぁ..」



洗いっこしていて感じていたのか、自然と彼のモノを受け入れた。




自然といやらしい声が出る。


手のひらで声が出ないようにしていたんだけど、彼が



「声、出して欲しい」


と手のひらを握った。



おかげで後は絶叫。


「っや...っぁ......」


「はぁぁぁ....ん....っ...」




挿入の刺激に身体全体で感じてしまった私。



浴室の中で、遠慮ない私の声が響き、それは彼が私のお尻の穴を弄りだしてからはさらに大きくなった。



「ぁぁ...ここ....ここ..」



「ここ...」







パンパンと腰を打ち付けながら、彼が喘いだ。



そして私のお尻の穴をぐりぐりと弄り、しまいには指先を中へ。


ぐ...に...



「だー....だ...だっ...め...」



「だめえ....っ...」




首を曲げて後ろを見る。



そこには、サディスティックな顔になった彼。



「いいだろ...? ねえ..」



「もうすぐ...もうすぐイクから...」


「ね....?」




と言い、穴を弄るのを辞めない。




それに、彼はその後もなかなかイカなくって、バンバンと突きながら、指を随分なところまで差し入れる。




「ぁぁ....ぁぁぁ!」



私はもう何だか分からなくなって、気が狂いそう。



「やだ...やだ..」


「やだ....やっ....ぁ....」




ぼおっとして来て、それでも下半身を中心ぐぅっと盛り上がる。




もう、イキそうなのは分かっていた。




「ぁぁ...締めてきた..」




「そう..そう....そのまま...」




彼の指先がお尻を責める。




ぎゅっ、ぎゅっと刺激され、それはいい感じになる。




そして、彼が言うようびに、身体が反応し...





「い...いく..!」



と自分でも恥ずかしいくらいの大きな声が出て、登りつめた。




同時に彼も




「ぁぁ....ぁぁ...!」




と叫んでそのまま中へ。




「ぁぁ...ぁぁぁぁ..」


「ぁぁ...」



互いに呻きあっていた。


それでも彼の指先は動く。




ぎゅ、ぎゅっと私のお尻は締め付けを続けていて、

それが何とも言えず気持ちよかった。


2017/3/24 新規掲載
2019/9/25 内容更新
なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント