23歳男性経験無し、自慰の経験アリ - 官能な体験談・短編、フェチ話


23歳男性経験無し、自慰の経験アリ


本文は少し↓です
筆者より
①舐め犬(クンニ犬)なるモノを余儀無くされて...
『罰ゲームでなめ犬になった俺』はこちら
②童貞男子が兄貴の部屋に居た女性を..
『僕はワンピの女性を撫で回した』はこちら
③歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
⑤『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

23歳男性経験無し、自慰の経験アリ

先週遊んだ娘は、交際経験はあるものの23歳になるまで男性経験は無いと言う変わった娘だった。



容姿が変かというとそんな事は無い。



やや痩せ気味、という点を除けば、整った幼顔を持つ美人。





本人に聞いてもそうなった理由は良くわからないと言う。単に巡り合わせが悪かったからとしか言えず、ただ困っていたと言う。




そんな彼女出会ったのは、自治体が開催している出会い系イベント。




イベント自体はごく真面目で、自然で、いやらしさなど微塵も無い。




そんな場で、俺は彼女と出会い、外見から判断して声を掛けた。





彼女はにこやかに、自らのプライベートを話し、そして軽く飲んだ中でこれまでの男性経験を話した。





「じゃあーー俺が」





ほんの軽い冗談のつもりだった。



呪われたような、因縁を持つ彼女の事を助けるのは自分しかいない、なんて少し行き過ぎた下品なジョーク。





「やだぁ」なんて軽く流してくれるかと思っていたのだが、実際反応は違った。




「えっ.....」





言葉がつまり、そして真っ直ぐに俺を見据えていた。



強い視線と、真面目な表情。




「本当....ですか?」




「お願い...出来ますか?」




その顔は真剣だった。




そして後は彼女のペースで2人、会場を抜け出す。




向かった先は、もちろん、ホテルだった。





「やっぱり....」





部屋に入り、2人きりになると緊張した面持ちで彼女は言葉を詰まらせた。




「うん...」





胸元に手を当て、そして息をする。




「緊張してる?」




ワザとおどけた風でそんな風に尋ねてみて、そして肩に手をまわす。




「う...うん..」


「うん...」





彼女は一瞬、びくっと反応し、それでも気丈に俺の方を向くと、顔を合わせた俺にキスをした。




「ん....んんっ..」





良い匂いが鼻に満ちて、興奮が一気に高まる。




柔らかな唇、そして艶かしい彼女の呼気。




「ぁぁぁ...」




1人、勝手に興奮して彼女を抱き寄せ、そして腰や尻の辺りを揉んだ。




「カスミちゃん...」




胸元に手をやり、ブラの上から一揉み。



そして片方の手をシャツの下に潜らせて、キスをしながら一気に上着を剥ぎ取る。



「やぁ...」




途端に胸元を隠した彼女の腕を掴み、まじまじとその膨らみを眺めた。



「いや..」





ショートカットの美女が恥じらいでいた。




そして、推定Cカップの膨らみ、やや青白い、清楚な感じのブラがそれを隠していた。





「今日、誰かにこうして見られる事を想像した?」



「ねぇ...」





彼女の両手首を掴み、左右に広げさせてこじ開ける。




「ここ..」




胸元にキス。


鼻先を谷間にうずめ、むにむにと押しやる。




「こんなことさ...」




ブラの匂いを嗅ぎ、そして口付けする。




焦れったくその端を咥え、その膨らみの奥を覗こうとめくる。




「いや...そんなこと....」




「そんな...」





恥じらいで言葉を詰まらせる彼女。




俺がニヤニヤして、そんな様子を眺めていて、




「本当に..?」




とそう言うと、



「少しは.....」



「ね....」





とだけ応え、後は俺の頭を抱き寄せて、自らの胸の膨らみに押し付けた。




「ぁぁぁ....」





甘ったるい匂いの中で、彼女の胸の谷間に埋もれていた俺。




「最高...」




その甘美な状態酔いしれながら、一方で手を彼女のスカートの方に移動させ、ホックを外していく。



「ぁぁ...」





「っぁぁ....」





彼女がどうしようもない、と言ったような呻きをあげる中で、とうとう俺は彼女を裸にした。



そして恐ろしい速さで自らの服も脱ぎ捨てると、最大限にいきり勃った逸物をブランブランと見せつけ、君のためにこうなった、と彼女に迫った。




「やぁ...」




俺の息子を凝視し、顔を赤らめた彼女。



早速シャワーを一緒に浴びようと、彼女の背中を押した時、その硬いもの柔らかな尻に当たり、びくっ..びくっと何度か反応を見せた。




ーーーーー


シャワールームに入ると、それまで大人しかった彼女は幾分か打ち解けた感じになった。



「触って?」




と言い、その手を息子に誘導してやると、恐る恐るながらも掴み、俺に言われるがままにその形を確かめ、なぞり、そして上下にしごいた。






そして、「フェラチオの仕方」なるものを教えてあげるよ、と言い、バスタブに腰掛けて足を左右に開き、彼女に咥えさせることのした。



「うわぁ.....」



「おっきい....」





すぐ目の前のペニスに、動揺を隠せないでいた彼女。



ふぅふうぅっと息を激しくし、何度か躊躇っていたが、やがてそれを咥えた。




「っぁぁ....」




「ぁぁぁ...!」




ぎこちないその愛撫に、わざと大げさに反応してやる。
そして、



「上手、そのまま...そう」



「唇と舌を上手く使って....そう」




と熱心に指導し、ある程度の気持ちよさを感じられるまでになると、




「そう、そのまま...続けて」




と彼女にフェラし続けるように指示し、後は腰を屈めた状態の彼女の身体を弄んだ。




「っっぁぁ....」




興奮し、呻きながらその華奢な身体触れる。



ボディソープをたっぷりと付け、ゆらりと揺れる乳を揉みしだく。




誰にも触れられた事がないというその胸だったが、大人の女性として十分成熟していたためか、柔らかくもみごこちは良かった。



「ぁぁ....」




「いやっ.....んっ.......んっ..」




乳首が弱いのか、指先でぷるんっ、ぷるんっと弾くたびに切ない声をあげる。




そしてもじもじと身体を左右に動かし、何とも言えない表情を見せた。



「カスミちゃん....」




「いいよ...気持ちいいよ...」





俺は彼女のフェラの感想を口にしながら行為を続けていく。



そして、最後に下半身。



尻の肉を揉み、アナルに指先を這わせ、次に肝心な部位に触れる。




「ひゃ....ぁぁ...」



「ふ...ぐぅ..」




びくびくっと強く反応し、彼女の口の中の息子が痛みを感じる。




そしてそれは俺の指が彼女の股間を捉え、実際に指先を入れなくても、周りのひだひだや、盛り上がった部分を撫で回していた間ずっと続いた。




「んんっ.....」




「ふ...んんんんっ...」




ペニスから口を離し、必死で耐える彼女。



俺はそんな彼女の様子を眺めながら、そしてその股間を弄りながら、意地悪く質問を重ねて言った。



「オナニーって知ってる?」




「う....ん.....」




「どんなことするかも?」




指先が少しめり込んでいく。



「う..っ...ん....」




「オナニーした事は?」




「......」




黙ったまま、フェラを続けている。




「した....事は..?」



もう一度聞いた。




指を伸ばす。


そして割れ目に沿ってゆっくりと...擦る。




「した事は...?」



「ぁ....っ....ん...」



「ある...あります....んっ...」



「んんんっ...」




彼女は俺の方を見た。



そして、再び、今度は自発的に俺の股間に手を伸ばし、そしてそれを唇で挟む。



「どんなオナニー...?」



「ねぇ.....」



「指で.....?」


くっ...ちゅっ..




そう言って指先を動かす。


ちゅっ...く...



「ぅ...ぅぁぁ..」



くちゅくちゅと、いやらしい音が響いた。



「バイブ.....?」


ちゅくっ...ちゅ..

っく...



さらに指を動かしていく。



「っぁぁ....っぁあ...」




彼女はこくんっと頷いた。



「そう...じゃあ、イッた事はあるんだね?」



俺の指先は既に動きを早めていた。


割れ目に沿って縦、横に彼女を擦っていく。



再び、こくんっと頷いた。



「はぁ.....ぁ....」



「んんっ...」


悩ましい声が浴室に響いた。


彼女ペニスを口にしたままの、妙な格好で俺に局部を弄られている状態。


バイブオナニーの経験者だからか、俺の指を手をぱっくりと受け入れ、自らの感じるがままにそれを受け入れている。




「じゃあ...」


ちゅっ...く...


っる...


「中に入れた事は...?」


「バイブ...」



それを言った時、指先はとうに中に入り込んでいた。



ぬるぬるとした、温かな感覚。


収まりが良くて、指先が心地よい。



「はぁぁっ....」




「いやぁ...やっ.....」




一際大きな声が響いた。



俺は、指を入れた状態で、半端なくヨガっている彼女を見て、これまで自分が質問した内容、彼女の自慰経験について確信を持っていた。



「ぁぁ....」



「カスミちゃん.....」




掠れた声で彼女の名前を呼び、そして身体を抱き寄せて立たせる。



「なんて.....」



「処女なのに...なんて..」




後は本能の赴くがまま。



向こうを向かせて尻を突き出させ、ボディソープと愛液とでぐちょぐちょになった股間に息子を突き立てる。



「ぁぁ...これが」



「これが欲しかったんだろう?」




最初は亀頭を沈み込ませただけ。



「これがっ!」




後はやや腰を突き上げると、自然と、ずぶりっと中に這入っていった。



「っぁぁ!」



「はぁぁっ....!」




ぴんっと背筋を伸ばし、彼女が反応した。




「ぁぁぁぁぁ...」




「いい.....いいの....」




そして深々と刺された状態でこちらを向く。




「いい...?」




「初めてなのに...? いいの...?」





彼女の表情はとんでもなくいやらしかった。




真剣で、それでも少しニヤついたようで、本当にエロい。





「っぁ...ぁぁ..」


「めちゃくちゃエロいい!」




いつの間にか俺はガンガンと彼女の尻に腰を打ち付けていた。



ふよふよとした尻の肉が腰に当たり、心地よい。


手を伸ばし、彼女の乳房を後ろから揉みしだく。


胸の膨らみに手のひらをあて、後ろから支えるようにして、乳首をつまみ、握った。


「はぁっ....」


「ぁぁ...ん...」



「いい..っ...やぁ...」


「ぁっ...ぁっ...ぁ.....ぁーーー....」



叫ぶカスミ。


そして急激に高まる性感。



きっつい中の締め付けと、とめどなく溢れる彼女の愛液に、普段は少々遅漏気味の俺も堪らなかった。




ずばっ..


ずばっ...ずにゅ...ずにゅ..




下半身が痺れるように気持ちよい。


そして、後は何も考えられなくなって、そのまま。




「っぁぁ!!」




「ぁぁ.....俺...俺っ...!」




「い....い....イク.....」




最後は奥まで一突き。




彼女がガクガクと震えだしたところで堪らず、そのまま中に出した。



「はぁぁぁ...」



「はぁっ.....ぁっぁ......」




中に出された事を知ってか知らずか、彼女は熱い、熱い、と繰り返し、細かく震えていた。




「ぁぁ...なん..なの...」




「これ...」




そして浴室ぺたんっと座りこみ、放出した後の俺のペニスを見上げる。



「舐めて...?」





ダメ元そう頼んで見たら、ふらふらと腰を上げて俺の息子を愛おしそうに舐め出した。




「ぁぁ...」




「気持ちいいよ.....」





射精後のフェラに、こそばゆいような刺激を感じながらも、彼女の頭のつむじをじっと眺め続けた。


2017/6/12 新規掲載
2019/8/26 内容更新
なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント