女性向け・体験談等、様々な短編・長編のオリジナル官能小説・ポルノ小説を無料公開しています。 【女性向け】スケコマシに堕とされた件 その3 - 官能な体験談・短編、フェチ話

FC2ブログ

【女性向け】スケコマシに堕とされた件 その3

前回、その2はこちら

その1から読む場合はこちら



「挿れる...よ?」


彼の言葉の後で、私の股間が圧迫を受けた。
でもそれは最初のうちだけで、一旦にゅるっと間に入り込むと、後はほぼ抵抗なく中に滑り込んだ。

「はぁ....ぁぁ..」

思わず声が漏れる。
身体に力が入らなくなって、姿勢を保てなくなり、ぐにゃっと頰を壁につける。

そして、彼の挿入が思っていたのよりずっと滑らかで無抵抗だったんで、ああ、私、生で挿入されてるんだ、と頭の中で考えて、その時始めて自分が浮気しているんだ、彼氏に申し訳ない事を今しているんだ、と思い浮かべた。

だが、お尻を自ら突き出して、挿入を乞うたのは自分。
既に彼のモノが奥深く侵入し、私のひだをめくり、刺激し、奥をついている段階では弁解の余地も無かった。


裏切っているーー

その罪悪感がふつふつと湧き出して、身体の奥の方から、かぁっとした熱いものが吹き上がる。

「ぅわぁっ...ぁ....」

「や....やだ...」


元々、彼に蕩かされていた私。
再び絶頂を迎えるのは早かった。

「ぁ....」

「ぁ.....っ....ぁ.....」


息が注げないような、過呼吸に近いような感じになって、やがて頭の中が真っ白になって、訳がわからなくなる。

彼が突き上げる刺激とともにそれは強くなっていき...

やがて、溢れた。


「はぁぁっ.....」

「やっ.....ぁ....ま..また」

「い..いく...い.....いくっっ.....」


とてつもない快感が全身を覆っていた。
彼が私の胸を荒々しく揉みしだき、身体全体が彼に犯されている、好きにされている、という感覚に陥る。

それは身体的にも精神的にも彼に支配されたみたいな感じになってーー

何かが私の中で切れた。


後は、あまり覚えていなかった。


その後、ベッドに移動したのは覚えている。
正常位の姿勢になって、片足を掴まれて、半身の姿勢になってひたすらにガンガンと突かれた。

「はあぁぁぁ..」

「や...やめっっ...って...」

「いやぁ...」

何度果てたのかも覚えていない。

ただ、彼が恐ろしい程に長持ちで、普段はゴムを着けていてもものの数分でイッてしまう恋人とは次元が違った。

ひたすらに私を突き、懲らしめる。


大事な部分のへり、奥の方、そして内壁と余す事なく刺激し、そして彼の指は胸や腰や、お尻の穴を弄った。



「......」


事が終わったのを知ったのは眠りから目が覚めてから。

私はベッドの上でうつ伏せの姿勢で半身になっていて、薄いシーツみたいなものが被せられていた。

身体は汗臭くって、今まで何をしていたのかをそれで思い出した。


全身はキスマーク、噛み跡、そして股間には精液。

窓の方をみると、野口さんが立っていて電話で何かを話ししていた。


「起きた...?」

彼はだらんっ、となったペニスをぶらぶらとさせて近づきながら、優しい口調でそう言った。


その4へ続く

twitterはこちら!
(C)2020 体験談 :あたたら 無断転載禁止
<関連記事>


筆者より

官能マッサージ長編を作品化(電子書籍)しました!

amazonで99円で販売させて頂いています。Kindle Unlimited 会員の場合は無料購読も出来ますので是非!ご覧ください


★歴代No.1アクセス数頂いている作品、最新話5話を追加しました!
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら

① 話題の女性専用風俗に〜シリーズ、更新(10/1にその13を追加)しました。マッサージの域を超えて絡み合う2人...
" 初めての女性向け性風俗サービス_その13』はこちら

②仕事に困り、美熟女への奉仕の道を選んだ彼は〜性感モノ長編を大幅リニューアルしました
『スケコマ師 太一 美熟女へのマッサージと奉仕編』はこちら

③女性向け、エステものをリニューアル中。川崎駅前で声を掛けられたOL悠美は…
『花よりだんごエステはいかがですか その1』はこちら

④女性用性感マッサージ師、今西に依頼してきたのは人気女優の宮野ひとみ。 過去長編をリメイク中です
" セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1はこちら">『セックスレス新婚女優の利用_女性向け性感 その1』はこちら

⑤『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”最新話10話を公開しました。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら




<カテゴリ一覧>


<最新記事>