温泉(男風呂)に行ったら裸の女性がいた - 官能な体験談・短編、フェチ話


温泉(男風呂)に行ったら裸の女性がいた


本文は少し↓です
筆者より
①舐め犬(クンニ犬)なるモノを余儀無くされて...
『罰ゲームでなめ犬になった俺』はこちら
②童貞男子が兄貴の部屋に居た女性を..
『僕はワンピの女性を撫で回した』はこちら
③歴代No.1アクセス数頂いた作品をリメイク中です。日々更新予定..
『着エログラビア撮影現場に参加した その1』はこちら
④アクセス数No3作品を再リメイク
『クンニしてくれる上司と浮気』はこちら
④『話題の女性専用風俗に行ってきた』シリーズ”の内容を再編。続編は…今しばらくお待ちください。
『話題の女性専用風俗に行ってきた 』はこちら

なにとぞ..↓ 1押下お願いします!
(別窓開く、ただ今ランク5位→2位→3位)
官能小説ランキング

FC2ブログ

温泉(男風呂)に行ったら裸の女性がいた

某半島にある温泉宿での話。



通常Sexすること以外で、あそこまで興奮を覚えたのは後にも先にも無い。



それくらいに衝撃的な経験だった。





彼女と一緒にその温泉旅館に泊まり、1泊した後、次の日は朝早くに起きて、温泉に行った。



そこで男風呂の垂れ幕(紺色)を確認して中に入り、意気揚々と浴室に入る。




(誰かいる...1人か...)




もうもうと立ち込める湯気の中、先客が1人いた。



(子供...?)




やけに華奢で小さなその姿を見て、一瞬そう思う。




その人は湯船の縁に腕を組んで、頰をそこに付け、うたた寝をしているみたいな格好だった。




(!!!)




近づいてみると、髪をアップにした明らかな女性、しかも若い感じで20代前半に見えた




(えっ...?え....?)




心臓が破裂しそうなくらいにばくばくと鼓動し、自分が男風呂と女風呂を間違えて入ったのでは無いかと思った。




(ま...まずい..)



幸いにも、その女性は俺に気付いて居なさそうだった。



恐る恐るその場を離れ、音を立てずに引き戸を開け、外に。



そして大急ぎで身体を吹くと、簡単に浴衣を羽織り、一度廊下に出た。




「あ..」




改めて入口を見て見たら、男風呂の文字。



(やっぱり...)




「ふぅっ..」




と胸を撫で下ろし、再び中へ。



その時点では、俺はさっきの人物は女っぽい男性なんだと思っていた。




ガララ...



再び中へ、するよ、さっきの人物が浴槽から出たところだった。俺と目があう。



「きゃっ...!」



女の声。




「いや...ここ....」




彼女の身体が目に入る。


ちっぱい。




少しピンクっぽい色の乳首、下の毛はすごく薄くて、具が丸見えだった。




「男風呂..ですけど...」


俺は内心、ひどく動揺しばがらも、さっき確認したこともあって、堂々とそう言えた。



「えっっ...?」



「えええっ...?」



「だって、ここ、昨日も...」




彼女は必死で身体を隠そうとし、そう言う。




「ああ..お風呂、入れ替え制なんだよ..きっと..」




俺自身も、がっつりと股間を晒していて、彼女の裸を見て反応しないように心がける。




だが、それは急速に硬さと角度を付けていく。




「へ......」



「いやぁ...!」




その女性は猛ダッシュで風呂場から逃げ去ると、そのままバタバタとしていた。




「ああ....」




昨晩、彼女とはヤったが、それとは違うフレッシュな気持ちに包まれていた。




ちっぱい....、ピンク色の乳首..




朝からいいものを見たと満足を覚え、よいしょっと椅子に座ると、ボディソープを手にとって誰もいない中で息子をしごいた。


2017/6/16 新規掲載
2019/8/22 内容更新
なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止

更新情報をお知らせするtwitterへのフォローはこちらから

<関連記事>



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント