年下(25歳男)と飲んでワンナイトラブ

本文は少し↓をご覧ください。

筆者より

なにとぞ..↓ 1押下頂けると幸いです(別窓開く、ただ今ランク6位→3位→5位)


官能小説ランキング

FC2ブログ

年下(25歳男)と飲んでワンナイトラブ

先週の金曜日、同じ部署で同じ仕事をしているB君と飲みに行くことになった。



彼とは普段から仲がよく、飲みに行くのは3度目。




だから警戒心が緩かったのか、はたまた私が緩かったのか、俗に言うワンナイトラブ、彼とSexしてしまった。




某総武線の駅前にあるバーで飲み始めたのが21時過ぎ。



その店を出て、もう一軒行こう、と言う話になって2軒目。




その店を出た時には互いにすっかり酔っ払っていて、時間も0時過ぎ。




あー、タクシーかな、なんて話あって居たら、話の流れで


「僕の家で飲み直しませんか?」



となった。




「じゃあ、行こう行こう」



と飲んだ後の妙なテンションのまま徒歩10分くらいの彼の家に。




部屋に入ってさあ、座ろう、と思ったら徐に後ろから抱きしめられて身体をまさぐられた。




「ちょっと、ちょっと..」




その時まで、不用意にも全く警戒していなかった私。




アラサーの、3つも歳下の若者に迫られるなんて想像すらしていなかった。




「田上さん......!」




「田上さんっ...!」




彼は私を押し倒し、シャツの前のボタンを開ける。




胸元が肌けられて、おっぱいがしゃぶられた。




「いや......」




「ぁぁ....」




抵抗らしい抵抗もせずに、私はぼおっとして彼のしたいようにさせていた。





だって、前の彼と別れて以来、2年はシテいない。




誰かに求められるのも悪く無かったし、こうやって荒々しくされるのも嫌いじゃ無かった。





「ああ....いい...」





彼はどんどん私の衣類を剥いで行き、すっぽんぽんにすると、自分の服も脱いだ。




「いやぁ....」





彼の股間にあるのは20センチはあろうかと言う太くて黒と紫が入り混じった色のペニス。




「ふぅ....ふぅっ...」


「ぅぅっ.....」





そそり立ったそれが私に迫り、身体を重ねると、後はぐいぐいと押して来た。




「やっ.....いや..」




「ぁ...」




2年間シテいない、なんて彼に言うことも出来ず、ただただ彼のしたいようにさせた。





だから、あんまり前戯が十分じゃ無くて、正直挿入の時はピリリッと痛みが走ったけど我慢。




彼の巨大なモノが収まると、身体がいっぱいいっぱいになって、何だかフワフワと変な感じになった。




「ぁぁ...田上さん...」





彼はキスしながら、ズンズンと私を突いた。




あまり上手じゃ無かったけれど、その激しさと、久しぶりですごく興奮していたと言うこともあって、気を失いそうなくらいに気持ち良い。




「っぁ...田上さんのおっぱい...」




「田上さんのアソコ...」





彼は私のおっぱいに顔を埋め、乳首を吸い続け、舌先で転がし、そして指先摘んでそれを愛でた。




後は正常位の体勢で身体を起こし、私の足を掴んで左右に広げ、恥ずかしい部分を眺めながら感想を言う。




「いや....」





「やだ....やだっ...やだっ..」

私は股間を隠し、必死で抵抗するが、無駄だった。
彼に嫌と言うほどに見られ弄られ、嬲られる。




「はぁぁ.....」




「ぁぁぁぁ.....」





やがて彼が声を大きくあげたかと思うと、




「ぁ...いきそう..」




と手を伸ばし、そしてペニスを引き抜いた。




びゅる...びゅ.......




びゅ.......びゅ...



おへその辺り、私のお腹の上に熱いものが放たれた。




彼はペニスの先をお腹に当て、フニフニと押しやる。




「いやぁ.....」



「っぁぁ....」





私はそんな彼の姿を見ていて、堪らなく愛おしくなり、早速にティッシュで後始末をして、彼を抱き寄せた。





その後、2人裸のままで寝てしまう。




次の日、朝にまたシテ(今度は中に出させた)、別れた。



ただ、月曜日、会社で会った時には互いに何も無かったかのようにした。



そしてそれはその後も同じ。



どうする?って本当は聞きたいんだけど、あれはあれで良かったのかと思って相手から声がかかるまでは何もしないでおこうと思う。


2017/6/27 新規掲載
2019/8/12 内容更新
関連記事

なにとぞ..1押下お願いします(別窓開く)


官能小説ランキング
(C)2019 体験談 :あたたら 無断転載禁止



<カテゴリ一覧>


<最新記事>

コメント

非公開コメント